猫と自律神経

自律神経専門の自然療法所という
ひかりあめの現在のスタンスが、
より鮮明になった事件がありました。

それは昨年の夏のコトです。

例年を上回る超猛暑で、
室内で暮らす3姉妹猫たちが、

代わる代わる体調を崩してしまいました。

身体を冷やすシートなどを使用し、
もちろん空調も利用した甲斐もあって、

3姉妹のうちの2匹は10日程度で復調したのですが、

残る1匹が重症化してしまい、
熱中症に加え、子宮蓄膿症まで併発したのです。

1本ウン万円は下らぬであろう、
動物病院の炎症止め注射など、

家計に余裕の無いわが家には選べるワケもなく、
※仮にあっても受けるつもりはありませんでしたが…

その子(6歳の女の子)のために、
30日に渡るきめ細かい治療が必要となりました。

普段から走り回る元気過ぎる子で、
双子の相方に喧嘩を売るのが得意で、
食事の量は普段から少食で、

避妊手術を施していないため、
頻繁に発情する、そんな子です。

これらの特徴から、
交感神経の必要以上に優位な子だと判ります。

実際、食事の際には、
この子だけ尻尾が緊張していました。

本来、食事を取る脊椎動物は、
副交感神経が優位になり、
脊椎はリラックスするために尻尾は垂れます。

そんなその子が、以下の状態に陥りました。

①食欲が全くなくなった
②子宮から膿があふれ出てきた

治療の方針は以下の通りでした。

①まず、食事療法として、
栄養価の高い流動食を利用し、
頻繁にフラワーレメディ入りの濃縮酵母エキスを飲ませる。

②そして、毛の柔らかいブラシを使って、
頭から尻尾に向けてブラッシング・マッサージを施す。

③さらには、子宮からあふれる膿を
食べないように紙おむつを利用し、
蒸れぬよう、毎日4回以上交換する。

猫たちの飲用水には、普段からミネラルウォーターを与え、
そこにもフラワーレメディは入っていますが、

それ以外にも濃縮酵母エキスにレメディを加えたモノを、
頻繁に飲ませて、腸内環境の改善を図りました。

その子の特別食に利用したのは、こちら↓でした。

それまでの彼女たちの定番食は、
ドライフードと鰹節、
それに内臓と頭部をはずした煮干しでした。

ドライフードはこちら↓で、これは今でも利用しています。

ちなみに鰹節と煮干しは、現在では殆ど使っていません。

前述の流動食はオヤツのカテゴリーですので、
1食の量も極端に少ないのですが、

その1食を2回に分けて食べるのがやっとの状態で、
全く食べられないコトも珍しくなく、

彼女を抱いて口をこじあけ、
バターナイフを使って食べさせていました。

また、ブラッシング・マッサージは、
それこそ何万回もしました(笑)

ひとつの目安ですが、
元気を取り戻せる免疫力を取り戻すと、
マッサージの際にゴロゴロと喉をならします。

この瞬間、脊椎動物は成長ホルモンが分泌され、
元気になるための準備が始まります。

人間でも、背中をさすられると気持ちイイですが、
猫と同じように、肩から臀部に向けてさすらねば無意味です。

また、最後の紙オムツですが、
ダイソーの4セット入りパッケージが大活躍しました。

一進一退の毎日でしたが、
30日後には、彼女らしさを取り戻し、

今では元気イッパイです。

このときの反省を受けて、
家の中で暮らす3姉妹猫も、

通ってくる十数匹にも、
前述のドライフードにウェットフードを加えいます。

家の中の猫たちは、全員成猫ですので、
フレークタイプのウェットフードです。

通いの子たちは、まだ赤ちゃんばかりですので、
こちら↓を与えています。

猫たちの新しい食習慣は、
はっきり言って以前より高価なのですが、

本記事でご紹介した交感神経の優位な子が、
今では食事の際に尻尾を垂れて、
ゆっくり食べるようになりました。

人間に例えるなら、

以前は駅の立ち食いソバをすすって、
仕事に向かっていたビジネスマンが、

ゆったりと食卓に着座し、
食事を楽しんでいるような感じです。

この30日間の僕の寝不足はピークに達していましたが、
自然療法だけで快癒できた達成感は最高でした。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

