愛車をコーティング

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

旅先で、訪問先の施設から、
送迎の車が迎えに来るとします。

そんな時、型式は少々古くても、
小奇麗な車が迎えに来てくれると、
絶対に嬉しいですよね。

これは、6ハウスに乙女座の月を持つ(=綺麗好き)
僕に限らぬコトではないでしょうか。

もし、迎えに来た車が、
ドロドロに汚れていたり、

車の中に、足の踏み場が無かったり、
そうでなくても、タバコ臭かったりすると、

その旅が台無しになりませんか?

実際に僕は、何度かそんな経験がありました。

僕が、週に何回か洗車したり、
昨日などは、5年ぶりにコーティングまでするのは、

そんな哀しい送迎車に乗せて頂いた経験を糧に、
せめて僕は、綺麗な車でお迎えしよう!と決めたからです。

僕の店は、有難いコトに、
県外からお越しになるお客様も多くて、

高速バスのバス停まで、
愛車で迎えに行く機会が、月に何度もあります。

多くの方は初対面だったりしますので、
初めは皆さん緊張されていますが、

迎えの車は、中も外も綺麗だし、
もちろん、タバコ臭くありませんので、

僅か数分のドライブではありますが、
降車される頃には、良い表情をされています。

そして、セッションを終えて、
再びバス停までお送りする際には、

その頃には、緊張は解れていらっしゃいますので、

シートにも深く腰掛け、
リラックスされているのが判ります。

そんな時は、僕も幸せです。

そして、綺麗にしていて良かったな…と思い、
これからも、綺麗にしよう!と誓うのです。

洗車は判るけれど、コーティングまでは、
…と、躊躇される方も多いですが、

コーティングをするコトによって、
車両自体が汚れ難くなりますし、

洗車の際も、水で洗うだけで綺麗になり、
そして、そんな状態が5年間も続きます。

費用は、一日に換算なら20円未満です。

タバコ一本より安い経費で済むのですから、
コーティングをしない手は無いと思いませんか?

僕にとって、この車は、
ひかりあめの大切な設備の一つです。

ちなみに、車両ナンバーの「924」は、
エドワード・バッチの誕生日です。

Scroll to top