サクナの開花

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

数年前、庭の大鉢に植えたサクナが、
今年も昨年に続いて、2年連続で開花しました。

長命草とも呼ばれる、沖縄の伝統薬草ですが、
治療所のひかりあめで開花するあたり、
かなり縁起がイイなと喜んでます(笑)

花の部分を拡大してみると、
こんな感じ。

可愛い白い花が、大集合していますね。

写真には、ポリネータの羽根虫が映り込んでますね。
夢中で花粉と格闘してるんでしょう。

ネット上で調べてみれば判りますが、
サクナの栄養価は驚異的です。

ですが、これを調理するとなると、
匂い消しのような、消極的な用途が殆どです。

僕は、この生命力豊かなサクナを、
例によって漬物にし、生食しちゃいます。

それが、こちら。

滅茶苦茶シンプルな、醤油漬けです。

千切りにして、醤油に漬け込んで終了です(笑)

食べる部位は、葉です。
主葉脈に対して直角に庖丁を入れるのがコツです。

庖丁を使わず、キッチンはさみで切った方が、
楽かもしれません。

そして、漬け込む期間ですが、
ナンと「年」単位です。

驚いたでしょ。

一ケ月目くらいから、漬物っぽくなりますが、
せめて一年間は、じっくり漬け込んで欲しいです。

ちなみに、写真の醤油漬けは、
3年前に仕込んだモノです。

これを、玄米ご飯の上にのせて食べるだけで、
超贅沢な丼に仕上がってくれます。

その、鼻腔から抜ける芳香は、
3年経過した今でも健在で、

長命草の名前に相応しい生命力を、
感じずにはいられません。

市場へ出向けば、一年中購入できますので、
ぜひ、この醤油漬けに挑戦してみて下さい。

Scroll to top