愛と不安【第3話】

愛の陰化した不安を語る上で、
もうひとつ外せないことがあります。

それは苦手意識や、
自信の無さに通ずる陰化した愛についてです。

平均的な日本人は、
500回前後の転生をしているそうですが、

僕たちはその500回を通じ、
いつも同じ問題で苦しんで来ました。

それは、カルマと呼ばれる類のものです。

これを避けて生きると、
次の生でも、同じ悩みにつきあたります。

DNAの配列や、水の結晶の形に見られるように、
神様の計画は完璧ですから、

この魂の学びを避けることは、絶対にできません。

そうであるのなら、この問題を現世で決着をつけ、
魂の格を上げてしまうべきではないでしょうか。

これをクリアするためには、
問題が愛の陰化したものである以上、
昨日ご紹介した感謝のツールが、ここでも必須となります。

しかし、感謝をもって、
試練を受け入れることはたやすくありません。

でも、試練そのものではない、
日々の暮らしや、携わる仕事についてなら、
その細部に至るまで、感謝を届けることはできるはずです。

もちろん、問題となる試練に対しては、
当面の間、真摯に向き合わねばなりませんが、

その周囲を取り囲む生活のすべてが感謝で満たされれば、
やがて試練にも感謝が届きます。

そして最終的に、
試練に対して本気で感謝できるようになれば、

その試練を理解したというサインが神様に届き、
カルマは存在の意義を失うのです。

このようにして感謝のツールは、

僕たちの魂の試練でもあるカルマをも、
消し去ることができるのです。

それでは、陰化した愛を陽化させるための、
フラワーレメディを使った、
具体的なプランをご紹介しましょう。

→明日に続く

Scroll to top