パッフェンバーガー博士の教訓

キング牧師の言葉です。

 飛べぬなら、走りなさい。
 走れぬなら、歩きなさい。
 歩けぬなら、這いなさい。
 とにかく、前へ進み続けるのだ。

年齢を重ねた時、
心臓や骨を、しっかりと守りながら、
健康を維持し、いつまでも太らない薬があります。

それは、身体のためだけでなく、
貴方を強くし、自信をもたらし、

良く眠れ、気分良く、記憶力も良く、
寿命も好きなだけ延ばせる薬です。

その薬の別名、それは動くコトです。

僕たちは、動物です。
文字通り、動かねば機能不全を起こすコトは明白です。

ですが、それなりに激しい運動は、
若い人には良いかもしれないけれど、

50歳以上の人には危険だと、
多くの専門家が信じていました。

それも、さほど昔の話しではありませんでした。

1960年代、疫学者で内科医の、
ラルフ・パッフェンバーガー博士が、

大学卒業生の健康調査という、
相当に大掛かりな研究に取り組みました。

ペンシルヴァニア大学と、
ハーバード大学の卒業生50000人の、
運動習慣を40年間の渡って調べたのです。

その結果、1週間に燃焼するカロリーが多い程、
死亡率が激減するコトを証明したのです。

最終的には、200万人を越える人々を観察したこの研究は、
活動と健康、寿命に対して、
最大級のデータを遺すコトになりました。

1996年に、パッフェンバーガー博士は、
この研究から得た、運動のもたらす、

健康な生活に関する教訓を、
以下のようにまとめました。

 貴方が活動的であれば、長生き出来ることを、
 私のデータは明白にした。
 さらにこの研究は、勇気が湧く知らせを与えてくれる。

 座り切りの生活から、
 活動的なライフスタイルに変えるのに、
 遅すぎることはなく、いつでも、
 その変化から、何等かの恩恵を得られる。

 大学卒業生研究で判ったことは、
 ソファーから全く動かない人でさえも、
 活動的で元気な高齢者になれることを示している。

 そして、私たちの多くが、
 年を重ねて疲れ果てた人生を送る原因となる、
 文明病と呼ばれる病気とは、殆ど無縁でいられるのだ。

 活動的になり、それを保っていれば、
 貴方は長生きするだけでなく、より良く生きられるし、
 見た目も良くなり、自信も持てる。

 元気があり、頭も冴え、
 夜も良く眠れる。

 身体は上手く機能し、より生産的で創造的になり、
 人生を最後の最後まで、しっかり楽しめるのだ。

年を重ねてからの運動が、
良い効果をもたらしたとする研究者は、
パッフェンバーガー博士の他にも大勢います。

それらの研究が、
明白にしたもう一つの対照的なコトは、

身体を動かさないコトが、健康を損ない、
老化を促進させるという事実でした。

運動と縁遠くなればなる程に、生理機能全体が衰弱し、
様々な問題が発生します。

特に心臓血管系は、著しく弱くなり、
便乗して筋肉も骨も弱くなり、

体重は必要以上に増え、
ネガティブにも、なりやすくなるのです。

活動的な人生を、選択したいモノですね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top