水の結晶

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

先日、ある方とのセッションの中で、
フラワーレメディの水の結晶の話題になりました。

2008年に発売になった、
故江本勝氏製作の「水の結晶カード」で、
その素晴らしい写真を観ることができます。

こちら(↑)の製品が、それです。

彼の事業を後継された方に尋ねたのですが、
このカードは既に絶版となっており、
再販予定もないそうです。

幸運にもお持ちの方は、ぜひ大切にされて下さい。

ひかりあめでは、
セッションなどでレメディの説明をする際に、
このカードを補完的に使うことがあります。

当然カードですので、
各カードには番号がマーキングされています。

「1」のアグリモニーから始まり、
アルファベット順にカウントアップされ、
最後の「38」はウィローです。

フラワーレメディと
十数年関わっている僕なのですが、
38種のフラワーレメディは、
エドワード・バッチの発見順に記憶しており、

ネルソン社や国際教育プログラムなどで多用される、
このアルファベット順配列とは疎遠でした。

ですから、こちらのカードを使うコトはあっても、
カード番号は見ておらず、

結晶写真の美しさを、
クライアントさんと共有するに留まっていました。

今回、そのカードを、
久しぶりに丁寧に眺めるチャンスがあり、

カード番号を意識してみたのです。


No.2 ASPEN


No.13 GORSE


No.26 ROCK ROSE

まず、上の3レメディは、拙著でもご紹介した、
僕がフラワーレメディと出逢うきっかけとなったモノです。

パニック障害を2週間で克服したレメディ群でした。


No.18 IMPATIENS

そして、続くこちらは、僕のタイプレメディです。
最近では、滅多に利用しませんが、
長いコトお世話になったレメディです。


No.30 SWEET CHESTNUT

そして、最後のこちらは、
KIN20の僕を癒し、強制リセットさせるための、
決め手となるレメディのようです。

常用するレメディではありませんが、
何度も助けられました。

30日生まれの僕が、
30番のレメディと縁深いのも、
偶然ではないでしょう。

こんな風に、

自身と関わりが深かったり、
人生の軌道修正を助けるレメディたちの、

その結晶の美しさを堪能したり、
番号の意味する数霊を味わってみるのも、

今の僕のように、
大きな変化の渦中にいる人間には、
大切なコトのような気がしてなりません。

ちなみに、こちらの本では、
1から181までの数霊の説明に加えて、
その数を象徴するシンボルも掲載されており、

数の奥深さを楽しみたい方には、
お勧めの一冊です。

バッチフラワーの結晶 from 齋藤 暢弘 on Vimeo.