お腹の虫の正体/後編

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

一昨日の投稿で予告した、
お腹の虫の鳴いた後に起こる、さらなるドラマをご紹介します。

イラストのシロクマくんは冬眠中ですが、
そのさらなるドラマを一言で説明するなら、
まさにこの状態なのです。

延命遺伝子が活躍する状態になっても、
なお空腹の状態が続くと、

身体は栄養を求めて、
何と!内臓脂肪を分解し始めるのです。

これは、特筆すべき恩恵と言って良いでしょう。

一般的に、どんなにハードな運動をしても、
内臓脂肪は燃焼することはありません。

実際、運動で燃焼するものは、
筋肉内のグリコーゲンという糖で、
運動後の低血糖で食欲が増すのはそのためです。

ですから、減食せずに運動をすると、
かえって食べてしまうことになり、

内臓脂肪の増え続ける悪循環にもなりかねません。

それでは、なぜ減食しただけで、
そのようなコトが起こるのでしょうか。

減食によって空腹が必要以上に続くと、
身体は非常事態?と認識し、

その状態を哺乳動物の冬眠モードと勘違いをし、
内臓脂肪の分解を始めるのです。

実は、哺乳類のメスには、内臓脂肪はつきません。

それは、妊娠によって、
体温の高い赤ちゃんを胎内に宿すことで、
自身の体温調整が可能だからです。

オスには、そのシステムがありませんので、
内臓脂肪を溜め込んで、寒さに耐えようとします。

人間の男性が、若いうちから、
メタボになりやすいのは、そのためです。

また、閉経後のメスは、その保温機能を使えなくなるため、
内臓脂肪を溜め込みはじめます。

ですから、食事によって蓄積された内臓脂肪は、
こうした流れで分解することしか、できなくなるのです。

さて、冬眠モードと勘違いした身体からは、
脂肪細胞からアディポネクチンというホルモンが分泌されます。

通常、脂肪を燃焼させると、燃焼によって発生したススが、
血管の内皮細胞を傷付けるため、
そのままでは動脈硬化を引き起こしますが、

アディポネクチンが活性化すると、
体中の血管を掃除してくれることが判っています。

さらに空腹は、血中のコレステロールを減少させます。

もともとコレステロールとは、性ホルモンの原料で、
アンドロゲンという男性ホルモンの量を増やします。

アンドロゲン自体は、ストレスを感じると分泌されるので、
血中のコレステロールが減れば、
ストレスがかかってもアンドロゲンを作り難くなります。

日頃から空腹を感じていないと、
アンドロゲンが出放題になるため、

それは、皮脂を増やす働きもあるため、
ニキビ、ワギガ、フケ、脱毛などの原因となるのです。

このようにに、空腹を感じれば成長ホルモンが出て、
色々な問題を解決してくれるワケです。

減食によって若返るという仕組みは、
太古から継承された、身体の知恵だったんですね。

高いお金を払って、プラセンタを注射するより、
こうした空腹健康法の方が、相当エコだと僕は思います。

ちなみに、成長ホルモンは、
種を存続させる力も備えていますので、
不妊に悩む方にも恩恵があり、

また、脳を活性化させる力も伴うため、
認知症の改善例も沢山あるようです。

世界は、特に先進国は飽食になったことで、
色々な問題を自分から作ってしまったんですね。

ちなみに、こうした減食による健康法は、
長期療養中や妊娠中などの方には危険です。

自己流ではじめずに、
必ず僕のような専門家に相談して下さいね。

一昨日、そして昨日の2日間、
今回の台風24号の遺した後始末をするために、

傾斜角30度のわが家の庭を、
何度も上り下りする必要があったのですが、

減食とは無縁の数年前の体型だったら、
当時は標準体重を維持していましたが、
きっと身体を壊していたでしょう。

減食によって得られた身軽さと、
ウォーキングによって得られた姿勢バランスの良さが、
こんなカタチで、自分自身を助けるのだなと痛感した2日間でした。

セルフケアは、自分のためであり、
そして、家族のためであり、

ひいては、社会のためでもあるんですね。

Scroll to top