治療所玄関をリニューアル

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

治療所玄関の軒下に、
通い猫たちの家を設置しちゃいました。

灯油タンクを収納するケースに、
ノコギリで穴を開けた簡易なモノですが、

しっかりと雨は凌げます。

蒸れないように、高床式にもなっていて、
風で飛ばされぬよう、ウエイトタンクが載ってます。

この2個のウエイトタンクは、
駐車場入口に使用していたモノの再利用です。

どこまで、猫が好きなんだ!って、
ツッコまれてるのが判ります。

どこまででも!です。
思い付く限り、妥協無し!です。
きっぱり!

10匹の通い猫たちのうち、
生まれたばかりの5匹は自立し、

不仲な老猫夫婦は、
もっと良いネグラを見つけたのか、
月に2回くらいの来訪に減り、

最近、ひかりあめを定宿にしているのは、
例のカップルがメインですので、
とりあえず、この大きさで充分でしょう。

リアル招き猫として、
しっかり働いてくれるのではと、
期待してます(笑)

世の中には、
猫を嫌いな人もいらっしゃるでしょうが、

自分が体感不可能なため、
全く理解出来ておりません。

あしからず。

この子たちが、甘えて擦り寄って来ると、
彼ら目当ての蚊に、僕が刺されたりもするのですが、

疲れは、どこへやら吹き飛びます。

この子たちには、朝と晩の2回、
ドライフードと、自然食として花かつおを提供しており、

内容も量も、家の中の室内飼いの3姉妹と同じです。

去年までは、食塩無添加の煮干しも、
猫たちに食べさせていたのですが、

僕が、煮干を手に持っただけで、
可哀そうで涙ぐむようになってしまったため、
今年から提供を断念しました。

動物を傷付けない生き方を選ぶと、
こんな変化もあるんですね。