靴下と自律神経

ひかりあめにおける調和療法の一つに、
クラシカル・オステオパシィがあります。

この手技を習得するには、

オステオの意味する骨、
つまり人体の骨格を学ぶ必要がありますが、

腕と脚、手と足の構造は、骨や筋肉、
血流や神経組織、リンパの構成など、

どれをとっても酷似しているにも関わらず、
僕たちの文化は腕と脚を
区別しているコトにお気付きでしょうか。

犬や猫は、人間の腕にあたる部分を前脚、
脚を後ろ脚と呼びますが、

もしかしたら、こちらの捉え方の方が
理想的なのかもしれません。

あなたのその腕、その脚の先端である、
てのひらと足先について、あらためて考察してみましょう。

寒くなると、手袋をする人も増えると思います。

僕も最近の朝のウォーキングでは、
純綿の手袋を愛用しています。

手袋の多くは5本指仕様です。

言い替えるならそれは、
5本の指がそれぞれ自由に動く手袋です。

ですが、幼かった時分、
親指だけが分離した手袋、

足でいうところの足袋のような形の
そんな手袋をしたことはありませんでしたか。

そして、その手袋をして、
雪合戦をした記憶はありませんか。

親指の自由度は確保されているけれど、
それ以外の指は、ひとまとめになっているため、

雪の玉を作ることに苦労したはずです。

足先は、この問題を背負い続けています。

靴下の殆どは、全ての指をひとまとめにしていますよね。

つまりてのひらと足先は、
酷似した構造であるにも関わらず、

足先の自由度は著しく失われているのです。

最近では、5本指の靴下や、
足袋状の靴下も販売されていますが、

それでも圧倒的に少数派です。

靴を履いてしまえば、
足の指の自由度は靴で制限されますので、

靴下に何を選ぼうが関係なさそうですが、
果たしてそうでしょうか。

僕は以前、その違いを実験的に体感しましたが、
明らかに脚全体の疲れに差が出ました。

5本指の靴下を履く方が、
同じ運動量でも疲れずに済むのです。

それもそのはずです。

指の分離していない一般的な靴下を履いて、
その上から靴を履けば、

足の指の自由度は二重で奪われますが、

一方、5本指仕様の靴下を履いて、
その状態で靴を履くと、

靴の中の空間的な余裕の分だけ、
足の指には自由が得られます。

それは、小さな自由度かもしれませんが、
その差が一日中靴を履く仕事の人に対して、

大きく影響しないワケがありません。

そして、習慣的に、
足の指の自由度が奪われた状態が続けば、

その窮屈な感覚(ある種の閉塞感のような苦しさ)
潜在意識に刻まれるコトになり、

自己肯定感への悪影響もあるはずであり、
そうした状態は当然のように、
自律神経にも影響します。

たかが靴下では決してないのです。

歳をとると、足腰が弱くなると言われています。

ですが、電子ブック「幸せな歳巡り」に記したとおり、
フンザに暮らす人々の多くは、

人生最後の日まで畑仕事に精を出すそうです。

傾斜の厳しい土地を自由に歩き回る彼らが、
足腰が弱っているとは到底思えません。

つまり、この定説じみたことは、
日本においては、もしくは文明社会においては、

そんな前提があるのではないでしょうか。

僕も今年、60歳になりましたが、
同年代の仲間は自らの老後のために、

バリアフリーへの改築を検討しているようです。

実際、転んで骨折したことがきっかけで、
寝たきりになったり、
認知症の引き金となったり、

そんなケースが珍しくないから、
彼らは危機感を抱くのでしょうが、

僕はといえば、脚も腰も若い頃と変わりなく、
毎日4キロの道をゆっくりと歩き、
段差だらけの自宅を楽しんでいます。

夏は素足で、そして冬は5本指靴下を履いて。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

趣味と学び

少々過激な発言ですが、

学校は、必ずしも要りませんが、
学びは、人生に不可欠です。

学校に行かなくても、
立派な人間になれますが、

良い人生を送る人々は、
例外無く学んでいます。

難しく考える必要はありません。

自分にとって、興味のあるコトだけを、
懸命に学べば充分ですし、

もし、「学ぶ」という表現に抵抗があるのなら、
「取り組む」と言い替えるのもアリです。

好きなコトだけに、
真剣に取り組めば良いのです。

何かを極めるためには、
付随した知識や経験が必要になりますが、

そうした形で、知識の裾野を広げるのなら、
抵抗感や苦痛は感じ難いモノですから、

結果として、バランス良く学ぶコトになります。

また、自力で解決できない壁に
必ずぶつかりますから、

情報を得るために
コミュニケーションが不可欠だと知ります。

そうなれば、語彙も増えますし、
礼儀も知ることになります。

そうやって、成長することで、
宇宙との分離感が無くなり、

健康で幸せな人生を送ることができます。

もちろん、生身の人間ですから、
病気や事故にも遭遇しますが、

学びを知り、分離感の無い人々は、
すぐにまた健康を取り戻します。

しかも、同じ間違いを繰り返しません。
彼らは、学んでいるからです。

また、トラブルに巻き込まれたり、
不幸にも直面しますが、

学びを知り、分離感の無い人々は、
すぐに軌道を修正し、
トラブルや不幸を経験に変えます。

こうして育つ、問題や課題に対する免疫力は、
学び方を知っているからこその授かりモノです。

特に日本人には、
仕事に一生懸命という人もいますが、
それは少し違います。

仕事によって得られる報酬が
目的になってしまうコトが多いからで、

それでは、エゴの延長線でしか、
ないかもしれないからです。

仕事の質やプロセスを愛し、
そこを極めるのであれば価値がありますが、

なかなか、そうはいきません。

だからこそ、唯物的な現代においては、
趣味が大切になるのです。

ですから、仕事や家事に追われて、
趣味を失うことは、

健康や幸せから、
縁遠くなるコトを意味します。

しかし、残念ながら、

趣味を持つことに、
抵抗のある人も多いのも事実です。

自分だけ好きなコトをやって
誰かに迷惑をかけるワケにはいかないと、
彼らは思うのです。

しかし、宇宙と分離し、
健康や幸せから縁遠くなってしまう方が、
よほど迷惑ではありませんか。

誰かを心配する暇があったら、
趣味に没頭すべきです。

趣味は、学びをもたらし、
健康と幸せをもたらします。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top