アウトプットの大切さ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

明日から師走だというのに、
まだまだ日差しの強い、ここ沖縄では、
伝統のクバガサが手放せません。

強烈な日差しから頭部を守り、
その独特な構造が頭部に涼しい風を送り込む、
まさに魔法の帽子です。

材料となるクバという植物は波動が高く、
沖縄の聖地には、必ず植栽される程で、

日中の外出が苦にならないばかりか、
高い波動と心地良い涼しさからか、
楽しい気分さえ感じてしまうのが不思議です。

沖縄へお越しの際は、ぜひお買い求め下さいね。
日本中で流行るとイイなぁ。

さて、今日は、
アウトプットの大切さをお伝えします。

Facebookのヴィーガン友達が、
先日、過労で倒れてしまいました。

本人は、ビタミンB12不足を懸念し、
血液検査を受けられたそうです。

確かに、ベジタリアンにとって、
この栄養素は摂取し難く、
不足すると健康被害に繋がると言われています。

ですが、こうした問題の捉え方に、
大きな落とし穴があることに、気付かねばなりません。

つまり、身体に何等かの問題が起こると、

何かの摂取が不足しているのではないかと、
まず考えてしまう観念にも問題があるのです。

話しが飛びますが、

僕のホロスコープ療法を受けた方は、
水星(学びの天体)の力を活かすコツとして、

学ぶより、教えるコトに注力しなさいと、
僕に言われたと思います。

ここにも、実は同じ法則が隠れています。

セミナーを受ける(=学ぶ)のは好きだけれど、
学んだ内容を活かすコト(=教える)が、
出来ていない状態が、まさにこれで、

知識が「便秘」を起こしている状態ですね。

あなたが、家具や食器など、
新しいモノを買おうと思ったら、

古いモノを処分しないと、
家の中は大変なコトになります。

全ては、エネルギーの流れと考えられる以上、
宇宙における流れの原則として、

まず、しっかっりアウトプットした上で、
インプットしなければならないのです。

そこで、先程の友人の話しに戻ります。

彼女は、大変な勉強家で、
ビタミンB12についても良く学ばれており、

そして、それをお客様に伝えることにも積極的で、
理想的なアウトプットを日常化されています。

ですが今回、過労で倒れる経験をされ、
もしかすると、自分はビタミンB12不足かもしれないという、
不安に襲われることになりました。

ビタミンB12の必要量は、とても微量なのですが、

生物に常住する微生物が生み出す栄養素のため、
動物を食べないベジタリアンは摂取し難いのです。

ですが、何も食べない「不食」の人でも、
まったくを以て健康な人が存在するなど、

このビタミンB12に関する情報が、
どこまで真実なのか、実際には判っていません。

僕自身も10年近く、純菜食をしていますので、
栄養学サイトで言われていることが真実なら、

とっくの昔に、悪性貧血になっていたはずです。

そんな僕が参考にしたのは、
ゴリラやチンパンジィの生き方です。

彼らも純菜食ですが、人間と比較すると、
洗って食べることに対して、あまり拘りません。

そのため彼らは必然的に、野菜や果物に付着した土等から、
微生物を摂取することになります。

ですから僕も、それに倣い、
信頼できる野菜や果物の入手を心掛け、

それを、大雑把に洗って食べたり、
漬物に仕込んだりするようにしています。

必要な微生物が、微妙に残留しているだろうなぁと思える、
そんな洗浄加減を大切にしているワケです。

決して積極的に土や虫を、
食べているワケではありませんよ(笑)

…と、この話しの流れでは、
インプットのお話しですよね。

ここからが、今日のお話しの大切な点です。

ビタミンB12に限らず、B群系のビタミンは、
ストレスや過労で消費しやすくなるという点を、
僕たちは、思い出す必要があるのです。

そうです、「消費」もアウトプットの一種です。

人間関係に思い悩んだり、
仕事に忙殺されたような生き方をすれば、

エネルギーの無駄な消費や浪費を強いられ、

どんなにインプットを心掛けても、
健康を維持することは困難になってしまいます。

ですから、消費型のアウトプットを見直し、
仕事や家事で、リラックスして楽しめる方法を見出せば、

無駄な消費や浪費が無くなるため、
少量でも良質な栄養源を活かせるようになるのです。

そんな暮らしを、目指したいモノですね。

魂の学舎…本日開校します

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

画像の象、幸せそうですね。
動物好きには、たまりません(笑)

