眠りの科学

睡眠は、全ての生命にとって自然なコトであり、
絶対に必要であるにも関わらず、謎も多いモノです。

今世紀に入って、
睡眠に関する基本的事実が研究され始めましたが、

まだ明らかにされていない部分も、多々残されています。

ある調査結果によると、
睡眠時間に関する、男女の差は無いとされています。

60%の人が、6~8時間眠り、
36%の人が、8時間以上を必要とし、

その中で、わずか4パーセントの人は、
6時間以下の睡眠で足りるとしています。

睡眠を、全く取らずにいられる人はいませんし、
意識的に自然な睡眠時間を変えられる人もいません。

また、この調査とは別に、
数千名の被験者を対象とした調査では、

一晩眠った後の57%の人々が、
回復して元気に目覚めた事実が確認されましたが、

逆に言えば、そうでない人も、随分多かったと言うコトです。

その、そうでもない人々の中を、
さらに探って行くと、

いわゆる不眠症で悩む人々が、その中に含まれており、
ここに来て男女の差は、歴然となりました。

少なくとも、一晩中眠れなかった経験のある女性は、
男性の2倍以上を示したのです。

実際、睡眠薬の処方実績でも、
女性の利用者が2倍以上を示しています。

生理学者たちは、人間を含む哺乳動物には、
大きく分けて2つの睡眠があるコトを発見しました。

一つは、急速な眼球運動が伴うレム睡眠であり、
もう一つは、脳波の動きの鈍いノンレム睡眠です。

実際には、この2つの睡眠の中間的な状態が多々あり、

この間に、浅い眠りや深い眠り、
意識のある眠りや、半分だけ意識のある眠りなど、

多様な状態が確認されています。

この中で、レム睡眠は、
夢を見る眠りの段階ですので、
多くの研究の対象となり、一般の人々も関心を寄せました。

人間が睡眠によって休息し、元気を回復するのは、
このレム睡眠から来ると、
最近では結論付けられています。

そして、もちろん、これは3次元科学的なお話しです。

また、別の実験を含んだ調査では、
鳥類、爬虫類、魚類にも、レム睡眠が確認されています。

貴方は、この事実を、どう考えますか?

眠りというプロセスを、多次元で捉えると、
とても判りやすくなります。

僕たちの「魂」は、多次元の存在です。

そのため、この3次元身体(=肉体)と関わり続けるコトは、
そう簡単ではありません。

そんな中、「心」という領域は、「魂」と「肉体」の間にあって、

どちらにも影響される時空にあるため、
さらに複雑な問題を抱えてしまいがちになります。

本来、僕たちの魂は、
3次元世界で成すべきコトがあって、身体を受肉したのですが、

3次元身体は、環境などの柵(しがらみ)に振り回され、
魂からのメッセージに、忠実ではいられません。

そのため魂は、一日に一度、
物理的な身体を離れて、多次元に帰り、
英気を養う必要があります。

それが、睡眠です。

鳥、蛇、魚たちまでもが、
同じような睡眠サイクルを持つという事実は、

彼らも、この3次元の地球で、
3次元の肉体を持つ体験をしながら、
魂を成長させようとする存在であって、

そこには、宇宙規模の意志を感じずにいられません。

そして、そうなって来ると、
不眠症や、睡眠剤で眠りを得るという状態が、

いかに不自然か、理解出来るのではないでしょうか。

眠れない…、そんな時は、生き方を見つめ直すチャンスであり、

その背景にある真の意味を、
多次元的に探る必要が、あるのかもしれませんね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top