精霊ペポ

8年前の夏、

東アフリカのケニアから来沖された、
スワレ・マテラ長老の講演会に参加しました。

インド洋に面したミリデインという村で、
沢山の家族と暮らす、
ドゥルマの民のお一人です。

彼は、ムガンガ(夢予知者)という力を神様に授かり、
カヤンバという打楽器を使って、

霊障や病気に苦しむ人々を
癒す仕事をされています。

方法や道具は異なるものの、
誰かを癒すという仕事に共通する何かを、
共有することのできた素晴らしい講演でした。

ちなみに、その地方では、
50歳を越えると長老と呼ばれるそうですので、

僕も、こと年齢に関してだけは、
すでに、長老の域に踏み込んでいるようです。

この講演を紹介して頂いた方からは、
マテラ長老は、かなりのご高齢なので、

今回の来日が最後の機会になるだろうと
伺っていましたが、

2時間の講演の間、彼は一度も着座せず、
身振り手振りを織り交ぜた、
エネルギッシュなトークをされました。

おそらく、8年経った今も、
元気で活躍されていることでしょう。

そんなドゥルマの人々ですが、

太鼓と踊りと祈りを組み合わせた先祖供養を、
日々の暮らしに盛り込んだ、
独特な文化を有しており、

夜、その地で写真を撮ろうものなら、
ペポと呼ばれる沢山の精霊や先祖霊たちが、
被写体の中でシャボン玉のように映り込みます。

講演の中でも、その写真を何点か拝見しましたが、
それは、綺麗な乳白色の球状のもので、

大きさは、コブシ大ほどから、
人の顔ぐらいまでと様々です。

人の目には映らないので、
カメラのレンズフレアのような仕組みで、
フィルムに焼き込まれているのかもしれませんが、

その球状のペポたちは、
例外なく、バランスの良い真円を成しているのが、
僕には特徴的に見えました。

フラワーレメディの世界でも、
花の全体像の均衡の程度が、
エネルギーの持ち味を左右します。

きっと、ミリディン村のペポたちは、
日々の供養に満足しているからこそ、

綺麗で調和の取れた球状を
保ち続けているのでしょうね。

例えば、5~6人の子供たちを
被写体に写真を撮れば、
100個前後の大小様々なペポが映り込みます。

人の数より、圧倒的にペポの方が多いのです。

僕たち人間のように、
物理的な身体を宿った魂は、
実は、物凄く稀少な存在だということは、

頭では理解していたつもりでした。

しかし、こうして、
写真として目の当たりにすると、

僕たちは、多くのペポを代表して、
自由に動く身体を手に入れている有難さが解ります。

この現世に、
生きた証を遺せるということは、

身体を持つ奇蹟を許されたモノだけに、
託された力なのですから、

不平不満を言ったり、
確信や自信が無いと言って、
前進を躊躇している場合ではありません。

身体を使って前進し、
失敗は学びに変えて、

限られた人生を謳歌したいものです。

講演の後、僕はそのカヤンバを、
購入させて頂きました。

興味のある方は、
ひかりあめで演奏をしてみて下さい。

あなたのペポに、
出会えるかもしれません。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

自律神経専門の自然療法所へ

朝早くからの仕事に備え、
今朝は3時30分に目覚ましを掛けていたのですが、

アラームの鳴る、その15秒ほど前、
不思議な気配に叩き起こされました。

例によって、十分すぎる睡眠時間ではなく、
にも関わらず目覚めが妙に良いので、
不思議な朝だと感心していたのですが、

どうやら、今年最初の満月の仕業のようです(笑)
※実際の満月は4時21分でした

ご存知のとおり、満月になるその瞬間、
月と地球、そして太陽が一直線に並ぶことで、
地球に与える月の引力が最大化します。

そのため多くの脊椎動物は交感神経が刺激され、
こうした現象が起こりやすくなるのです。

有名な「狼男覚醒の原理」ですが(笑)
この序文が今日の本題と完璧に繋がるのも、

大自然からの祝福かもしれません。

さて、先週の音声マガジンでもお伝えしましたが、

今年2020年、令和2年は、
太陽系規模の解釈では特別な年になります。

この年を迎えるにあたって、
僕は11年前から、ある準備を進めていました。

それは丁度、僕の初著が出版された直後でした。

フラワーレメディへの思い入れが最高潮だった当時、
その懐の深さゆえに感じる、
ジレンマにぶつかっていました。

僕はフラワーレメディというツールを、
こよなく愛し、そして信用し、
普段の臨床に役立てていましたが、

フラワーレメディのメーカーや販売店ではなく、
安全な代替療法で、薬も通院も要らない暮らしを届けたい、
一人の自然療法家でしたので、

何かの分野専門のナチュロパスになりたかったのです。

その後、7つの代替自然療法を融合させ、
独自の調和療法を完成させたのが2016年で、

自身の体験したパニック障害と喘息、
そして乾癬の自己治療の経験を活かし、

様々な臨床と向かい合いました。

そして、11年間の模索の結論が、
自律神経問題専門というスタンスです。

自律神経という単語自体は大変良く耳にしますが、

その正体をきちんと説明できる人は、
医療職の中でさえ僅かかもしれません。

自律神経の「自律」には、
文字通り、自らを律するという意味に加え、
他からの支配や制約を受けないという含みがありますが、

この「他」というのは、顕在意識のコトです。

 脊椎動物の抹消神経の一つ。
 意志とは無関係に作用する神経で、
 消化器、血管系、内分泌腺、生殖器などの、
 不随意器官の機能を促進、抑制し調整する。
 交感神経と副交感神経からなり、
 植物性神経とも呼ばれる。

