アレルギー体質を克服する

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

ここ最近、ひかりあめへのご相談で、

アレルギー体質の克服が
テーマとなることが多くなっています。

まず、アレルギー体質とは、
自分にとっての毒素に対する
過敏反応であることを理解しましょう。

毒と言えば、アレルギー体質の人だろうが、
そうでなかろうが、
毒は毒として身体に害を及ぼしそうなものですが、

例えば、ナス科の野菜の種には、
ある種の猛毒が含まれています。

ナスの他には、唐辛子やピーマンが同じナス科です。

ですが超微量のため、
通常は何の反応もせずに済みます。

しかしアレルギー体質の人は、
これを敏感に察知する場合があるのです。

ですから体質と言うより、ある種の超能力とも言えるのです。

また、その毒の種類は、
口から入るモノだけとは限りません。

呼吸として侵入するモノもあれば、
皮膚への接触を通じて侵入するモノもあります。

こうしたことを踏まえて、
僕は以前より、水シャワーの励行をお勧めしています。

新刊の「幸せな歳巡り」にも、
書かせて頂いていますよね。

この水シャワーを活用する上での、
さらなる情報を、今日はお伝えしたいと思います。

 アレルギー治療のために、
 ステロイド等の危険な薬物を使用せずとも、
 アレルギー体質を緩和させる方法があります。
 それが、水シャワーの励行です。

 入浴の最後に、全身に冷水を浴びるだけです。
 混合水栓を使って徐々に温度を下げれば、
 身体への負担も少なく、簡単に実践できます。

※ひかりあめ・ハーモニック・ナチュロパシィより転載

確かに、その通りなのですが、
ココをさらに分解して、丁寧にお伝えしますね。

まず、入浴と言えば、シャンプーや石鹸を連想します。
そして、風呂場と言えば、頑固なカビを連想します。

水シャワーの利用云々を語る前に、
この2点についても、説明する必要があるのです。

シャンプーや石鹸で僕たちは、
余分な皮脂を取ってスッキリしたいと思うものです。

しかし、石油系シャンプーの毒素は、
皮脂を取るだけに留まらず、
皮膚から深く入り込む、想像を絶する力を有します。

その正体が、合成界面活性剤ですが、
この単語をご存じの方も多いでしょう。

合成界面活性剤の含まれていない、
ナチュラル系の良質なシャンプーや石鹸であれば、
そうした経皮毒の心配は不要ですが、

それでも、毎日シャンプーや石鹸を使ってしまうと、
身体にとって必要な脂分まで失ってしまい、

特にかつての僕のような、
乾癬症をお持ちの方には大きな問題となります。

そこで、毎度お勧めしている水シャワーとは別に、
ぬるま湯による洗顔、洗髪、
そして、ボディ洗いをお勧めしたいのです。

ここで言うぬるま湯は、体温よりやや低めの33~34度です。

もちろん、温度計で計測する必要はなく、
触った感じで、熱くもなく冷たくもない温度が、
その近辺の温度です。

そのぬるま湯の水流で、
皮脂や汚れを、しっかり洗い流すことができます。

ですから、アレルギーのお悩みをお持ちの方は、
シャンプーや石鹸を使うのは、
せいぜい、週に一二度で十分でしょう。

そして、二つ目の風呂場の頑固なカビの問題ですが、

漂白剤やカビ取り剤の激臭が、
アレルギー体質の方にとっては、大気毒となります。

どうしても、漂白剤を使わねばならない場合は、
量販されている塩素系ではなく、
酸素系の漂白剤を使うのが良いでしょう。

それでも、やはり敏感な人には辛い場合がありますので、

重曹や酢を希釈したスプレーを使って、
風呂場の環境を優しくしてあげる必要があります。

重曹の活用術は、インターネット上に山ほどありますので、
色々と参考にして、ベストな方法を探してみて下さい。

これらの2点を踏まえた上で、
風呂上り時の水シャワーを励行して参ります。

僕の場合、3段階前後に分けて、
常温までシャワーの温度を下げます。

一段下げては、全身にしっかり浴びるコトを繰り返し、
常温まで温度を下げます。

こうして、最終的に常温の冷たいシャワーになりますが、
不思議と身体は、シャワーの後もポカポカです。

僕はその後、浴室内の壁の水滴をバスタオルで拭き取るため、
しばらく裸のままで、風呂場内に居続けますが、

寒く感じることは無い上に、
風呂場のカビ防止にも繋がるので、一石二鳥です。

アレルギー体質を、病院で治療しようものなら、
終わりの無い薬漬けの生活を余儀なくされますが、

こうした自然療法を活用すれば、
比較的短期間で、諸症状から決別できるはずです。

そうです。

新刊の中でお伝えしている、
十三週間の奇蹟を起こしちゃいましょう。

こうした生活に、程良く純菜食の食養生が加われば、
アレルギー体質など恐るるに足りません。

Scroll to top