2順目の土星回帰

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

本日、メルマガの最終号を発刊いたしました。
12年間に渡るご愛読、本当に有難うございました。

さて、わたくしごとですが、
明後日、僕は59歳になります。

29.5年周期で太陽を公転する土星ですので、
自身の誕生日に土星回帰を迎えるのは、
人間の場合、2順目の59歳と、4順目の118歳の2回です。

1順目の29.5歳当時の僕は、
占星術とは出会っておらず、

また、間近に迫った福島への職場移転に向け、
多忙な日々を送っていましたので、
その時期の心象風景の記憶はありません。

また、118歳まで生きる人は、そう多くないでしょうから、
ある意味では、59歳のこの時が、
唯一のチャンスと言えそうです。

何のチャンスか…といえば、それは、
土星期に相応しい自分であるかを確認する好機なのです。

ですが、10ハウスの起点に山羊座の土星が重なる僕の場合、
その好機は、ある意味では一大事でした。

占星術、とりわけ古典解釈の占星術における、
僕の出生の土星と向き合おうと思うと、

因縁的とも言える大きな課題の扉を開ける必要があり、
この1ヶ月間、ブログ更新さえできなかったのは、
簡単に言えば、余力が無かったのです。

特に古典では、4ハウスの起点の対極に、
誤差ゼロで土星があることも意味しているため、

地球における数百回の過去世とも、
向き合わねばなりませんでした。

心身的にも相当負担が掛かったようで、
人生3回目の胃痙攣も経験してしまいました。

にも関わらず、まだ何も解決しておらず、
そればかりか、その課題の大きさも深さも、
思っていたよりずっと大きく、そして深いと知り、

開いてしまった課題の扉を、後悔したほどです。

ですが、このタイミングでしか、
清算できないケジメもありますので、

そうした課題と気長に付き合いつつ、
土星期に相応しく生きようと決意した次第です。

こうして、久しぶりに、
ブログ記事をタイプしていると、

この一ヶ月間に知り得た様々な情報が、
僕からアウトプットされるのを待っている感覚もあり、

あやふやではあるものの、
邁進あるのみなのだと感じます。

僕にとって邁進は十八番のはずですが、
この決心には時間を要し、
生身の人間なのだなとも痛感しました。

さて、今回、

週刊メルマガを閉刊するにあたって、
お知らせした内容ではありますが、

過去12年分のメルマガ記事を、
今の僕に相応しい新たな意味づけを行いつつ、

新しい記事として、こちらのブログへの投稿を、
10月より本格化させて頂きます。

また、8月から始めさせた頂いた、
LINE@のアカウント関係の制限から、

月例ウェビナーは第3日曜夜開講の、
ハッピィ・エイジングに一本化し、

その中で折に触れ、フラワーレメディの臨床情報や、
講座では得られないディープな話題もお話しさせて頂くことにしました。

皆さんと、末永く繋がって行くためにも、
力を抜きつつ、最前を尽くせる僕であろうと思います。

Scroll to top