 大辞泉

そんな自律神経の諸問題と、
ひかりあめ独自の調和療法の
7つの代替自然療法との関係性はというと…、

①オステオパシィ②ウォーキング療法は、
自律神経の理想的な脈動との向き合い方を教えてくれます。

③無意識浄化療法④言動療法は、
本人の気付けない緊張状態へと無理なくアプローチします。

⑤古典占星術療法はホロスコープの示す月と、
月へのアスペクトの示す、
その人に丁度良い副交感神経弛緩術をご提供します。

さして、それらを取り入れた生活の中で、
⑥フラワーレメディは理想の心身に向けた好転速度を高めます。

更には、毎秒約800万個の勢いで再生される細胞を、
ベストな状態で作り出すために、
⑦食事療法がバックアップいたします。

つまり、これらの
調和療法の7つの代替自然療法すべては、

理想的な自律神経に調和させるための
最適な療法
に仕上がってくれました。

そして自律神経の真の調和は、
単純に病や症状を快癒させるだけでなく、

自分が大好きになる、
いわゆる自己肯定感を高めるコトにも繋がり、

人生の様々な局面で、
僕たちの毎日を充実させてくれるのです。

また、こうしたコトとは無関係そうな、
生命保険業界が声を揃える三大疾患や、
※癌・脳卒中・心筋梗塞

快癒の難しいとされる生活習慣病
※高脂血症・高血圧・糖尿病

拡大する高齢化社会で
いっそう浮き彫りになった認知症さえも、

一見そうしたコトとは無関係に思えますが、

実際には自己肯定感の低さに起因する過剰なストレスが、
不必要な緊張やバランスを欠いた食事情を生活に引き寄せ、

そうした不本意な病気を
社会に蔓延させていると考えることにも、
あなたは同意できないでしょうか。

つまり、自律神経の真の調和は、
もはや常識となりつつある社会の矛盾さえも、
激減させる可能性を秘めているのです。

ですが、ご存知のとおり、

一般的な医療機関へと出向いて、
ドクターに自律神経の問題を指摘されれば、

その状態を緩和させる薬が処方されるだけであり、
それは快癒や根治とは無縁の表面的処置でしかありませんから、

通院も投薬も、終わるコトはないでしょう。

ですが、調和療法のひかりあめでは、
13週間の奇蹟をご提供する準備があります。

全細胞再生の終わる13週間後、
あなたは心身の健全な自信溢れる人として
生まれ変わるコトも不可能ではありません。

今回の投稿をタイプしながら、
11年間の準備に費やした時間と積み重なった知識と経験が、

 求むる生命に降り注ぐ
 ひかりのあめとなる

そんな自然療法所への転身を約束させてくれました。

自分の過去に感謝すると同時に、
臨床をご提供下さった全クライアントの皆様に、
深く御礼を申し上げます。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

天候という意識体

明けましておめでとうございます。
2020年最初の投稿は、天候のお話しです。

黒魔術師になったつもりで、
ぜひ、お読みください。

何かのヒントになるかもしれません。

意識とは、物理的な生命だけが、
特別に有するモノではなく、

つまり動物や植物、微生物や細菌に限らず、
風も水も、土も光も、
意識を携えています。

そうなると、毎日の天候にも、
意識が宿っていると考えるとしても、
特別な解釈の飛躍とは言えないはずです。

沖縄を代表する台風を、
例にすると判りやすいでしょう。

台風に成長する前の、
大型雲や低気圧という存在のときでさえ、

彼らは充分に生命力を有していますが、

その意識が更に低い波動にシフトし、
渦を巻いて独走しはじめた頃には、

もう完全に、負の意識体以外の、
何者でも無くなっています。

そんな馬鹿なと思われますか?

次に台風と出会うチャンスがあれば、
そのとき、彼(彼女)に語り掛けてみて下さい。

あなたの意識を、台風の目線に合わせ、
(彼女)の怒りのエネルギーを、
まず客観的に見つめます。

台風が向かおうとしている進路を、
コントロールしたり、
ケチをつけたりする気持ちは手放します。

目の前で、あなたの大切な人が
怒りに満ちている様子を思い浮かべて下さい。

(彼女)をなだめるには、
どうすれば良かったでしょうか。

その時と、全く同じように、
荒れ狂う彼(彼女)の意識に、
真摯に接してみて下さい。

・気付いてあげられなくて、ゴメンね
・今、君のために僕に出来ることは無いかな
・深呼吸して、君の思いを聴かせて
・お互いに、楽しく生きて行ける方法を考えよう
・大丈夫、君はひとりじゃない
・一緒に生きよう

ひとりでも多くの人々が、
こんな具合に台風と向き合うことができれば、

雨や風の力から緊張は消え失せ、
天災は、天の恵みに変わるのではないでしょうか。

しかしマスコミたちは、
まるで危険物体が襲来するかのように、
全国各地に向けて放送します。

もし、あなたが台風だったら、
そんな仕打ちをされて、嬉しいですか。

しかも台風は、大きな怒りを携えた意識体です。

あなたがそんな状態のとき、
公衆の面前で邪険に扱われ、

民衆の全てに忌み嫌われた
負のエネルギーとして迎えられたなら、

自分の身が果てるまで、
暴れ狂うのではありませんか?

過剰報道に掻き立てられた、
僕たち人間の集合意識が、

(彼女)の怒りを煽っているだけだとしたら、

台風に限らず、
多くの異常気象の説明が付くと、
僕は思うのですが。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top