この象の笑顔を、Pixabayで見つけたとき、
魂の合意した姿だなと感じました。

今日、ご案内する『魂の学舎』は、
そんな魂の合意した、自然体と関係するものです。

2日前から、サイト上では公開していましたが、
本日付けで、正式に『魂の学舎(がっこう)』をご案内しますね。

それは、人体の全細胞再生に費やされる13週間をかけて、
あなたの魂のステージを上げる学校です。

このミッションは、2014年の10月末に、
宇宙から授かったモノでした。

その時の僕は、このミッションの他にも、
沢山のコトを宇宙から教えて頂いたのですが、

なぜか、このミッションに関しては、
49箇月の準備期間が要ると伝えられていました。

4年1箇月という中途半端な期間ですが、
どうやら、完成を意味する「7」を、7回足し込んだ数という、

数字の好きな宇宙らしい計らいだと、今は感じています。

それにしても、49箇月もの間、
何を準備せねばならなかったのでしょう。

それは、数々の実験でした。

基本となる対象者は、もちろん僕だったのですが、
クライアントさんにお願いした内容も、幾つかありました。

そして、ダントツに時間の掛かる準備が必要となったのが、
古典占星術の生活への応用実験でした。

ですが、この実験が無ければ、
魂の学舎』は実現できないと断言できます。

それほど、ホロスコープの示す調和点は、超!大切なのです。

そんな、『魂の学舎』なのですが、

毎週1回のZoomセッションと、
毎日のLINEによるサポートで丁寧に繋がりながら、
2つのスキル習得を目指して頂きます。

クライアントさんのホロスコープに応じた、
数々の課題のクリアも、もちろんご一緒します。

そして、これら2つのスキルに共通しているのは、
魂の合意した心身に近付くコトと言えるでしょう。

①セルフ・チャネリング

それは、本来の自分と繋がる喜びを体感するスキルです。

チャネリングというと、
高次の意識体との交信や、

守護霊や守護天使とコミュニケーションする
特別な能力を思い浮かべるかもしれませんが、

僕たちがまず繋がるべきは、
本来の自分(=魂)でしかありません。

この段階を飛ばして、高次の意識体や、
守護天使と繋がったところで、
再現性が無いばかりでなく、

健康被害につながることも少なくありません。

それは、僕たちが3次元時空の存在であって、
次元の壁を超越したコミュニケーションには、
自分の核(=魂)を経由せねば無理があることを意味します。

前述のとおり、

魂の合意した自分である状態が日常化し出すと、
瞑想などを介す必要も無く、
自分の核と繋がることが可能になります。

②アストラル・トラベル

このミッションを受け取った当時の僕は、
アストラル・トラベルは特別なスキルだと思っていました(笑)

僕たちが自然回帰(海や山の自然に触れること)によって元気を得るように、
僕たちの魂は、アストラル界で英気を養うことでパワーが漲り、
さらなるチャレンジが可能となります。

つまり、大切な魂が英気を養うためのモノなのですから、
特別なスキルのワケがないのです。

身体と心から魂を解放する自由を手に入れるのですが、
それは、決して幽体離脱ではありませんよ(笑)

こうして、魂の合意した心身に近付けば近付く程に、
素敵な数々の贈り物を、受け取るコトができます。

①経済的な自由を手に入れる
②理想の体型を手に入れる
③姿勢が良くなる
④遠くまで届く声になる
⑤心臓への負担が減る
⑥自浄力が高まる
⑦記憶力や視力が高まる
⑧無意味なパートナーシップから解放される …等々です。

