真菜板

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

タイトルをみて、あれ?っと感じられたなら、
貴方は漢字を良くしってらっしゃる方です。

まな板を漢字表記した場合、
「俎板」とか「真魚板」とするのが一般的ですが、

純菜食者の僕は、
あえて「真菜板」と書きます。

(肉)も真魚(魚)も食べませんので、
「真菜」という当て字は、
なかなかイケるぞ!と喜んでいたら、

実際、「真菜板」と書いていたと言う、
過去の記述もあって驚きました。

おかず全般を「総菜(そうざい)」と呼ぶが如く、
この「菜」という文字には、
野菜だけではない、副食全てを示す意味もありますので、

ある意味、この「真菜板」という文字の並びが、
最もシックリ来る言葉なのかもしれません。

僕が、料理を始めた半世紀前、
実家にあった真菜板は木製でした。

包丁の音を聴くなら、
木製の真菜板に勝るモノは無いでしょう。

あの、トントン…という音は、
本当に癒されるサウンドです。

ですが、そのメンテナンスは容易ではなく、
母親は、真菜板汚れと毎日格闘していました。

頻繁に手入れをしても、傷とカビで真っ黒になるため、
毎年末には、買い替えていた記憶があります。

特に木製の場合、水分を吸収する材質ですので、
梅雨になると、カビの勢いは最高潮でした。

その後、プラスチック製が登場し、
カビない真菜板として、各家庭で重宝され始め、

新しいモノ好きな母親は、飛付いて使い出しました。

また、プラスチック製の場合、かなり大きな真菜板でも、
木製のような高価な出費にはなりません。

そんな経済的な側面も、プラスチック製は評価が高く、
母親は、用途別に使い分けていました。

また、水分を吸収しないプラスチック製ですから、
木製の真菜板のような、
毎日の大変さはありませんでしたが、

包丁で付く傷の中に、やがてカビは発生し、
それでも、漂白しながら使えば、結構長く利用できました。

ですが、使い込む程に表面の傷が酷くなり、
2~3年で買い替えるコトが多かったようです。

そして僕が、最近使っているのは、
こちらの合成ゴム製の真菜板です。

このシリーズは、4サイズあるのですが、
僕の純菜食キッチンでは、最小のMサイズを愛用中です。

実際、菜食者のレシピに、
そこまで巨大な食材は登場しませんし、

何よりこのサイズは、漂白がしやすいのです。

かつて、エコロジィについて全く無知だった頃は、
塩素系漂白剤を屋外で使っていました。

屋内で漂白しようモノなら、家中の猫たちが、
その匂いに反応して、異常な行動を取るからです。

環境に優しい、こちらの酸素系に変えてから、
キッチン洗いバスケットの受け皿を使って漂白するのですが、

その、ステンレス製の受け皿に、
スッポリ入る真菜板がこのサイズでした。

受け皿に、酸素系漂白剤を入れ、
40~50度のお湯で満たし、この中に真菜板を置き、
その上をテーブル布巾で覆います。

こんな感じです。

こうすれば、カビやすい受け皿も、
そして、テーブル布巾も除菌できるでしょ。

酸素系漂白剤の臭いは、家猫たちを誘うコトはありませんが、
舐めたりすると危険ですので、
こうしてフタをした状態で、30分間程放置します。

後は、流水で洗い流せば、漂白は完了します。
水分を拭き取って乾燥させれば、全行程の終了です。

合成ゴム製の真菜板は、包丁傷が殆ど付かず、
包丁の刃先にも優しいので、

今のところ、これ以上の選択肢は、僕にはありません。

値段は少々高いですが、
買い替えの必要はありませんので、
最終的には経済的なチョイスだと確信しています。