薬草漬け、二品【後編】

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

薬草漬けの二品目は、
おきなわいちばvol44でご紹介した
長命草レシピの応用編です。

長命草と言えば、石垣地方では島起こしの立役者で、
化粧水や健康食品を作っているようですが、

わが家では、常備菜として、
日々の献立でも活躍しています。

昨日のハンダマ同様、まず茎と葉に分けます。

葉の付け根のところから、
はさみで切り分けましょう。

次に、数センチの長さで、茎を切りますが、
これは、この後登場するブレンダーのパワー次第で、
長さを調整する必要があります。

お持ちのブレンダーが力不足気味なら、
さらに短く切って下さい。

茎だけをブレンダーにかけて粉砕します。
写真のような塩梅になるまで、攪拌して下さい。

次にコンテナに葉を入れ、調味液を投入します。
今回の調味は、醤油大さじ4、味醂大さじ1、麦みそ大さじ2にしました。

基本レシピは醤油だけですので、
その場合は醤油を多めに使いましょう。

ブレンダーを中速で回転させ、
時々停止させては、菜箸などで天地を返し、
全体がペースト状になるまで攪拌します。

器を移し替えて、完成です。
冷蔵庫の中で保管しましょう。

おきなわいちばでは、千切りにした葉を醤油に漬けましたが、
その方法ですと、発酵時間にかなりの日数が必要ですし、
茎が使えないのが、心残りでした。

こちらの、アブラ味噌仕様ですと、
全草が無駄なく使え、

作ったその瞬間から食べられますが、
一週間目ぐらいから発酵系の旨みが加わります。

一手間を惜しまないなら、
発酵のバランスを良くさせるために、
毎日、天地返しをして下さいね。

ブレンダーさえあれば、簡単に作れますので、
是非、お試しください。

ご飯のお供に、豆腐のトッピングにと、
色々楽しめ、かつヘルシーです。