信じる思考

思考の働きだけで、病気の経過は変わります。

有名なプラシーボ効果は、まさにそれで、
偽薬効果などとも呼ばれますが、

薬の効果に対する期待が、
実際に症状を軽減させたり、緩和させたりするモノです。

ちなみにプラシーボとは、
ラテン語で「わたしは喜ぶだろう」という意味。

最近の研究によると、
潰瘍の出血に苦しんでいるグループに対して、

潰瘍の治療に効果があって、
広く使われいる薬だと説明され、

与えられた薬を服用した患者は、
その70%以上が好転したのに対し、

全く同じ薬を、それは実験的なモノで、
効き目もはっきりしていないと説明された上で、

それを服用した患者には、
25%しか効き目を見せませんでした。

ちなみに、この実験で双方に与えられた薬は、
無害な色素を着色された糖分錠剤でした。

これまで、プラシーボ効果は、
多かれ少なかれ患者を騙すことによって、

あるいは、患者が自分自身を騙すことによって、
本当の治療に代わるモノとして考えられて来ました。

つまり医師側は、プラシーボの効果は認めてはいましたが、
興味深い心理作用としか、捉えていなかったのです。

しかし、最近では、

プラシーボが身体に自然治癒機能を引き起こすことが、
数多くの実験によって知られています。

将来的に良く考えてみれば、
プラシーボこそ、全てに勝る薬剤なのかもしれません。

言い替えるなら、

プラシーボとは、治療作用が起こるように、
心が自分自身に与える許可とも言えます。

最近では、癌を含む難しい器官疾患の治療に、
プラシーボを検討している研究者たちも、数多くいるようです。

自身の膠原病を克服した、
国際的ジャーナリストのノーマン・カズンズ氏は、
彼の著書の中で、その可能性を社会に喚起しました。

 プラシーボとは、薬というよりは、
 むしろ、プロセスだ。
 患者の内に住む、医者である。

プラシーボは、
神経伝達物質の放出を通じて働きます。

つまり、実際には、

プラシーボ自体が働いているのではなく、
患者の思考がプラシーボを働かせるのです。

先の潰瘍の研究においては、
この薬は間違い無く効く!という患者の信念ゆえに、
出血が止まったのであり、

信念が弱ければ、
それだけ治療効果も弱まるコトを、
間接的ではありますが証明したのです。

プラシーボ効果は、このように絶大で、
ある別の研究では、
吐き気を抑える薬だとしてプラシーボを与えたところ、

その吐き気は止んでしまったのですが、
実際には吐き気をもよおす薬でした。

信念が一定の方向付けをされるとき、
薬効が強められるどころか、

全く反対の薬効すら生じさせることを、
見せつけられたのです。

思考が、治癒的効力を持つには、
ある期間以上、その思いを疑うコトなく抱き続け、
心から信じなけれななりません。

というのは、治癒的思考パターンが、
神経伝達物質が脳の生理に良い影響を与えるからです。

思考パターンや、心の状態が、
これほど重要なのですから、

薬物療法よりも、心理的なリーダーシップの方が、
どれだけ弱者を助けるコトになるのか、

その結果を見る必要は、どうやら無さそうですね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top