脊椎を労わる…後編

脊椎は、脳脊髄液の満ち引きするルートであり、
その良好な循環が健康体を育みます。

加えて脊椎には、多くの神経が集結しており、
各椎体が本来の位置から少しでもずれると、

神経に触れて痛みを伴ったり、
関連する臓器の機能を低下させたりします。

但し、その問題となるズレは、
0.5ミリ程度の極めて小さなモノですので、
レントゲン写真から見つけられる類ではありません。

また、エドガー・ケイシーの説明では、
第3頸椎、第9胸椎、第4腰椎の3個所に至っては、
魂とボディがコンタクトを取るポイントであるとされ、

人間が三位一体の生命となるための
最重要な部位としても、ケアが必要のようです。

こうした脊椎の機能的な問題を起こすきっかけは、
手術や骨折、事故などが挙げられますが、

最も影響を与えるのは、
日々の姿勢に他なりません。

特に背骨周囲の筋力の弱い女性は、
ちょっとした姿勢の問題が、脊椎を歪めるコトになります。

こういう風に話しが展開すると、
多くの人は「姿勢を正さなきゃ」と思い、
顎をひいて背筋を伸ばした自分の姿を想像します。

そして、例外なく、
ピシッと力の入った、立位や座位を思い浮かべます。

それはまるで、厳格な教師に説教されている
生徒のような姿勢でしょうか。

ですが、そんな力んだり、緊張したりする姿勢が、
長続きするワケもなく、

心地が悪くて続けられないと、
慣れ親しんだ普段の姿勢に戻ってしまうのです。

脊椎に良い、正しい姿勢とは、
確かに背筋が伸びた状態ですが、
満身の力を込めたモノではありません。

それは、重力とうまく付き合い、
バランスの良い楽なポイントを探した、
緊張の解放された状態を言います。

脊椎を伸ばしたその上に、
大きくて重い頭部を乗せる必要がありますが、

脊椎に対して前に、上に、バランスを取って頭部を置き、
首の筋肉の緊張が無い状態にしてあげます。

前に置くというのは、
物理的に身体の前に頭部を持って行くのではなく、
後に引くことを止めるという意味です。

上に置くというのも同様に、
頭部を引き下げるのを止めるという意味です。

首の筋肉が楽な状態になっているかどうか、
後頭部のすぐ下の筋肉を手で触ってみれば解ります。

同じように、胴体が長く、広くなるイメージを、
肩が解放されて、左右に広がったイメージを、
脚が骨盤から解放されたイメージを加えてみます。

背筋を伸ばした状態で、
すべてにおいて、解放したイメージを取りつつ、

重力と折り合いを付けながら、
程良く筋力を使っている状態が「良い姿勢」です。

さらに、歩いているときは、
足の親指が大地を蹴るイメージをします。

実際に、足の親指が大地を蹴る必要はありません。
あくまでもイメージで、十分です。

そうやって歩くコトで、
脊椎全体に対して良い刺激が伝わり、
その刺激は頭蓋骨まで響きます。

これらのワークが身に付いたら、
オステオパシィを使って自律神経の調整をすることで、

バランスの良い状態に復帰したあとも、
問題が再発しなくなります。

本来、身体は元気になろうとする力がありますが、
そのためには、条件を揃えねばなりません。

その条件のひとつが、正しい姿勢なのです。

Scroll to top