ニガリ化粧水、その後…

沖縄のナチュロパス、ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先月中旬にご紹介した、ニガリで作る化粧水ですが、
一ヶ月以上使い続けてみた使用感と、
その成果をシェアしたいと思います。

当然、僕の場合でしかありませんが、
参考にされて下さい。

沖縄県民の多くは、バスタイムと言えば朝です。

僕の場合、朝、お店や家の周囲を掃除したあと、
シャワーを浴びるのが日課ですが、

ニガリ化粧水は、その直後に使い続けました。

顔に、たっぷり目にスプレーして使いますが、
ご存知のように、かなりたっぷり使っても経済的なので、
惜しみなく使える感じが、たまりません。

これは使用感とは違いますが、
経済的なストレスを感じないというのも、
大切な一面かと思います。

また期間中、帰省することもありましたので、
小ぶりのスプレーボトルも作って持ち歩いたんですが、

そちらの方は、配分を間違えたらしく、
使うと顔が、少しヒリヒリします。

おそらく、ニガリが多かったんでしょうね。

帰省に出掛ける直前に、慌てて作ったので、
ニガリやグリセリンの濃度が濃く、
フラワーレメディも入れ忘れました(笑)

そんなこんなの、ドタバタ化粧水でしたが、

少しインパクトのあるヒリヒリ程度でしたので、
心地良く受け止め、外出先で使い続けていたら、
今度はそれに慣れてしまい、

帰省から戻った後も、それを使ってます(笑笑)

さて、一ヶ月使ってみた感想ですが、
今後も使い続けたい、非常に良い自然療法だと確信しています。

特に、ミネラル補給を実感でき、
肌が強く、若くなった気がします。

また、かつての投稿で、ご存知の方も多いと思いますが、

僕は乾癬という難治性の皮膚病を全身に患っていた時期があり、
顔のアチコチにも、かつて乾癬症が表出した場所があります。

そんな部位は例外なく、
他の部位に比べると皮膚細胞の入れ替わりが早いため、
乾燥し易いという特徴があるのですが、

このニガリ化粧水を使い続けたところ、

3週目くらいだったでしょうか、
その部位が、どこだか判らなくなっているコトに気付きました。

そして、朝一回、たっぷり目に使うだけで、
一日中しっとりしているのも嬉しいです。

この乾燥の季節に、これは在り得ない快挙です。

また、これは余談になりますが、
成分的に塩分濃度が強い化粧水ですので、

顔を舐めると、塩気を感じるのも面白いです。

ひかりあめの自然療法を受診中の方に、
今後も自信をもって、お勧めしたいと思います。

Scroll to top