僕のキッチン

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、僕の愛する瞑想空間をご紹介します。

それは、キッチンです(笑)

料理をしている時の僕は、いつも瞑想状態で、
ゆったりとした「無我夢中」を、堪能出来ます。

実際、最近のこのブログでも、
日々の治療の話しより、料理ネタの方が、
圧倒的に多くなっており、

また、当ブログ読者の方から、
キッチンを観てみたい!…とのリクエストも頂いたので、

その全容をお届けしますが、
実に狭いのですよ(笑)

まず、お伝えするのは、
わが家のシンクまわりの事情からです。

ガス台と洗い場を合わせても、
ジャスト1平米の、実にコンパクトなシンク台で、
しかも、その材質はコンクリートです。

ですから、日常的に使う真菜板も、
最小サイズに限られます。

そのため、ご覧のように、
シンクの右に移動可能な台を自作し、
そこに洗い桶を置いて、手狭さを緩和させています。

この、洗い桶専用の移動式の台は、
本体は、ホームセンターで購入した薄型収納ボックス2つを、
結束バンドで固定したモノで、

黒い天板は、強力な両面テープを使って、
収納ボックス上面に粘着した厚手のベニヤ板に、
撥水性のある壁紙を貼っています。

いつも、ある程度の重量が掛かっているせいか、
今では天板を剥すコトが出来ないくらい、
しっかり粘着しています。

天板に使ったベニヤ板は、手持ちのモノを使ったので、
収納ボックスと壁紙だけを購入し、
締めて2000円弱で完成しました。

2つの収納ボックスを固定している様子も、
ついでに、拡大写真でお見せしちゃいましょう。

下の写真は、その背面下部です。
シンプルでしょ(笑)

前面に一箇所、背面に一箇所を、
20センチ長の結束バンドで、固定しています。

ちなみに、この収納ボックスには、
雑穀や乾物、砥石、掃除道具などが納められています。

この移動式の台のおかげで、
洗い桶でキッチンが占有されるコトなく、
快適に料理が楽しめます。

ちなみに、コンクリート製のシンクの下は、
こんな感じで使っています。

この台も自作で、以前は治療所の什器でした(笑)

ボウル、ザル、鍋、コーヒーポットなどが並び、
最下部には乾物の買い置きが、3つのブリキ箱に収納されています。

そして、僕のキッチンを、
少し引いた位置から撮影した写真が、こちらです。

大人2人が、やっと立てる広さの、
コの字のカタチをしたキッチンです。

シンクの向かいには、冷蔵庫と食器棚があって、
食器棚の右にはオーブンの台があります。

このオーブン台も、自作です。

本棚をリメイクした下半分に、
天板をのせて作業出来るようにし、

その上にオーブン台があります。

これが、オーブン台の下部です。

本棚をリメイクした台を左右に置いて、
両者の上に天板をのせ、こちらはニスで仕上げました。

左手には、上段に塩やオリーブオイル、雑穀を炊く釜、
下段には掃除用の重曹、保温調理鍋などが納まり、

右手には、上段に鍋とヤカン、
下段には精米機とヨーグルトメーカー、
そしてスライサーなどが納まっています。

中央の竹のカゴには、ガスボンベの予備、
買い置きの味醂や酢、ホイル、ラップなどが入っています。

オーブン台の上は、こんな感じです。
例によって、これも自作です。

少々、雑然と写っていますが、
見た目より使いやすく、最適化されています。

以前にもお話ししましたが、
わが家には電子レンジはありませんので、

その分、広く使えています。

ご覧のように、殆どが自作の台で囲まれ、
少しずつ進化し、この状態になったコトが、
お判りになると思います。

それから、猫たちのイタズラ対策も随所にあるため、
写真には意味不明なアイテムも写ってます。

例えば、最後の写真の、
オーブン右手に見える白い檻のような空間は、

2年前に双子姉妹猫が加わった際に、
一方が中でマーキングをしてしまい、
以降、その中に入るのを防ぐ対策であり、

また、右手前に写っている炊飯器には、
その上面には、白いカバーが見えますが、

これは、炊飯器の停止スイッチを隠すためのモノで、
猫がこの上を歩いて、
炊飯を停止するのを防いでいます。

また、オーブン左手に、3段に重なった白い器は、
猫たちの食器です。

人間より猫の方が多い家庭では、
こんな風景も、珍しくないんですね(笑)