生き甲斐

僕の知人が、7年の歳月を経て、
やっと、おきなわマラソンを完走できたそうです。

走ったコトの無い僕ではありますが、

彼の、嬉しそうで、
そして、自信に満ちた顔を見ているだけで、

何だか、幸せな気持ちになりました。

ちなみに彼は、60代半ばの男性です。

来年も参加して、
可能なら完走したいとのコト。

いつまでも、走り続けて欲しいと思います。

生き甲斐とは、そう言うモノだからです。

僕が沖縄に移り住んだのは、もう19年も昔のコトです。

そんな移住の当初、僕は那覇市公設市場の並びとなる、
水上店舗の屋上にあった、小さな居酒屋のお手伝いをしていました。

那覇空港近くのアパートに暮していた僕は、
週に数回、自転車で通っていました。

アルバイトではなく、ボランティアです。

やんばるのオバアが店主で、
彼女の自宅は、首里にありましたが、

脚の悪かった彼女は、
店に布団を敷いて寝泊まりしていました。

彼女は、当時80歳、
僕は40歳になったばかりでした。

ある本がキッカケで彼女のコトを知り、
その生き様に共感して、お店の手伝いを始めたのですが、

沖縄も初体験、やんばるは未体験の僕に、
オバアも、お客様も、温かく接して下さいました。

そんな中、お店の常連さんが、
やんばるの海で収穫したモーイを、

お土産と称して、
大量に持ち込んで頂けるコトが度々あって、

モーイの下拵えをする彼女を、
僕は、見よう見まねで手伝いました。

モーイとは、イバラノリの別名で、
細長く腰の強い海藻のため、洗うのに一苦労します。

砂や貝殻の欠片を、
モーイが抱き込んでいるからです。

火にかけると、強い粘りの出る特性があって、
他の具材と一緒に、出汁で炊いて、型で冷やせば、
寒天状の一品を作るコトができ、

これを、沖縄では「モーイ豆腐」と言うのですが、

実際には、大豆は使いませんので、
豆腐ではありません。

沖縄県民でも、若い人には馴染みの無いレシピですが、

僕は移住当初から、この店で賄いとして食べさせてもらい、
何度となく、彼女と一緒に作りもしました。

彼女は、お客様から生のモーイを頂戴していましたが、
僕が最近入手したのは、乾燥したモーイで、

那覇市公設市場などへ行けば、運が良ければ購入できます。

僕の作る純菜食仕様のモーイ豆腐レシピは、
こちらの投稿でご紹介していますので、

今日は、このオバアとの、
心温まるエピソードをお届けしたいと思います。

先に、「やんばるのオバア」と書きましたが、
彼女は関東出身の女性でした。

東京に仕事で出て来た、やんばる出身の男性に、
彼女は一目惚れされ、沖縄に嫁いで来たのです。

いわゆる、ナイチャー嫁です。

僕が沖縄に移住して来た時には、
ご主人は既に他界されていました。

かなり破天荒なご主人だったようで、

そんな彼を慕って、
オバアの居酒屋を訪れるお客様も少なくありませんでした。

僕は、移住し立てで、言葉もママなりませんでしたが、
やんばるの風習や作法も色々と教わり、

彼女をはじめとして、
多くのお客様に可愛がって頂きました。

僕の買って出たお手伝いは、
お店の営業中の雑務は勿論でしたが、
実際には定休日や時間外の仕事の方が多く、

戦後からの歳月の中で、
壊れかけていた店舗の修繕を、主に任されていました。

中でも最も大変だったのは、
保健所の検査に合格するために、

シンク周りを補強し、換気扇の漏電を修理し、
網戸や窓を全部洗い、
床のモルタルの亀裂を繕うなどの作業を、

相当の短期間で工事した時でした。

集中した甲斐あって、検査にパスしたときの、
嬉しそうな彼女の顔は、今でもハッキリ覚えています。

検査合格のお祝いにと、
綺麗になった店舗のカウンターで、

僕はビールを、彼女は梅酒を飲みました。
もちろん、肴はモーイ豆腐です。

そして、僕がバツイチだと知った彼女は、

自分が、あと10歳若かったら、
僕の嫁になってやるのに…と、大真面目に語りました。

しかも、「嫁になってやる」のであって、
「嫁にして欲しい」ではありません(笑)

ですが仮に、彼女が10歳若くても、年の差は30歳です。

どうして、20歳や30歳ではなく、
10歳若かったらなのかと尋ねた僕に、彼女は笑って言いました。

 あと10歳若ければ、誰が見たってお似合いだよ。
 こう見えて、わたしは若いからね。

彼女の精神年齢は、その居酒屋を訪れる同年代の女性より、
確かに相当若かったのは確かでした。

保健所からの営業延長許可の下りた翌年、
猛烈な台風が那覇を襲いました。

僕の住んでいた、那覇空港近くのアパートでも、
かなり大きな被害が出ましたが、

彼女の愛したその店は、そのときの風雨で潰れてしまいました。

お店を失った彼女は、急激に老け込み、
そして、追い打ちをかけるように、病院暮らしが始まり、

その2年後、彼女は他界してしまいました。

彼女にとって、あの壊れかけていた居酒屋は、
生き甲斐、そのモノだったのです。

彼女の生き甲斐を、修繕出来たあの頃の日々を、
僕は誇りに思っています。

そして、僕が他界する時には、
きっと彼女が迎えに来るんだろうなと思っています。

モーイ豆腐で、また一緒に飲むためにです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top