与えられた才

人には必ず、何かしら、
与えられた才脳があります。

ところが、なぜか、
その対極となる部分に、
僕たちはフォーカスしてしまいがちです。

つまり、自分に出来ないコトに、
思い悩んでしまうのです。

 どうして自分は、
 ○○が出来ないんだろう。

…と、出来ないコトと向き合う時間を、

自分に出来るコトを、
実践する時間にシフトし、
かつ、積極的に動いてみませんか?

もちろん、動く方向も自分で決め、
その選択と行動の結果には、責任を持ちます。

これを一日中、そして一年中、
誠意をもって続けるのです。

はじめは、小さな結果しか
残らないかもしれませんが、

出来ることのバリエーションは、
その積み重ねによって、
自ずと広がらざるを得なくなります。

例えば、昨日と今日で、
自分に出来るコトを選択した結果、

全く同じ課題に取り組んだとします。

しかし、人間の不確実性は、
時としてチャンスを提供してくれます

ちょっとした着想の違いや環境の違い、

そして、自身の手法の違いが、
微妙に違う結果をもたらすのです。

これが、才能や能力の拡大へと、
そして、可能性の拡大へと繋がって行くのです。

こうして、出来るコトが少しでも増えれば、
出来ないコトが減るワケであり、

その結果、思い悩むキッカケも減ります。

これだけでも、
充分に有難いのですが、

積極的に自分と向き合うのであれば、
さらに心掛けたいコトがあります。

それは、目標を決めておく…というコトです。

そうすることで今度は、
無意識が味方になります。

何かを実行している時、
人間の不確実性のもたらすチャンスの方向が、

目標に向かって、
無意識に軌道修正されるようになるからです。

これこそが、
目的意識を持つことの利点です。

逆の言い方をするなら、
目的や目標があっても、

何の行動もしなければ、
そこへ一歩も近付くことはありません。

エドガー・ケイシーのリーディングの中に、

 自分に与えられた仕事や環境に対して、
 常に最善を尽くせ

…という意味の言葉が
何度も、何度も、登場します。

僕たちは、何か特別な能力が、
ある日突然、宇宙からもたらされると
期待しがちですが、

そんな都合の良い偶然は存在しません。

だから今日も、出来るコトに感謝を込めて、
最善を尽くすべきなのでしょうね。

出来るコトを、日々、楽しみましょう。

僕たちの中に眠る才は、
広がりたくてウズウズしています。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

多忙と夢中

お絵描きに夢中の子供ですが、
この子は、けして多忙ではありません(笑)

いつも多忙な方って、いますよね。

そして、何かに、
夢中になっている人もいます。

このふたりは、
どちらも寸暇を惜しんで活動しますが、
彼らには大きな差があります。

「忙」という漢字は、
心を亡くすと書きます。

自らの外側で起こる刺激を感覚的に処理し、
物質的な世界に翻弄され、
我を失った状態が「忙」です。

僕たちは、肉体を携えた、
精神であるはずですが、

「忙」の状態は、心を亡くした、
精神不在の肉体と変わりありません。

彼らは、ふとした瞬間に我に返ったとき、
ある程度目標を達成していると、
はじめて安堵することができますが、

それ以外の瞬間では、
心ここに在らずの状態で奮闘しています。

そして、ついには、
その忙しさを言い訳にして、

心と向き合うコトを、
拒否し始める場合さえあります。

一方「夢中」とは、
精神優位の素晴らしい状態です。

自らの内に湧き起こるモノに対して
純粋に向き合い、

意識が、その実現に向けて、
全身全霊で取り組んでいる状態です。

これは、意識を司る霊性が、
主導権を握っている状態ですから、

肉体と精神が、理想的に調和しています。

ですから、多忙の人と違って、
夢中の人は、疲れを知りません。

今を去る約40年前、僕は高校3年生でした。

担任の教師が、職員室に僕を呼び出し、
将来、おまえは何になりたいんだ!

…と、僕に問いました。

楽譜は読めないけれど、
唄うことが大好きだから、
歌手になりたい!