前述のとおり、その人その人に相応しい調和点は、
古典占星術に則ったホロスコープ療法から、
丁寧にお伝えさせて頂いています。

そしてそれらは、行動してこそ意味あるものばかり。

ですが、実際に行動してみると、
結果がただちに反映されることは殆どなく、
選んだ言動に自信を失うケースも少なくありません。

それは、僕たちが時空の制限の中にいるからです。

植物の種をイメージして下さい。

あなたの起こした言動の結果が、
芽生えるためには時間が必要ですし、
さらには、芽生えるための相応しい環境も必要です。

酸性の土壌に、青い花は咲けないのです。

つまり、せっかく調和点に辿り着くための、
完璧な羅針盤を古典占星術から手に入れても、
自分がどこにいるのか判らないことになりかねないのです。

人生において、こうした経験は無駄ではありませんが、
大きく変わろうとしている、日本や世界、そして地球と向き合うためにも、

最短、最速であなたの調和点に辿り着いて頂くための最高の場、
それがこの、『魂の学舎』なのです。

あの日から、丁度49箇月経った今日、
あなたにご案内できることを、とても嬉しく思います。

→『魂の学舎』ご紹介ページ

相似的共鳴と機能的共鳴

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

難しそうなタイトルですが、
大切なお話しですので、最後までご精読下さい。

共鳴とは元来、同じ周波数を持ったもの同士が、
互いに強い反応を示す自然現象であり、

「類は友を呼ぶ」で例えられる、宇宙の法則でもあります。

ちなみに、僕の正業である
フラワーレメディの治療原理も、
この共鳴が引き起こすものです。

同じ周波数やオクターブ違いの周波数が存在すると、
それが音源であれ、光源であれ、振動であれ、
必ず共鳴現象が起こります。

あの「津波」も、共鳴の起こす現象ですが、
海上の周波数の同じ波同士が共鳴合成して、
大きなうねりと化すモノです。

そんな共鳴の類の中にあって、
沖縄ではポピュラーな風水にも関係する現象が、

今日ご紹介する、相似的共鳴と機能的共鳴です。

まず一つ目の相似的共鳴とは、
色や音ではなく、形が似ているモノ同士の共鳴です。

形や姿の放つ波動が、
それと似た形や姿を持つ何かしらに、
影響を及ぼす共鳴です。

プリニウスの記した「植物誌」には、
クルミを使った脳の治療について書かれていますが、

殻を割った状態のクルミの実は、
確かに脳の形に似ていますよね。

そのため、頭部に障害のある患者に対して、
クルミを食べさせたり、
クルミオイルを頭部に塗った記録が残っています。

このように、形状の似ているモノ同士が、
互いに影響を与え合うことを、
相似的共鳴と言います。

神社の厄払い行事で、人形(ひとがた)の紙を使う儀式も、
この相似的共鳴の原理を活かしたモノです。

フラワーレメディにおけるレメディ植物探しも、
この共鳴を応用したものですから、

そんな意味でも、相似的共鳴については、
僕は、かなり以前から認識していました。

ところが、つい最近まで、
二つ目の機能的共鳴がノーマークでした。

それは、機能的に似ているモノ同士が、
互いに強く影響を与え合う共鳴です。

つまり、機能や性質もエネルギーだったというワケです。

例えば、僕の大好きな断捨離。

断捨離をすると、
納戸やロフトの風通しが良くなります。

風水的に言うと、屋根裏のような場所は、
その家の住人の頭部と、機能的に似ているため、

この部分が綺麗に掃除され、
風通しが良くなったりすれば、

その家の住人の頭部の問題が解決したり、
脳がすっきりして、良いアイデアが浮かんだりと、

そんな状態を引き起こすことになるのです。

それから、掃除好きな僕は、
台所や洗面所、風呂の排水周りを、
少なくとも週に一回は掃除するのですが、

排水周りとは、ポンプを意味することから、

これは、その家の住人の、
循環機能や心機能を高めたり、

妊婦さんのいらっしゃるご家庭では、
胎児のコンディションを、
改善したりすることに繋がるのです。

風水というと、縁起の良し悪しがメインですが、

実際には、その家の家相における相似的、
あるいは機能的共鳴が、

僕たちの生活に及ぼす影響を、
暗喩しているのでしょうね。

ぜひ、そんなコトを意識しながら、
毎日の掃除と向き合ってみると楽しいかもしれません。

書斎の机上を掃除しただけで仕事が捗るのも、
きっとこんな共鳴現象のお陰なんでしょう。

世界中の主婦、主夫の皆さんは、
家事を通して、ご自宅の波動改善をしているのです。

これは、誇るべきことですね。

現実を素敵にするテクニック

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

僕は、自他ともに認める断捨離好きです。

この家は、職場でもありますので、
断捨離が進めば進む程、
オンでもオフでも、快適さを実感できます。

そして、断捨離を楽しめば楽しむ程、

生活に必要なものとは、
意外と少ないということを知ります。

かつて、納戸やロフトにあった荷物は、
実際、殆どが不用品でした。

沖縄県内で、軽トラック1台分、
ゴミを詰め放題というサービスがあるのですが、

その値段を聞いて驚きました。
スタッフが1人ついて、35000円だそうです。

45リットルのゴミ袋が、40袋積み込めるんだとか。

結局、そんな予算を捻出するのは勿体なかったので、
自分でコマメに分別し、
村のゴミ収集日に少しずつ出しました。

全部の処分に、3か月掛かりました(笑)

