ホロスコープとフラワーレメディ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

2週間も、こちらのブログを休んでおりました。

この2週間は、僕にとっては大挑戦の毎日で、
治っていた胃潰瘍が、また、
ぶり返したのではないかと心配になるくらい、
胃の痛い日々を送っていました。

簡単に言えば、新しい自分を開発するための、
自分らしくない自分と向き合っていたのですが、

昨日、その挑戦に白旗をあげ、
僕らしい僕に帰って来たところです(笑)

ですが、その十数日の挑戦の中で、
新しい技術とも出会い、
これは今後の仕事に活かせると確信しています。

人生には無駄は、無いですからね。

さて、こちらの本をご存じでしょうか。

僕は、10年前に読了しており、
本自体も数年前にはリサイクルに出しています。

当時の僕は、インド占星術に興味をもっていたので、
何かの参考になるかと読み始めたのですが、

どこか強引な展開が苦しくなり、
太陽星座や月星座とフラワーレメディを
関連付けることは諦めました。

エドワード・バッチも、
トゥエルブ・ヒーラーズを完成させたおり、

黄道十二宮と自身の12のレメディを
関連付けようとした事実がありますが、
結論には至らなかったようです。

ですが、です。

数年前に古典占星術と出会い、
昨年には、ホロスコープサークルの調和点を知り、

そんな視点でチャートを俯瞰してみると、
フラワーレメディと結び付かないどころか、

がっちり関連付けられることが判りました。

実は、今回の大挑戦の期間中、
普段は殆ど飲まないウォルナットを選び、
その効果に感動したのです。

ウォルナット(↑)を選んでみたのは、
僕のチャートの6ハウスからのヒントでした。

僕の6ハウスには、
乙女座の金星と月と冥王星が重なって
ステリアムになっており、

6ハウスの意味する「現実と時空」との関わりが、
普通の人間の数倍の強さになっています。

僕の初著を読まれた方なら、
自身のパニック障害の自己治療の経験から、
この仕事に辿り着いたことを、ご存じと思いますが、

そのときに助けられたロックローズは、
まさに6ハウスの超感覚の麻痺を癒すレメディでした。

つまり僕は、理科系の人間でありながら、
5感や直感が、繊細かつ高精度な、
右脳も左脳も優位になりやすい、少々面倒な人間なのです。

だからこそ、オステオパシィのような、
微細なエネルギー治療に向いているのでしょうが、

この超感覚を必要に応じて保護しないと、
身が持たないかもしれないぞと、
今回の大きな挑戦を前に、危機感を感じたのです。

そこで、その偉大なる保護力を期待して、
ウォルナットを飲み始めてみると、

普段は気になる、雑音や香りから意識が解放され、
作業に集中できている僕がいました。

まさに、素晴らしい!の一言でした。

奇蹟の渦の中にいながら、
方向感覚が鈍化していない感じ…かな。

太陽星座や月星座からも、
多くのヒントは(特に後者でしょう)得られるでしょうが、

今回の僕のように、
自分のチャートの強いハウスに着目して、

そのハウスの意味を、
古典占星術や調和点を参考に解読すると、

新しい治療のヒントが、
見つかる可能性大のようですよ。

そんな意味でも、すでに当所で、
古典ベースのホロスコープ療法を受診された方は、

別途、カウンセリングを利用され、
そのフラワーレメディへの活用/応用法を、

模索してみてはいかがでしょうか。

Scroll to top