親と子

レイチェル・ナオミ・リーメン医師の遺した、
素晴らしい記録があります。

彼女は若い頃、若年性の糖尿病を患う、
6人の10代の子供の経過を見守る立場でした。

彼らは、子供でありながらも、
自分で責任を持って食事療法を守り、
インスリン注射も打っていました。

ところが、不安定な青年期に入ると、

彼らは一応に、自分が友達と違うことに耐えられなくなり、
糖尿病が重い足枷(あしかせ)となったのです。

子供たちは、注射を打つことを拒否し、
友人と同じものを食べ、
昏睡状態になったり、ショック状態を起こして、

度々、救急救命室に運ばれるようになりました。

子供たちにとっては、
恐ろしく、苛立たしく、危険なことであり、

両親や小児科スタッフにとっても、
消耗させられる事態となってしまったのです。

リーメン医師は、6組の親子を切り離し、

3人の子供に、別の3人の親を組み合わせた、
2つのグループを作って、

各グループごとに、
週に1回のミーティングを行わせたのです。

この話し合いは、大きな効果を挙げました。

実の親には話せなかった子供が、
自分の望むことや考えを、はっきりと他の親に説明し、

実の子供の言うことを聞いてやれなかった親は、
よその子供の言葉を、
一言一句逃さず聞くことができたのです。

そして、実の親の言うことに耳を貸さなかった子供も、
別の子供の親の言うことには、
素直に耳を傾けられたのです。

はじめて、自分の気持ちを、
判ってもらえたと感じたことで、

親も子供も、安心して泣くことができました。

こうして、他の人が自分を大切に思い、
慰めとなってくいれることに、彼らは気付きました。

年齢に関係無く、親も子供も、
進んで互いを思いやり、

支えになりたいと言い出し、
行動に変化が現れました。

その結果、実の親子が、
新しい遣り方で、互いに話しをし、

相手の話しを聞き始めたのです。

もちろん、救急救命室に運ばれる回数は、
その後、どんどん減って行ったそうです。

他人の親、よその子供という人間関係でさえも、
こうした気遣いや思いやりは、

私たちが思っている以上の変化をもたらすことを、
この事実は教えてくれています。

ところで今年から、ひかりあめのカウンセリングに、
140分コースが新設されました。

Zoomによる施術が、ひかりあめの主流となってから、
この長時間セッションへのご要望が大変多く、
今年から正式メニューといたしました。

また、付属するフラワーエッセンスも、
最もニーズの多かった標準サイズ(6週間分)へと格上げされ、

調合ボトル代も込みの、シンプルな料金設定となりました。

値上げは一切しておりませんので、
どうぞ、ご安心下さい。

フラワーエッセンスを必要とされない場合、
ハーフサイズ(3週間分)のフラワーエッセンスを選ばれた場合、
また、調合ボトルを持ち込まれた場合は、

当然、値引きさせて頂きます。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top