月例無料ウェビナー/9月開講分のテーマ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。


※煮沸法直前のエルム © Healing Herbs Ltd.

9月開催分の月例ウェビナーについて、
ご案内させて頂きますね。

今回から、ウェビナーのURL告知が、
LINE@のタイムライン限定となります。

メルマガとFacebookページには告知されません。

毎月の月末日正午にタイムラインを更新し、
ご案内の一斉配信を、その12分後に行います。

ですから、明日の正午にタイムラインがアップされ、
その12分後にメッセージをお届けするスケジュールです。

そして、ウェビナーへのお申込みについても、
LINE@の1:1トークから受け付けさせて頂きますので、
そちらへのご登録をお勧めいたします。

現在、LINE@の認証済みアカウント申請をしているのですが、
現段階では一般アカウントのため、
タイムラインをチェックするには、
LINE@へのご登録が必要となります。

もし、認証済みアカウントになれば、
タイムラインがインターネット上に公開されますので、
そうなれば、どなたからでも閲覧可能となる予定です。

ホームセラピー研究会月例ウェビナー

まずご紹介するのは、毎月第2日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナーです。

今月は、9月9日の開催となります。

今回のテーマは、
「煮沸法の神秘」です。

フラワーレメディの製薬法のひとつ、
煮沸法に関して掘り下げたお話しをさせて頂きます。

このレメディ製薬法は、バッチフラワー特有の製法であり、

なぜ煮沸なのか、
なぜ花に枝も加えるのか、
なぜ晴れた日なのか、などなど、

様々な謎に包まれています。

エドワード・バッチ自身が、
それに対する答えを遺していないため、
その神秘性は深まるばかりなのですが、

たった半年で19レメディを製薬した1935年に、
いったい何があったのでしょうか。

今回は、そんな憶測もしながら、
彼のレメディへの想いを探ってみたいと考えます。

ハッピィ・エイジング

そして、その翌週となる第3日曜、
20時20分開講(40分間)のウェビナー。

今月は、9月16日の開催となります。

今回のテーマは、
「自分を主語にする生き方」です。

人生とは、どれだけ何かを創造したかという旅ですが、
そうした創造につきものなのが、「言動」です。

何を言ったのか、そして、何をした(行動)のか。

実際、何か言う(宣言)ことだけでも、
行動に関わるエネルギーを発していますので、

その言い方ひとつで、行動も変わるのではないでしょうか。

自分から発する言葉の文脈に意識を向けて、
充実した歳巡りを楽しみたいものですね。

それでは、当日お会いしましょう。

Scroll to top