お腹の虫の正体/前編

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

この一週間、久しぶりに酵素クレンジングをしてみました。

特に目的は無かったのですが、
記録を調べてみたところ4年ぶりでした。

僕の普段の食生活は、一日一食ですが、
これは、食事らしい食事を夕飯に頂くことを意味し、

朝も豆乳ヨーグルトと四季柑ジュースを頂きますし、
昼は発酵豆腐入りサラダを頂戴します。

ですので、完全に一回だけの食事を
励行しているワケではありません。

そして夕飯には、純菜食レシピを、
腹六分で食べるのが、僕のスタイルなのですが、

この一週間に限っては、酵素補給をしっかり行って、
腸内のクレンジングをしたかったため、

夕飯の主菜は、加熱料理抜きの純菜食にしました。

いわゆる、ローフードです。

ご存じの方も多いと思いますが、
酵素は50度以上の加温で死滅しますので、
食材を温める場合は、注意が必要です。

ちなみに昨晩は、モズクを調理しましたが、
普段は熱湯をかけて、海臭さを取るのですが、

試しに、50度洗いをしてみたところ、
臭みを感じることなく、充分に美味しく頂けました。

熱湯1に対して、常温の水を1用意すれば、
簡単に50度未満の水が用意できますので、

50度洗いは意外と簡単です。

こんな感じで、減食生活を楽しんでいるのですが、

そのため、午後も深まると、
お腹の虫が良く泣くこと…(笑)

ちなみにあなたは、
お腹の虫の正体をご存じでしょうか。

あらゆる哺乳類の小腸の入り口には、
食べ物を待ち構えているセンサーがあります。

断食などで、いつまで経っても食べ物を検出できないと、
焦った小腸は、モチリンという消化ホルモンを分泌します。

このホルモンは、胃を小刻みに収縮させる働きがあって、
胃に残っているかもしれない食べ物を、
小腸に搬送させようとするのです。

この時の音を例えて、
お腹の虫が鳴いている…と呼ぶんですね。

そして、モチリンで胃を絞り出しても、
何も食べ物が流れて来ないと、
人体は次の作戦を開始します。

空腹に気付いた胃は、
グレリンというホルモンを胃粘膜から分泌させ、

脳下垂体を刺激して、食欲を出させるのです。

通常は、お腹の虫が鳴いた時点で、
何らかの食べ物に、手を出す場合が多いですから、

グレリンは登場せず仕舞になりがちですが、
実は、特筆すべきコトが、この後に隠されています。

刺激された脳下垂体は、成長ホルモンを分泌するのです。

成長ホルモンは、またの名を、
若返りホルモンとも呼ばれており、

お腹の虫が鳴いても食事をせずにいれば、
若返り効果が楽しめるというワケです。

そして、この若返りホルモンが、
ある遺伝子のスイッチを入れます。

最近、良く耳にするようになった、
延命遺伝子こと、サーチュイン遺伝子です。

単細胞生物をはじめとした、あらゆる動物において、
食事の量を半分にしたら、
1.5倍長生きしたという実験があり、

この遺伝子を活性化させる条件が、
飢えと寒さなのです。

サーチュイン遺伝子は、この条件が揃うと、
身体中の遺伝子をスキャンして、
傷付いている遺伝子の修復を開始します。

ですから、空腹をしっかり体感することは、
老化を食い止め、細胞再生に有用だというわけです。

…と、ここまででも、かなりの恩恵なのですが、
体内では、さらなるドラマが繰り広げられるのです。

長くなりましたので、
この続きは、明日お届けしますね。

2順目の土星回帰

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

本日、メルマガの最終号を発刊いたしました。
12年間に渡るご愛読、本当に有難うございました。

さて、わたくしごとですが、
明後日、僕は59歳になります。

29.5年周期で太陽を公転する土星ですので、
自身の誕生日に土星回帰を迎えるのは、
人間の場合、2順目の59歳と、4順目の118歳の2回です。

1順目の29.5歳当時の僕は、
占星術とは出会っておらず、

また、間近に迫った福島への職場移転に向け、
多忙な日々を送っていましたので、
その時期の心象風景の記憶はありません。

また、118歳まで生きる人は、そう多くないでしょうから、
ある意味では、59歳のこの時が、
唯一のチャンスと言えそうです。

何のチャンスか…といえば、それは、
土星期に相応しい自分であるかを確認する好機なのです。

ですが、10ハウスの起点に山羊座の土星が重なる僕の場合、
その好機は、ある意味では一大事でした。

占星術、とりわけ古典解釈の占星術における、
僕の出生の土星と向き合おうと思うと、

因縁的とも言える大きな課題の扉を開ける必要があり、
この1ヶ月間、ブログ更新さえできなかったのは、
簡単に言えば、余力が無かったのです。

特に古典では、4ハウスの起点の対極に、
誤差ゼロで土星があることも意味しているため、

地球における数百回の過去世とも、
向き合わねばなりませんでした。

心身的にも相当負担が掛かったようで、
人生3回目の胃痙攣も経験してしまいました。

にも関わらず、まだ何も解決しておらず、
そればかりか、その課題の大きさも深さも、
思っていたよりずっと大きく、そして深いと知り、

開いてしまった課題の扉を、後悔したほどです。

ですが、このタイミングでしか、
清算できないケジメもありますので、

そうした課題と気長に付き合いつつ、
土星期に相応しく生きようと決意した次第です。

こうして、久しぶりに、
ブログ記事をタイプしていると、

この一ヶ月間に知り得た様々な情報が、
僕からアウトプットされるのを待っている感覚もあり、

あやふやではあるものの、
邁進あるのみなのだと感じます。

僕にとって邁進は十八番のはずですが、
この決心には時間を要し、
生身の人間なのだなとも痛感しました。

さて、今回、

週刊メルマガを閉刊するにあたって、
お知らせした内容ではありますが、

過去12年分のメルマガ記事を、
今の僕に相応しい新たな意味づけを行いつつ、

新しい記事として、こちらのブログへの投稿を、
10月より本格化させて頂きます。

また、8月から始めさせた頂いた、
LINE@のアカウント関係の制限から、

月例ウェビナーは第3日曜夜開講の、
ハッピィ・エイジングに一本化し、

その中で折に触れ、フラワーレメディの臨床情報や、
講座では得られないディープな話題もお話しさせて頂くことにしました。

皆さんと、末永く繋がって行くためにも、
力を抜きつつ、最前を尽くせる僕であろうと思います。

Scroll to top