治癒力を高める食材【ニンニク】

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

慢性病や体力不足に悩む人々の福音となる
自然からの贈り物は幾つかあります。

先週お話しした排毒
充分にできるようになったら、

次のステップは、
自然治癒力を柔軟にさせる食材を
食べるようにしましょう。

ちなみに、身体に良い食材があれば、
飛びつく人も多いモノですが、

排泄が充分にできていない状態では、
どんなに良い食材を摂取しても、

薬効を引き出すことはできませんよ。

治癒力を高める代表的な食材と言えば、
まず思い付くのはチョウセンニンジンですが、

日常的に利用できる程、リーズナブルではありません。

入手しやすく、毎日活用できるものを、
今日と明日でご紹介したいと思います。

乾癬患者さんや、
アトピーに悩む方にとっても

基本的に無害なモノばかりですので、
ご安心下さい。

筆頭となるものは、ニンニクです。

その血圧を下げる効果は劇的とも言え、
中程度の高血圧をコントロールすることもできます。

血中コレステロールや中性脂肪を低下させたり、
血液の凝固傾向を低下させることもできます。

心臓血管系を強化させる、
素晴らしい食材なのです。

沖縄では特に、
県産のシマニンニクをお勧めします。

小ぶりで、薄皮を剥くのが大変ですが、
醤油漬けにしておき、

その醤油をスープの味付けに使ったり、

漬けこまれたニンニクを
包丁で潰して微塵切りにしたモノを、
炒め物の隠し味にしたりと、

一回仕込んでおくと、
しばらく使えて便利な調味料となります。

減ってきたら、醤油を足したり、
ニンニクを足したりすれば良いので、
難しく考える必要もありません。

ニンニクは、匂いの気になる食材ですが、

動物性タンパク質とペアにならなければ、
体内に残り難くなり、

さらに先週お話しした排毒
充分に出来ていれば、

翌日に悪臭を引き摺ることはありません。

→明日に続く