小麦物語

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

僕のグルテンフリー生活も、もう3年半です。

小麦は、立派な作物であり、
一面に広がる小麦畑の景色は大好きですが、

僕の身体は小麦との相性が悪く、
大好きだったフランスパンも、
食べられなくなってしまいました。

小麦を食べられない辛さより、
乾癬から解放された喜びが大きいですので、
これはこれで良いのでしょう。

そんな、毎日の食から小麦を排除する食養生が、
グルテンフリー生活なのですが、

このグルテンフリーという考え方が、
一部とは言え、世界に広まった点について、
僕たちは知る必要があるかもしれません。

「小麦は食べるな!」の著者、ウィリアムス・ディビス氏は、
現役の医師であり、日々、患者と接する中で、
小麦が現代人の様々な生活習慣病因なのではと疑います。

その後、2000人もの患者に、
小麦抜きの食生活を実践してもらったところ、

高血圧、肥満、糖尿病、心臓疾患、内臓疾患、
脳疾患、喘息など、現代人の殆どの生活習慣病に、
顕著な効果がみられたというのです。

小麦は、メジャーな穀物でありながら、
この何世紀にもわたって、
その安全性を科学的に検証されたことはありませんでした。

あまりにもメジャー過ぎるため、
食糧産業の世界に及ぼす影響力の大きさから、
調査は意識的に避けられて来たようです。

小麦に限らず、穀物を精製すれば、
本来の滋養分が削り取られ、その価値を失います。

麦であれば、精製して真っ白になったものより、
全粒粉と呼ばれる精製されていない麦こそ、
価値のある食べ物であると信じられています。

あえて全粒粉を問題視するなら、
残留農薬は別として、

モンサント社の遺伝子組み換えが行われた場合、
その危険性は計り知れませんが、

遺伝子組み換え大国のアメリカでさえ、
小麦に関しては遺伝子組み換えを禁じています。

つまり、そうしたレベルではない問題が、
小麦には隠されているのです。

遺伝子組み換えが原因ではないとしたら、
ウィリアムス・ディビス氏が、
小麦を食べるな!と主張する根拠は何なのでしょう?

それは小麦が、自然交配等によって、
本来のものとは全く、
別種になってしまったからなのです。

小麦は、古代の原型であるヒトツブコムギが、
交配によってフタツブコムギになったときに、

本来の染色体数が、倍の28本になりました。

文献によれば、古代エジプトで、
フタツブコムギは盛んに栽培されたようです。

その後も品種操作は繰り返されられ、
今では小麦の品種は数千に及び、
品種がさらに変わって染色体数も更に増え、

原型のヒトツブコムギと見かけは似ていても、
中味は全く別の穀物になってしまったのです。

つまり、モンサント社のような、
ケミカルな遺伝子組み換えをしていないくても、

現代の小麦と古代の小麦は、
遺伝子レベルで別種になったのです。

しかし、このような交配を繰り返された後も、
小麦に対する動物実験や人体への安全確認なども、
一切試験されたことはありません。

小麦と小麦を掛け合わせた小麦なのだから、
身体に悪いはずがないだろうという論旨です。

また、ヒトツブコムギやフタツブコムギなどの古代小麦と、
現代の小麦で作ったパンは、
味も香りも異なるそうです。

古代小麦で作ったパンは、
ピーナッツバターのような香りがして、
出来上がったパンの膨らみは小さく、

ずっしりと重く、木の実のような味がして渋味が残り、

食後の血糖値の上昇具合は、
他の炭水化物と遜色ありません。

ところが、現代の小麦で作ったパンは、
血糖値を急激に上昇させます。

小麦粉は、水でコネるとベタベタしますよね。

手の中で、コネ続けたものを、
流水で洗い流すと、透明な糊のようなモノが残るのですが、

これが、問題となるグルテンであり、
小麦料理独特の粘り気をもたらすタンパク質です。

このグルテンが腸壁や血管壁に張り付いて、
血液による栄養の循環を妨げるので、

各種の生活習慣病因になっているはずだというのが、
ウィリアムス・ディビス氏の結論です。

実際、アレルギーという反応は、
それが超微量であっても、
特定タンパクに過剰反応する身体の恒常機能です。

小麦アレルギーという症状が存在する以上、
この穀物に何等かの問題があることは、
疑いようは無いでしょう。

ちなみに僕は、グルテンフリー生活を始める前に、
ローフードで過ごす期間も経験しましたが、

身体反応としては、大きな変化はありませんでした。

元々、漬物などでローフードの多い食生活でしたので、
大きな変化が無かったのは、当たり前だったのかもしれません。

ですが、グルテンフリーは違いました。
開始後、僅か3日で結果が出たのです。

それまでの食養生で殆ど快癒していた頭皮乾癬が、
すっかり消えてしまったのです。

トドメの一撃!だったんでしょね。

頭皮という場所は、
最も栄養を届けることが困難な部位で、
血中毒素が皮膚に表出する状態が乾癬などの皮膚病ですから、

グルテンフリーの実践によって、
最後の毒素が身体から消えたことを、
この生活によって体験できたのです。

このグルテンフリー生活には、実際にはレベルがあって、
僕の場合は最も難易度の低いポジションであり、

小麦を含む液体食材や調味料については、
僕は全く制限していません。

醤油や味噌に含まれる小麦に対して、
反応を引き起こすレベルではなかっただけでも、
僕はラッキーだったということです。

ちなみに、このの著作の中に、
面白い体験談がありました。

ゴードン氏は、パン屋を営む男性でしたが、
ぽっこりと膨れた腹に、高血圧、
糖尿病予備軍の諸症状に加え、

ついには抜け毛までが顕著になりました。

抜け毛の無かった頃は、
小麦抜きの生活に抵抗していましたが、

薄毛が酷くなって自信を無くし、
抗鬱剤まで処方されるようになったため、

自分の店にパンやケーキを並べながら、
自身は一切食べることを止めました。

すると3週間程で、禿げた頭部が発毛をはじめ、
続く2か月で、どんどん髪が伸び、

体重も5.5キロ減り、腹部も5センチ減り、
血糖値も正常になったのです。

この結果にゴードン氏は、
複雑な表情で答えたそうです。

グルテンフリーは面倒臭いけれど、
かつらを被るよりマシだ。

Scroll to top