後者を選びました…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

純菜食を愛する人、
いわゆるヴィーガンと呼ばれる人は、
実際には、対照的な2種類の人がいます。

ひとつは、
自分の健康や美しさを維持する目的の人であり、

もうひとつは、
動物を傷付ける生き方を選ばない人です。

僕は、後者を選びました。

そして、動物を傷付ける生き方を選ばない人も、
実際には、対照的な2種類の人がいます。

ひとつは、

虐待された動物の悲惨な姿にフォーカスし、
社会と闘おうとしている人です。

動物愛護という活動を通じて、
緊張の波動を放ち続けている人です。

そんな波動を放ち続けているから、
彼等は動物を苦しめる現実を経験し続けます。

可哀想な動物の画像を他者にみせて、
問題を訴え続けます。

そういう「今」を経験しているから、
緊張で一杯の不調和な未来を引き寄せるでしょう。

もう一つは、

動物への愛に溢れる柔らかい波動を、
純粋に放ち続けている人です。

柔らかな波動を放っているから、
動物を傷付けない生き方も難なく経験でき、
愛で一杯の調和した未来を引き寄せます。

僕は、後者を選びました。

自由意志の世界です。
誰が何を選ぶのも、その人の自由です。

僕は単純な人間だから、
宇宙と同じ周波数を選んだだけです。

高い波動を放っていれば、
高い波動に見合った経験をして、
高い波動のゴールを引き寄せるだけ。

幸せの波動を放てば、
幸せを経験して、
幸せに辿り着くだけ。

それだけです。

だから僕は、後者を選びました。

Scroll to top