「食」という文字

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕は、フラワーレメディの世界で生きるようになって、
言葉や単語、文字に秘められたメッセージに、敏感になりました。

例えば、「元気」や「勇気」、「病気」などの言葉には、
生命は常に「氣=エネルギー」と供にあることを、
過去の人々が経験的に知っていたことを物語っています。

それが理想的な状態に戻れば「元気」であり、
それを高めるために必要なモノが「勇気」であり、
調子の崩れた状態が「病気」です。

同じように、
衣食住における「食」という漢字は、

「人」という文字と「良」という文字が、
重なり合ってできています。

人を良くするのも、悪くするのも、
食べ物だということを、昔の人々は知っていたのでしょう。

また、「腐」という文字も象徴的です。

「府」と「肉」という文字が合成されたモノですが、
この「府」とは「腑」のことで、内臓を示します。

(=動物性食品)は、内臓の中で腐るという意味です。

また、僕が何十年も患ってきた「乾癬」という皮膚病の、
「癬」という文字は、

やまいだれの中に「魚」と「羊」が入っています。
過剰な動物性タンパク質摂取のもたらす、
皮膚の病だという意味です。

歪んだ食習慣と、人体の不調との関係を、
このような言葉や単語、文字が説明してくれていますが、

それ以上の問題は、現代の文化が、
歪んだ食習慣を、人々に常識と思わせていることです。

実際、テレビ番組で何か特定の食材が注目されると、
スーパーマーケットから、それが売り切れることを、
僕たちは、何度も目の当たりにしてきました。

これと同じことを、少し長いスパンで、
まるで教養のように叩き込まれた僕たちは、

疑うことを知らずに、
歪んだ食を受け容れてしまったのです。

その一例が、第二次大戦後に行われた、
学校給食という社会サービスです。

建前としては、

敗戦によって栄養不良に陥っていた日本人を救済するため、
アメリカによる栄養指導が積極的に行われたことになっています。

それ以前の子供たちは、
弁当を持って学校に通っていましたが、

給食というシステムは、

 家庭の負担を減らし、
 バランスの良い栄養を子供たちに公平に提供できる、

…そんな背景のもとで定着しました。

しかし、どう考えてもおかしいのは、なぜここで、
パンと牛乳が定着してしまったのかということです。

この国を良く理解する栄養政策であれば、
ご飯と味噌汁が提供されたはずですが、

実際に行われた給食サービスでは、
まず脱脂粉乳が配給され、

その後、ご飯食がパン食に切り替わっていきました。

自宅出産が中心だった日本人を、
病院出産させることで母乳から遠ざけさせ、
粉ミルクと哺乳瓶を勧める育児指導も始まりました。

これだけアカラサマな食文化のシフトが行われたにも関わらず、
当時の日本人は、簡単に説得させられてしまったのです。

今日でも、小中学校における栄養指導において、
「牛乳を飲んで骨を丈夫にしよう」などと、
科学的にもおかしなコトが、平然と子供たちに教えられています。

もしこのブログを、教育関係者の方が読まれているのなら、
一度真剣に、牛乳について調べてみて下さい。

そして、ご自身で心底納得した情報だけを、
子供たちに教えて頂きたいと思います。

Scroll to top