諸井夫妻の体験

それは、今から20年以上前のお話しです。

諸井清二さんと言うお名前に、聞き覚えは無いでしょうか?

それは1994年、環太平洋ヨットレースへの参加のため、
ロサンゼルスへの単独航行中に、彼は消息を絶ってしまいました。

家族にも、親戚にも、
その発見は絶望視されましたが、

消息を絶った3ヵ月後に、
通り掛かった韓国の貨物船に、
彼は救助されたのです。

彼は、この時の体験を後に出版され、
「九十二日目の天国」という本で、
その海の旅の全容を、伺い知るコトができます。

彼が消息を絶って3ヵ月を迎えた頃、

彼の奥様から親戚面々に向けて、
一本の電話が入りました。

 あのね、主人は生きてるの。
 6月7日に、帰って来るの。

親戚一同は、彼女が心配のあまり、
おかしくなってしまったのだと思いました。

しかし、後で判ったコトですが、
彼女が電話をしたその前日、

清二氏は韓国の貨物船に発見されていました。

そして、その一か月後、夫婦は韓国で再会したのです。

明らかに奥様は、未来に起こるコトを、
何らかの形で知り得たのです。

その後、報道番組のインタビューにおいて、
奥様は、こんなコメントをされています。

 私たちは、普通の夫婦であって、
 何の特別な力もありません。

 ただ、起こったことは、誰が何と言おうと事実です。

 夢の中で、私が居間に向かうと、
 主人がそこに座っていました。

 私は驚いて、「どうしたの?」って尋ねたら、

 主人が、「俺は元気だ、心配するな。6月7日に帰る。」
 と、言ったのを聞いて、目を覚ましたんです。

 夢の中の内容が、あまりにも鮮明だったので、
 絶対彼は生きていて、無事に帰って来ると確信し、

 だから、喜び勇んで、親戚中に電話したんです。

この不思議な出来事に触発されたテレビ局は、
ある公開実験を行うコトにしました。

ご夫婦を、それぞれ別の部屋に隔離し、
それぞれ、リクライニングシートに横になってもらい、

お二人とも、心の変化をグラフ化できる器具を、
指先や頭部に装着しての実験でした。

ご主人は、彼の部屋で風景映像を見せられ、
その中で突然、ビックリするような映像に切り替わります。

その時に、別の部屋にいる奥様のセンサーは、
どんな反応をするのかと言う実験でした。

ですが、この実験では、
お二人の反応は、予想外に低かったのです。

人類という種が、言葉を使い始めたのは、
せいぜい数千年前のコトです。

それ以前のコミュニケーションは、感情や意識でした。

近くにいるモノへは、感情によって、
遠くにいるモノへは、意識によって、

太古の彼らは、必要な情報を伝達していたのです。

もちろん、今を生きる僕たちにも、
それが出来ないはずは、ありませんよね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top