その3か月の間、わが家のロフトは天井が低いので、
何度も頭をぶつけましたが、
35000円稼ぐつもりで辛抱した甲斐があり、

日々、ロフトで遊ぶチア(三姉妹猫の長女)には、
なかなか好評のようです。

さて、今日は、

現実を素敵にする、簡単なテクニックをお伝えします。

この3次元の現実世界において、
何か問題が起こると、

つまり、自分の現実に何かが起ころうモノなら、
多くの人は他人や状況に、その原因を見出します。

しかし実際には、問題はそんなところから来ておらず、
例外なく自分の内側から来ています。

実は、物理的な「現実」とは、

自分の中にあるモノを、鏡のように映し出して、
僕たちに気付かせてくれる、

そんな「存在」だと理解すれば、きっと判りやすいでしょう。

つまり、自分の人生の中で、
何か好ましくないコトが起こっているのなら、

それは自分の「観念」の中に、
変えるべき何かがあることを、

その「現実」が見せてくれているのです。

僕たちの持つ「観念」とは、
日頃、意識しようにもできませんが、

これが実に強力に、僕たちの人生を左右します。

ひとつの例を挙げましょう。

僕たちは、往々にして、
「人生は、もがき苦しむものだ」と、
思い込んでいる傾向があります。

もし、今のあなたの人生に、
もがき苦しむ状態が展開されているのなら、

それは、あなたがこの観念を持っていて、
それが現実に映し出されているコトになります。

「もがき苦しむ」という言葉は、
どう聞いても否定的な響きしかありませんよね。

しかもリアルで、パワフルな否定的な響きです。

苦しくなるのも当然です。

これを、「チャレンジ」という言葉に置き換えます。
「チャレンジ」は肯定的な響きであり、興奮さえ覚えます。

また「チャレンジ」は、自分を成長させますし、
拡大させるエネルギーも有します。

ですから、「人生は、もがき苦しむものだ」という観念を、
「人生は、チャレンジだと」という新しい観念に、

今日から書き替えるのです。

そんなことが出来たら苦労しない…という、声が聞こえます(笑)

確かにそうです。

観念を変えるなんて、とても難しく感じさせますし、

多くの場合、観念とは、ひとつの観念があると、
その観念しか、あり得ないように感じてしまうものです。

そのせいで、他の観念に気を散らされることなく、
集中してその観念を選ぶことができてしまい、

何かを体験する度に、
その観念を持っていることすら忘れ、
それを現実に投影するのです。

つまり、ネガティブな自動システムが、
あなたのパーソナリティに定着しているのです。

ですが!

観念を変えることは、難しいのではなく、
難しく「見える」だけです。

古い観念を書き直すのではなく、
あなたから「それ」を抜き取って、捨てて下さい。

そして、新しい肯定的な観念を「そこ」に差し込んで、
自分の感情とエネルギーを、注ぎ込んで下さい。

この新しい肯定的な観念を、
あなたの愛情で、しっかり感じて下さい。

エネルギーが高まって来ることを感じて下さい。

自分には、肯定的で素晴らしい観念が、
今、インストールされたのだ!と、宇宙に宣言して下さい。

その上で、世界を見回して下さい。
現実を見て下さい。

すると、人生がチャレンジである証拠が、
あちらこちらに、散りばめられていることが判ります。

この観念のシフトが成功すれば、
日常のあらゆる場面に、小さな幸せを見つけられるでしょう。

それこそが、肯定的な観念が、
現実に映し出され始めた、最初の瞬間です。

親が、事ある毎に、子供に言う言葉の一つに
「頑張ってね!」というのがあります。

僕の実家の母親も、
電話の最後の締めの言葉が、いつもコレでした。

おそらく、こうした類の声掛けが、

人生とは、頑張らねばならないもの、
もがくもの、というイメージを、与えたのではないでしょうか。

これからは、「楽しんでね」とか、
「チャレンジしてね」とかに、変えてみませんか?

肯定的な観念を、あなたのパーソナリティに馴染ませ、
エキサイティングな人生を、楽しみましょう。

Scroll to top