花療法とその背景【第6話】

肉体に宿った魂は、
物理的な世界で活躍するための場を与えられます。

魂だけの存在であれば、
時空の束縛を一切受けることなく、自由を謳歌できますが、

意識として考えることしかできず、
何も体験できません。

ですから、地球上に転生した魂たちは、
現実の世界に生きた証を刻もうとし、

それが成功すると、達成感に包まれ、
幸せな気持ちになります。

しかし、肉体を持ってしまった以上、
それを維持する必要も生じ、
本能との葛藤も余儀なくされます。

その葛藤が感情です。

もちろん、それらが好転していれば、
葛藤はありません。

魂も心も、そして身体も、
幸福な波動に包まれますが、

多くの場合、空回りしていたり、
悪循環さえすることもあるため、

ネガティブな感情を、頻繁に携えてしまいます。

エドワード・バッチの、
フラワーレメディにとっての最後の課題は、
この負の感情を癒すことでした。

彼が、この療法の開発段階の終盤のたった半年で、
そうした感情を癒す19種ものレメディを世に出しましたが、

病魔に侵されていた彼の身体的、かつ精神的負担は、
並大抵では無かったはずです。

驚異的な精神力で、この試練を越え、
完全なフルセットのレメディを完成させた彼は、

50歳を迎える、1936年の9月に、
彼にとって最後の冊子を出版しました。

エドワード・バッチの、
大衆に対する最終的なアドバイスは、
以下のように記されていました。

To prepare, take about two drops from the stock bottle
into a small bottle nearly filled with water;
if this is required to keep for some time
a little brandy may be added as preservative.

This bottle is used for giving doses, and but a few drops of this,
taken a little water, milk, or any way convenient, is all that is necessary.

In urgent cases the doses may be given every few minutes,
until there is improvement; in severe cases about half-hourly;
and in long-standing cases every two or three hours,
or more often or less as the patient feels the need.

In those unconscious, moisten the lips frequently.

Whenever there is pain, stiffness, inflammation, or any local trouble,
in addition a lotion should be applied.
Take a few drops from the medicine bottle in a bowl of water
and in this soak a piece of cloth and cover the affected part;
this can be kept moist from time to time, as necessary.

Sponging or bathing in water with a few drops of remedies
added may at times be useful.

調合する時は、水でほぼ一杯にした薬用の小瓶の中に、
ストックボトルから2滴を加えて下さい。
暫く保存する必要のある場合は、
保存料として少量のブランデーを加えると良いでしょう。

この薬用瓶を患者の服用に使います。
ここから数滴を少量の水、牛乳、その他手近な飲み物に入れるだけです。

緊急の場合には、患者の状態が改善するまで、
数分ごとに与えて構いません。
重い症状の場合は、約30分ごとに、
また長期に渡る症状には、2~3時間ごと、
あるいは患者の必要に応じて、頻度を変えることもできます。

意識を失っている場合には、
唇を頻繁にしめらせて与えて下さい。

痛みやこわばり、炎症など、体に局所的な症状のある場合は、
服用に加え、外用薬として使うと良いでしょう。
水の入ったボウルに、薬用瓶から数滴を入れ、布を浸します。
この布で患部を覆って下さい。
必要に応じて、この布を時々湿らせて下さい。

また、レメディを数滴入れた水に患部を浸したり、
スポンジに含ませて当てるのも効果的な場合があります。

ストックボトルから2滴ずつを加えるという、
今に伝承される作法は、この時に確立したようです。

保存のためのブランデーの記述についても、
ブランデーと水の割合については、
調合する者に任せています。

これも、今のやり方と同じです。

この最後の冊子になって、
薬用瓶のサイズの記述がなされていませんが、

これまでの流れを汲んで、
それが、4オンスの標準薬用瓶であると考えるコトも可能ですが、

「そこから数滴を」などの記述が、数箇所加わっているため、

これまでのティースプーンを使用した服用方法とは、
異なるスタイルであると想像でき、

ストックボトルを販売していたホメオパシィ薬局で入手できた、
何らかのスポイト付き調合瓶を指していた可能性も考えられます。

そうであれば、これらの記述が、
今の服用スタイルを決定したと言っても、
過言では無さそうです。

服用回数の頻度に関しては、
多ければ多いほど効果を出しやすい点についても、
彼の言葉の通りであるとわかりますが、

一日3~4回という回数は、最も少ない服用回数として、
最初の冊子で紹介されている程度であり、

今に伝わる、1日4回以上の摂取は、
外せない要件であることが解ります。

今回の連載の初日に掲げた謎を、再度確認しましょう。

・なぜ6~7種類なのか
・調合ボトルは、最初から存在したのか
・一回に摂取する量は、どのようにして決まったのか
・一日の摂取回数は、どにようにして決まったのか

エドワードの後継者たちによる数多くの臨床が、
本療法のこうした特徴的要素を完成させたのですが、

今回、ご紹介した遺稿の中にも、
沢山のヒントを見出すコトができました。

きっと、これからも、
この療法は成長するでしょう。

何より、レメディの種類が変わって行くはずです。