栄養摂取のガイドライン

四大基礎食品グループをご存じだと思います。

現代栄養学を学ぶ者は、
例外なく、この四大基礎食品グループを叩きこまれます。

言い替えるならこれは、
栄養摂取のための標準的ガイドラインであるはずですが、

先進諸国における人口の半数以上が、
食生活が原因となる肥満と格闘している現実は、
何を説明しているのでしょうか。

第一群 肉、魚、魚介類、卵、豆類
第二群 乳製品
第三群 穀類、芋類
第四群 野菜、果物

これは、1956年から、
米国政府が中心となって、普及に努めて来たモノです。

1990年に一旦見直され、
これまでの動物性食品中心の食事から、

穀物、野菜、果物の重要性も、
強調されるガイドラインに変わりました。

ですが、それでも、年々増加の一途を辿る、
肥満の抑制には全く及ばず、

2005年には、エネルギー消費量も考慮された、
新しいガイドラインに変わったのですが、

結果は芳しくありません。

この最新の改訂版では、減量に努め、
ヘルシーな体重を維持するために、

穀物は精白されていないモノを、
塩は小さじ1杯以下に、

飽和脂肪、トランス脂肪、砂糖の摂取は控える、
脂肪の摂取は、魚、木の実、植物油からと記され、

加えて、一日に60~90分の運動が、
必要とも補足されています。

初期のガイドラインから比べると、
かなり改善されているように見えますが、

それでも現状が改善されないのは、
このガイドラインに大きな見落としが、
存在するからではないでしょうか。

肥満を専門に扱う研究者や臨床医が参加して、
ジョンズ・ホプキンズ大学医学部で行われた、
肥満に関する学会において、

学会員である、コーネル大学メディカルセンターの
ジェラルド・スミス博士自らが、こんな声明を残しています。

 我々は、肥満のきっかけを
 どこに見つけたら良いのか、皆目判らない。

 発見できないばかりか、
 我々は全く何も判っていないと言うのが現状だ。

これは、彼らの肥満との戦いにおける、
事実上の敗北宣言にも聴こえます。

長年の間、栄養学の信条とも言えるモノだった、
四大基礎食品グループとは、

これだけ改定を重ねても、
人々を肥満から救うコトは出来ませんでした。

ちなみに、その会議で出されたランチメニューは、
以下の内容だったそうです。

・ローストビーフ
・マッシュポテト
・グレビーソース
・ブロッコリー
・フルーツゼリー
・チョコレートパイ

さぞ、美味しいひと時だったコトでしょうが、
この灯台下暗し的なメニューでは、肥満の抑制とは無関係そうです。

事実上破綻している四大基礎食品グループは忘れて、
ホンモノの健康を目指しましょう。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top