ブラジル万歳!

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

妙なタイトルでしょ(笑)

2週間前、僕の愛用するタブレットのOSが、
最新版に更新されたのですが、

その時点から、使用していた通話アプリが、
起動さえしなくなってしまいました。

(T_T)

アプリを提供するFusion社も、
この不具合解決に乗り出したようですが、

仕事でも使っていたIP電話番号でしたので、
突然、不便な状態に陥ってしまいました。

過去にも似たようなコトはあって、
その時は数日でアプリが更新されましたので、

遅くとも数日で、解決するだろうと思っていたのですが、

1週間を過ぎても、そのアプリは更新されないため、
仕方無く、別の通話アプリを探しはじめました。

ですが、僕の端末はスマートフォンでは無い、
音声通話機能の無いタブレットですので、

データ通信式をサポートする通話アプリの選択肢は少なく、

色々と悩んだ挙句に、
辿り着いたのがコチラのシステムでした。

日本に在住するブラジル人コミュニティのために、
立ち上がった会社の構築したモノで、

初期費用、基本使用料無料の、プリペイド式のIP電話です。

写真のカードは、コンビニで無料配布されていると聞き、
近所のファミリーマートに尋ねたところ、

当日は在庫が無かったのですが、
翌日までに取り寄せて下さいました。

カード裏のスクラッチ部分を削ると、
IDとPINコード、そしてパスワードが書かれており、

これを無料配布されているアプリに登録すれば、
050から始まるIP電話番号が提供され、通話出来るようになります。

但し、キャリアとは無縁の僕のタブレットには、
IP電話番号を取得する際に使われるショートメールが届かぬため、

通常ならアプリ上でオンライン取得出来るはずの手続きが出来ず、
日本法人に電話で問い合わせてみると、

身分証明できる書類を撮影して、
メール添付で送ってくれとのコトでした。

さっそく、免許証の裏表を撮影し、
事務局に送信したところ、

通常、3営業日以内に届くはずの認証番号が、
メールを送ったその日に、頂くコトが出来ました。

\(^o^)/

通話試験も問題無かったので、
そうなると次は、通話料の払込みですが、

こちらは超簡単です。

ブラステルのサイトから、
500円分の通話チケットをクレジットで購入し、

無事開通するに至りました。

ちなみに、この払込みは、
全国のコンビニでも可能のようです。

便利ですね。

使ってみて驚いたのは、以前使用していたアプリと、
通話の際、全く同じインターフェースで、

どうやら、コアとなっているソフトウェアは、
双方とも同じモノのようです。

確か、チェコ産の通信ソフトウェアだったはずです。

ちなみに、こちらから発信すると、

プリペイドの有効通話時間や、ブラステルからのお知らせなどが、
たどたどしい自動音声で案内されるのですが、

キーパッドから「*」を2回押すと、
その案内は、スキップ出来ちゃいます。

今から40年前、

当時の僕の通っていた高校に、
卒業生と名乗る怪しいオジサンがやって来て、

体育館に生徒たちを集め、講演をしました。

彼は、高校卒業後にブラジルへ渡り、
トマト農家をはじめて成功した話しをし、

若かった僕たちは、彼に憧れ、
多くの生徒たちが、彼に続こうとしたのです(笑)

僕もその一人でしたが、

後を継がせたかった父親に大反対され、
ブラジル語の本も処分させられた思い出があります。

そんな思い出深いブラジルと、
こんな形で再会するとは思いませんでした。

なので、ブラジル万歳!なワケです。

通話アプリのアイコンも、
ブラジルらしくファンキーでしょ(笑)

…とまあ、色々ありましたが、外出先での連絡も、
以前のように取れるようになり、やっと一安心です。

同じ問題でお困りの方には、お勧めのシステムです。

Scroll to top