…と、僕は応えました。

すると彼は、
大好きなコトなら仕事にするな!と、
僕に忠告したのです。

その時は、意味が解りませんでしたが、
これこそが、肉体と精神の葛藤に対する
答えのひとつです。

大好きなコトには、
無我夢中で取り組めます。

しかし、それが仕事になった途端、
つまり、ギャランティが発生したり、
不本意な期限が生じたりすれば、

大好きだったはずのコトが、
自分の首を絞め始めるのです。

この時に陥る状態が、
「夢中」の世界から「忙」の状態への転落です。

特に若い頃は、
この違いがはっきりしないため、
体験し、傷付いて、多くを学ぶのでしょう。

社会に出て40年近く経った今、
幾つかの仕事やプロジェクト、そして何回かの挫折を経験し、

長続きできる仕事とは、
夢中になれるモノかどうかを、僕は知っています。

そして、もうひとつ確かなコトは、
それは最早、好きとか嫌いとか言う、
主観の世界では無いという事実です。

雇用関係の存在しない、
自営業という生き方を選び、

安定とは無縁ではあるモノの、
自分のペースを優先できる、
こうした仕事との関わり方は、

夢中の状態を維持するには、
どうやら好都合のようです。

これからも、心を亡くさぬよう、
意識の高い日々を過ごしたいモノです。

そして、真の健康とは、
こうしたバランスが、

自然と成り立つ状態なのでしょうね。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

眠れぬ夜

さて、今日は、
眠れない夜について語りましょう。

ここで、花療法家らしく、
ホワイトチェストナットのレメディの効用を
説明するのもイイのですが、

そういったコトは、
フラワーレメディに携わる
多くの同志が言及していますので、

僕は違った角度から
解決策を見出してみます。

羊を数える古典的手法も悪くありませんが、
羊との縁の左程濃くない僕には、
少々無理のある設定ですし、

羊ではなく、大好きな猫の妄想に切り替えるのも、
群れを嫌う猫の本質からズレていますから、

それは違うだろ!的なダメ出しが始まり、
かえって眠れなくなるかもしれません(笑)

というワケで僕の場合は、
以下のような方法で安眠を手に入れます。

ヒントは、

眠れない夜…と、眠らない夜…は、
似て非なるモノだと言うコトです。

眠れぬ夜に、
眠らなきゃと思えば焦り、
悪循環が始まりますが、

眠らない夜は、
眠らないと決めていますから、
焦ることはありません。

これがポイントです。

さて、徹夜を決めた日に限って、
睡魔に襲われた経験は、ありませんか?

今夜は、何だか寝付けないぞと感じたら、
意識をシフトし、

今夜はこのまま、
布団の中で朝を迎えようと、軽く誓って下さい。

つまり、眠れない夜…ではなく、
眠らない夜…という設定に変えるのです。

そして、眠らないと決めたら、
次は、空想をはじめましょう。

仰向けになって布団に入り、
目を瞑ったら、

自分の上空2メートルくらいのところに、
自由に形を変える
白い煙状のモノがあるとイメージします。

その煙は、色々な形を作ります。

ハート型だったり、ドーナツ型だったり、
飛んでいる鳥のようだったり、
眠っている猫に見えたり、

自分の好きなモノで構いませんので、
自由に、色々な形を楽しんで下さい。

そうこうしているうちに、
イメージするネタが尽きてきます。

すると、トンでもない形のモノができます。

その頃になれば、
イメージするコトにも飽きていますので、

何かの形に似てるけど、
変な形だなあ…くらいの反応になります。

その時が、眠らない夜と、
別れを告げるチャンスです。

自分を取り囲む眠らない夜の設定に別れを告げ、
思考を止めてしまいましょう。

気が付けば、翌朝です。

眠剤も使わず、
ホワイトチェストナットも使わず、

眠れてしまう自分がいたりします。

眠るために必要なモノは薬ではなく、

緊張しないことと、
思考を止めることなのですから。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加

中今

中今と書いて、
「なかいま」と読みます。

かつての沖縄県知事と同じ読みですが、
当然、無関係です(笑)

これは、日本神道における
歴史観のひとつです。

永遠を活きる魂は、
いつも「今」に存在しますが、

それは、無限の時空を越え、
どこまでも続く宇宙尺度における

「普遍なる中心」を意味しており、
単なる時空上の「現在」ではありません。

神代を継承している「今」であり、
いつもここから、始まっているのです。

少々大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
僕はこの言葉に、毎日救われています。

過去さえも今の産物だということを、
教えてくれるからです。

そんなバカなと思われますか?

じゃあ、お尋ねしますが、
あなたは、全ての過去を覚えてますか?

それは、在り得ないでしょう。

印象的な思い出だけを
記憶しているだけですよね。

それを、悔やむのも、懐かしむのも、
「今のあなた」です。

忘れてしまった過去も沢山あって、
その中にも大切な出来事もあったはずですが、

あなたが囚われているのは、
その中の「ほんの一部」でしかなく、

しかも、多くの場合は、
わざわざ気分を沈ませるために、
それを思い出しています。

馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

今のあなたが、
「よし、終了!」と決めれば、

他の思い出たちと同じように、
あなたの記憶の中に、それは大人しく身を潜めるはずです。

同じように、未来に対して、
憧れる人が多いのにも驚きます。

これも、今のあなたが憧れているだけです。

今の自分に満足できないのなら、
未来に希望を託したい気持ちは解ります。

しかし彼らは、
今の自分の延長が未来の自分だと言う
大切な事実を見落とし、

何か別の自分が、
未来を切り拓いていると妄想しているのです。

今のあなたを、
今、プラスに転じさせなければ、
未来のあなたは、今のままです。

つまり、今は、これだけ大切です。

無限なる宇宙の中心として
大きな価値を持つのが、今、この瞬間なのです。

ひかりあめとLINE@で繋がりましょう

あなたの日頃から抱えているお悩みや疑問、
健康面のご相談にも可能な限りお応え(最長2営業日以内)します。

ささやかな特典も用意しておりますので、お気軽にご登録下さい。

友だち追加
Scroll to top