純菜食仕様の簡単キムチ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

僕は昔から、キムチが好きではありませんでした。

味がどうのこうのではなく、
冷蔵庫で保管している間に、
他の食材までキムチ臭にしてしまうからです。

純菜食者になってからは、
その仕込みに魚介の塩辛を使うという理由から、
キムチから縁遠くなっていたのですが、

唐辛子の持つ抗酸化作用や、カプサイシンの効能に魅かれ、

かつてご紹介したオリジナルの白菜漬に、
韓国料理用の粉唐辛子を加えて、

菜食仕様のキムチを作ってみたくなりました。

白菜漬けの塩分量については、
散々試行錯誤した結果、2.1%という結果が出ています。

残る課題は、魚介の塩辛を加えることなく、
そして、冷蔵庫を異臭で充満させることのない、

純菜食と発酵食の良さを、
最大限に活かしたキムチに仕上げることでした。

ちなみに、本場のキムチに魚介の塩辛を使うのは、
旨味成分を加える目的ですので、

①漬け込む際に一緒に仕込む、刻み昆布の量を多めにしたり、

②キノコ類を酒と酢、醤油で煮て、粗熱をとったものを加えてみたり、

③アガベシロップを少し加えてみたり、

…など、様々な実験をしました。

特に、②の効果は絶大でした。
どんなキノコでもこの手法は使えますが、
マイタケは難しかったです。

また、異臭の成分を探るために、
ニンニクと生姜のバランスも、何種類か試してみました。

そして、色々とやってみた結果、
無理なく、簡単に続けられる、純菜食キムチに、
やっと辿り着くことができたのですが、

それは、とてもシンプルなモノでした。

最終的に、魚介の塩辛の代用となる旨味成分は、
キムチだからと言って特に何もせず、
かつてご紹介した白菜漬けと同じ要領で仕込み、

最後に、生姜の千切りをたっぷり加え、
好みの量の粉唐辛子を加えて、

10日ほど発酵させただけの簡単キムチが、
僕は一番美味しく感じました。

そして、ニンニクは使いませんでした。

冷蔵庫内の異臭の張本人は、
ニンニクの発酵臭だったからです。

ニンニクの無いキムチなんて、
キムチ好きには理解できないかもしれませんが、

想像以上に美味しいキムチです。

キムチといえば、縦半分に割った白菜を陰干しして、
白菜の葉は切らずに仕込んで、

食べる直前に一口大に切り揃えたり、
葉を切らずに、キムチで焼肉などを包んで食べたりしますよね。

僕の簡単キムチは、白菜の陰干しもせず、
最初から一口大に切って仕込みます。

注意するのは、塩分量(2.1%)だけです。

出来上がった、このキムチだけを食べると、
旨味成分が少ないために、キムチらしさを感じませんが、

このキムチに納豆を混ぜ込み、
レタスなどで、包んで食べてみると、
かなり理想的な味になってくれます。

また、ファットバーニング・レシピにしたいので、
納豆には、醤油と太白胡麻油を混ぜています。

その甲斐あって、納豆の旨味と、
胡麻油のコクが風味を底上げしてくれ、

品が良くて、味に深みがあり、それでいてパンチもしっかりある、
理想的な純菜食仕様のキムチを楽しめるようになりました。

もちろん、冷蔵庫内に異臭はありません。

どうしても、ニンニクが欲しいのであれば、
食べる直前の足すことも出来ますが、

そうまでして、ニンニクを欲しない僕なのでした。

Scroll to top