通い猫たちの庵

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

数年前からわが家に通う、野良猫のゴマちゃんが、
2週間前に、家族を連れて来ました。


※左からゴマちゃん、ビックリ、コポ、ビックラ、コゲちゃん

奥さんのコゲちゃんは、どうやら妊娠しており、
彼女の他にも、性別不明の赤ちゃん猫が3匹います。

コゲちゃんは、赤ちゃん猫たちに、
時々、授乳もしているので、
妊娠しているとは考え難いのですが、

彼女のお腹は、日毎に大きくなっている、
そんな気がしてなりません。

コゲちゃんは、声は渋いのですが、
とても人懐っこく、
僕の顔を見るとスリ寄って来ます。

彼女だけは、直接オステオパシィができるので、
治療もしつつ、このまま見守るつもりです。

…というワケで、コゲちゃんが休める場所を、
家にあったブロック等で作ってみました。

内側を覗くと、こんな感じです。

なかなか、和のテイストでしょ。
にわか雨程度なら、凌げます。

中で寛いでいる姿は、まだ見ていませんが、

子猫たちは、この屋根の上がお気に入りで、
遊んだり、昼寝したりしています。

動物は、飢えを感じると、
子孫を残そうとします。

ですから、食事に困らなければ、
野良たちも無駄な出産はしません。

野良の犬や猫の避妊や去勢を、
ボランティアでされている方もいらっしゃり、

本当に頭の下がる思いですが、

僕は、なるべく避妊や去勢の要らない状態で、
自然な循環の中で、生死と向き合うつもりです。

僕の家の土地は、
人間が住むだけにしては広いので、

こうした動物たちが、安心して過ごせ、
無駄な出産をせずに天寿を全うできる、

そんな場所に、したいです。