ガスコンロを新調しました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

キッチンのガスコンロを新調しました。

ご覧のとおり、
ガスの元栓は完備されていますが、
あえて、カセットガスコンロを使っています(笑)

今回の機種で、3世代目です。

わが家のキッチンの火力は、
このカセットガスコンロと、電気ポットで賄っています。

数年前、それまで使っていた業務用2バーナーを処分し、
カセットガスコンロ生活にシフトしました。

当時のコンロは、大火力も、超弱火も自在でしたが、
その分、ガスの使用量も多かったです。

農協のプロパンガスを契約しており、
その頃の月間使用料は、4000円前後でした。

ガスはキッチンの他に、
風呂の給湯にも使っていましたので、

キッチンをカセットガスにしても、
ガスの使用量は、ゼロにはなりません。

最近の月間使用料は、冬の今でも2000円前後です。

それだけ、キッチンのガスは、
あれば使っていたと言うコトになります。

ちなみに、前回購入した2世代目のカセットガスコンロは、
五徳が壊れて、鍋を支えられなくなりました。

僕が分解掃除をし過ぎて、ネジ穴が壊れたためです(笑)
掃除も程々にしないとですね。

前回のコンロは、スリムなフォルムもお気に入りでしたが、
今回は、初代と同じ小型のコンロにしてみました。

普通のカセットガスコンロと比較して、
体積が半分しかありませんので、
食卓においても、ちっとも邪魔になりません。

気になるコストですが、カセットガスは、
月間で4~5本を使っています。

単価が100円強ですので、
多い時でも600円弱というワケです。

料理以外の用途としては、
ひかりあめの営業日には毎日頂くコーヒーのお湯も、
このコンロで沸かしています。

見た目が華奢(きゃしゃ)なので、
毎日使っても大丈夫かと、良く聞かれますが、

問題なく1~2年は使えています。

ちなみに、食卓のみで使用していた初代は、
15年間も使っていました(笑)

沢山の火力の必要な家庭には向きませんが、
揚げ物もせず、ローフードの多い我が家では、
これで充分に用を成しています。

Scroll to top