井穴

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日、お客様のご希望で、
はじめてバイク便を使った出荷をいたしました。

那覇の業者の方が、
ひかりあめのある北中城まで荷物を取りに来られ、
そのまま、那覇のお客様に届けるというモノです。

ですから、那覇と北中城の往復走行が、
そのままチャージとなりますので、

一瞬、怯むような金額でしたが、

そうまでして、
フラワーエッセンスを必要とされている方が、
いらっしゃるかと思うと、

身の引き締まる思いでした。

今後とも、精進させて頂きます。

さて、

今日は、日々の治療の中でも紹介している、
自律神経を安定させるツボをご紹介します。

井穴(せいけつ)と言います。


※出典 hari-okyu.net

ご覧のように、手と足の、指の生え際です。

この場所は、神経が多く集まるポイントでもあって、
ここを刺激すれば、自律神経に対して直接刺激し、
そのバランスを整える効果があります。

この場所を揉むことで、指先の血流が増え、
交感神経の緊張が緩和されますので、

かつて、パニック障害の経験がある方にも、
とても有効なツボとなります。

一日の中で、気が付いたときに、
この場所を揉むようにして下さい。

図では、左手と左足ですが、左右双方とも行います。

刺激する場所は、爪の生え際から2ミリほど、
指の付け根側となります。

また、指によっては、爪の生え際の片側だったり、
足の中指には、井穴が無かったりしますが、
全ての指に対して、同じように揉んで頂いて結構です。

例えば、左手の井穴を刺激する場合は、
右手の親指と人差し指で、左手の詰めの生え際付近を挟んで、
少々強めに、ギュー!と刺激してやります。

刺激する場所を厳密に拘らなくても、
充分に刺激は伝わりますので、気楽に楽しんで下さい。

ギュッ、ギュッ!と揉み込んでも、
ギューッ!と押し続けても、どちらでも構いません。

少し痛いけど、気持ちイイな…くらいの強さが、
丁度良いと言われていますが、

当たり前ですが、内出血するような強さは、厳禁ですよ!(笑)

両手、両足の各指を、10秒ずつ刺激しますが、

小指に関しては、
井穴がダブルに存在するので、20秒刺激して下さい。

また、小指以外にも、違和感のある指には、
20秒刺激をお勧めします。

一日に2~3回を目安に、毎日揉むようにしましょう。

簡単、かつ無料で出来る、このツボ刺激を日課にして、

安定剤や眠剤など、
自律神経に影響を与える薬を、
ドンドン手放しちゃいましょう。