母乳とタンパク質

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

人間の身体の成長が、一生の中で、
群を抜いて速い時期があります。

思春期も確かにそうですが、
最も早く、効率的な成長を必要としているのは、
他ならぬ赤ちゃんです。

小さく産んで、大きく育てる哺乳類として、
これは至極当然のことです。

ですから、この時期は、
タンパク質を最も大量に必要としていると、
言い換えることができます。

そして、その頃の彼らの主食は、母乳です。

人間の母乳に含まれるタンパク質は、
カロリーによる計算で、全体の5%に相当するそうです。

つまり、この最もタンパク質を欲している時期でさえ、
全食事の5%がタンパク質であれば、
健全な成長ができることを、自然は教えています。

ちなみにこれは、哺乳類の中で、
一際寿命の長い人間の場合の話しです。

僕たち人間は、出生時の体重を、
2倍にするために必要な期間が180日と言われており、

このタイムスケジュールに則った、
最も相応しいタンパク質の割合が5%なのです。

同じ哺乳類でも、牛は47日で2倍に成長せねばならず、
そのため、牛乳のタンパク質の割合は15%にのぼります。

また、僕の愛する猫たちは、
さらに短期間で成長する必要があります。

彼らが、自らの体重を、
誕生時の2倍にするために費やす時間は、
たった7日間しかありません。

そのため、猫の乳のタンパク質の割合は、
何と40%もあります。

つまり、何が言いたいのかというと、

一般成人の、日々摂取するタンパク質の割合が、
厚生労働省の指導では、多過ぎるのではないかということです。

3大栄養素のバランスとして、
彼らは炭水化物50~60%、脂質20~25%、
そして、たんぱく質を15~20%の比率で摂取せよと言います。

この情報を信じていた僕の母親は、
幼少期の僕に、せっせと牛乳を飲ませました。

その結果、アレルギー体質が悪化したのです。

アメリカにおける調査で、

普段の食事におけるタンパク質の必要量は、
全体の2.5%から8%であると、彼らは論じています。

この中には、WHOの見解も含まれており、
彼らは4.5%と発表しています。

赤ちゃんの母乳におけるタンパク質の割合からみても、
こちらの数字は妥当でしょう。

確かに、色々な理由から、
タンパク質を多量摂取する必要のある場合も想定できます。

少々多めに見積もって、
10%のタンパク質が必要だったとしても、

果物やイモ類を食べているだけでも、それは摂取できます。

つまり僕たちは、特別なタンパク質摂取を、
意識する必要は無いのです。

自然の教えに、耳を傾けましょう。