冷たい手足

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

暖かい場所に居ても、手や足が冷たい場合、
自律神経を傷めているかもしれません。

意識下に無い過剰な緊張が、
末梢の細動脈を収縮させ、

血の巡りが不完全になるためです。

こうした状態がが長期化すれば、
その緊張は内臓にも及びます。

手や足の冷えを靴下や手袋で誤魔化さず、
身体中の不調に広がってしまわぬ前に、
自律神経を調和させてあげましょう。

自分でできるケアがあります。

・姿勢を正す
・正しく歩く
・瞑想をする

これら3つの励行をお勧めします。
全て無料です。

以前の投稿で、何度も説明していますが、
姿勢を崩すと腰や脊椎を傷め、
脳脊髄液の干満に支障をきたすようになります。

オステオパシィで正常化できますが、
姿勢が悪ければ、すぐに元に戻ってしまいますので、

極力、良い姿勢を、
自分で維持するコトが大切です。

特に背骨を支える筋力は落ちやすいため、
積極的に姿勢の改善に取り組みましょう。

また、足の親指に意識を向けて、
ウォーキングすることで、
脊椎全体をケアできます。

脳脊髄液のルートとなる脊椎のひとつひとつは、
可動域の少ない継手のような構造ですが、
24個連なることで、自在に動くことができます。

しかし、運動不足が続くと、
これらの可動域がドンドン小さくなり、
一本の棒のようになってしまいかねません。

足の親指に意識を向けて歩くコトで、
脊椎が本来の位置に向かって戻ろうとし、

さらに、歩行中の適度な振動が、
それぞれの椎体を解す効果があるようです。

瞑想については、本格的なやり方は、
ブログ内の色々な記事を参考にして頂きたいですが、

自律神経を調整させる目的だけであれば、
難しく考える必要はありません。

こうした問題を抱える人は、
考えが止まらない状態になっています。

ですから、無駄に考えないようにして、
緊張の解れた状態を、味わって欲しいのです。

姿勢を正して座ったら、
目を瞑って自分の呼吸に意識を向けます。

呼吸によって得られる新鮮な空気が、
あなたの肺を伸縮させる様子を想像しながら、
深呼吸を楽しんで下さい。

あなたの身体の中では
毎秒何百万もの細胞分裂が起こっています。

その神秘的な様子を想像するのも、楽しいはずです。

そして、呼吸のためだけに、
エネルギーを使うようにし、

それ以外の力は抜いてしまいましょう。

うまく行けば、床に座っているに、
空中を漂っているような解放感が味わえます。

大切なポイントは、
思考を止め、力を抜くことです。

緊張に解れた状態を、しっかり味わう必要があります。

もちろん、こうしたケアをせず、
イヨイヨとなったら、その不調を携え、
病院へ行くという選択肢もあるでしょう。

そうなれば、自律神経失調症と宣告され、
緊張を解す薬を処方されるかもしれません。

確かに手足は暖かくなるかもしれませんが、
姿勢も正さず、運動もせず、
緊張の絶えない生活習慣に留まったままで、

果たして、身体が喜ぶでしょうか。