自然治癒力

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

生命は、常に、
そのバランスを保とうとします。

転びそうになった身体を反射的に支えるように、
失ったバランスを取り戻そうとするのです。

同じように、健康な状態から逸脱したなら、
健康な状態に戻ろうとします。

これが、自然治癒力です。

ですから、この健康な状態に戻ろうとする力を、
人為的に活かしたり、
きっかけを提供することが、

本来の治療と言えるのでしょう。

ところが、常識や思い込みが意識を操作し、
その内なる力を封印します。

姿勢や食生活などの生活習慣が、
それを阻む場合も多々あります。

また、病気になれば、
健康になりたいという意識は高まりますが、

多くの人は、その病気や症状だけが、
消えて無くなることを望んでいます。

この発想が問題ですよね。

頭が痛いなら、
その痛みが消えてほしいと、

熱が出ているなら、
その熱が下がって欲しいと望むのです。

頭痛薬や解熱剤で、
確かにその希望が叶ったかに見えますが、

それは、病因を解決せず、
問題に蓋をしただけであり、
治療とは言えません。

頭痛薬や解熱剤を
使うなと言っているのではありません。

常識や思い込みを清算し、
姿勢や食生活を改めるなら、

薬物療法にも価値があります。

本当に健康になりたいなら、
この基本に立ち返らねばなりません。