澱む気は病む

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

返り点で展開した、漢文のようなタイトルになりました。

瞑想の後、
心の思いつくままにキーボードを打った結果ですが、
今日は、風水絡みのお話しです。

ここ沖縄は、他府県以上に風水を重んじる土地柄です。

家を新築する際にも、
この土地のこの方向に、この部屋は良いとか悪いとか、
ああでもない、こうでもないと物議をかもしながら、

建築上の矛盾は、家具や調度品の配置で調整し、
最終的には、施主自身が自分を納得させ、
実際の暮らしを迎えます。

僕は、風水自体は詳しくありませんが、
アチラを立てるとコチラの立たない、結構大変な作業のようです。

こうした風水のもたらす、土地や建物の相は、
確かに吉に近付けるべきかもしれませんが、

何より大切なコトは、
家の中に気の澱む場所を作らないことです。

そうは言っても、家中整理整頓することは、
主婦にとって、ハードルの高い難題であることは否めません。

不要なモノを積極的に処分する、
シンプルな生き方を実践できれば、
その可能性は高くなりますが、

特に小さな子供のいる家では、
どうしても散らかってしまうものです。

では、どうしたら良いのでしょう。

結論から言うなら、
それでも掃除をするしかありません。

家中が無理ならば、家族の共有空間である居間だけでも、
スッキリ片付けられるようにしたいものです。

しかし多くの人々にとって、
掴み所の無い、無色透明の家の気が少々滞ったところで、
一体何が起こるのかピンと来ない…、というのが現実で、

だからこそ、掃除に対して、
身が入らないのかもしれません。

人体を例に、考えて見れば解ります。

人の身体も、取り巻く気が澱むと、
滞った気のシワを中心に、病や症状が生まれます。

我慢が癖になり、自己表現を怠っていると、
喉を中心とした違和感や閉塞感を感じるようになり、

慢性的な気管支の問題や、
甲状腺の異常などをもたらすようになります。

また現実逃避傾向が強くなれば、
五感に不調をきたします。

現実を、見たり聞いたり、感じたりすることを、
その人が拒否するからです。

家も地域も、地球も同じで、
気の滞った場所には、必ず問題が生じます。

ですから地球は、自転活動によって、
気の澱みを自ら解決していますし、

季節や潮の満ち干きなどが、土地の気を循環させます。

しかし閉鎖された家は、これができません。
空き家が廃れるのは、このせいです。

科学的に言えば、過剰な酸化が促進され、朽ちて行くのです。

人の住んでいる家は、
家人が生活することで家の代謝を促進させますから、
ある程度、気を循環させることもできるかもしれませんが、

それでも存在する、ゴミ屋敷と呼ばれるような家では、
散在するゴミに埋もれて人が動くことができなくなり、

その結果、気は極限まで澱んでしまいます。

そして、人は住んでいるのに、
廃墟化してしまうという現象が起こるのです。

ですからせめて、
それぞれの部屋の窓を開ければ、
何とか気が流れてゆく程度に、

そして、家族が長時間過ごす居間だけは、
しっかりと気が循環するように、
家の中を整理整頓したいものです。

そんな意味でも、時折、
住宅展示場や家具のショールームを訪問し、
綺麗に片付いた空間を、
体験することは大切かもしれませんね。

具体的に、そういった場所の雰囲気を感じることで、
自分の生活に目標ができるからです。

春になれば、新生活を始める人も多くなるでしょう。

こういった転機には、
ぜひ住空間の気を改善する計画も織り交ぜましょう。

この機会を、健康や幸福へのチャンスに変えるのです。

チャンスは待つモノではなく、
自分から作り出すモノです。

Scroll to top