冬瓜、モリモリ!

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

久しぶりに、純菜食レシピをご紹介しますね。

その旬は夏でありながら、
独特の固い表皮に守られ、

冬まで保存の効くコトから付いた名前が冬瓜。

ここ沖縄では、シブイと呼ばれています。

お財布にも優しい野菜ですので、
積極的に使いたい素材です。

皮を剥いてワタを取り、
一口大に切った冬瓜を柔らかく煮れば、
色々なスープに馴染むのですが、

動物性の出汁を使えない純菜食者にとっては、
その淡泊な味の背景にある瓜臭さが、
鼻についてしまう場合があります。

また、わが家のような小家族では、
冬瓜を食べる場合の消費速度も重要で、

一旦、包丁を入れた冬瓜の足は速いですから、
美味しく、かつ消費量の多いレシピが不可欠となります。

もちろん、漬物にすれば日持ちするのですが、
瓜の個性がいっそう際立つため、

苦手な人もいるかもしれません。

そんな冬瓜を、モリモリ食べるレシピとして、
かつて考案したのがカレーでしたが、

冬瓜だけを使って美味しく食べるのであれば、
ピーラー一本で作れるこのレシピを、断然お勧めします。

先日、お客様から頂戴した冬瓜は、
胴回りの直径が20センチ、
長さが25センチ大のものでしたが、

これを家族2人で、2回の食事で完食しました。

皮を剥いてワタを取るまでは、
一般的な冬瓜レシピと同じですが、

ここから、ひたすらピーラーを使って、
可食部を削いで行きます。

(かんな)をかける大工さんのように、
ひたすら冬瓜を削ぎ続けます。

ちなみに、僕の愛用のピーラーはこちらです。

ピーラーの刃は研磨できませんので、
良く切れる安価な製品がイイですよね。

以前は、貝印の製品や、
無印良品製を使用していましたが、
コストパフォーマンスでは、断然このリッターの、
スチール刃の商品がおススメです。

嘘のように軽く、切れ味も快適で、
ジャガイモの芽取りも簡単にできます。

冬瓜の準備が終われば、
調理自体は、とっても簡単です。

①大きめのフライパンには油を引かず、
削いだ冬瓜を全部入れ、中火で加熱します。

②30秒に一度くらいの間隔で、
フライパンの冬瓜を天地返しします。
これを5~6回程繰り返すと、冬瓜の水分が出て来ます。

③ザルなどを使って、冬瓜の水分を切ります。
この水分が瓜臭の正体です。

④冬瓜をフライパンに戻し、強火で炒めます。
油を引く必要はありません。

⑤冬瓜がしんなりしたら、醤油と味醂で調味します。
味醂が多いと寿司ネタの干瓢のようになりますので、
お好みで割り合いを調整して下さい。

⑥たっぷりの白ごまを擂り、全体にまぶして出来上がりです。

写真のレシピでは、
醤油の代わりにニンニクを漬け込んだ醤油を使い、
白ごまを和えたあとに、
ホールの花椒を砕いて全体に一振りし、

(いろどり)に生のピーマンの千切りを添えて、
中華っぽく仕上げてみました。

食欲の秋に相応しい、モリモリ食べられる冬瓜レシピです。
ぜひ、お試しください。

Scroll to top