興味深い占星術アプリ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

僕がホロスコープ療法を始めた頃は、
日本製の占星術ソフト、Stargazerを使用していました。

当時は、現代占星術ベースでしたので、
クセの強いパソコン版ソフトではあったのですが、
鑑定資料を作ることに問題はありませんでした。

ところが、古典占星術と出会ってから、
このソフトが役に立たなくなり、

Facebook友だちからご紹介頂いた、
AstroGoldというAndroid版占星術アプリに切り替え、
こちらの製品を未だに愛用しています。
※本日の時点で3031円の製品です

英語版ではありますが、
マンマシン・インターフェースが優れているので、
とても気に入っているのですが、

古典占星術の特徴でもある、
惑星ごとのオーブ設定ができないため、
アスペクト検査は手動で行う以外にありません。

そんな折、一週間程前だったでしょうか、
Planetdanceという、これまたAndroid版の、
興味深いアプリを見つけました。
※本日の時点で550円の製品です

ニュージーランド在住の、僕と同世代の男性の作品で、
もちろん英語版で、
これまで以上にクセの強いアプリなのですが、

この製品は、なんと、
惑星ごとのオーブ設定が可能!なのです。

残念なのは、ヴァーテックスをサポートしておらず、
パート・オブ・フォーチューンにいたっては、
太陽の昼夜を手動で切り替えねばなりません。

個人の幸運の増大と関連する重要なポイントとされる
パート・オブ・フォーチューン(以下、POF)は、
アセンダントと太陽、月から算出するのですが、

古典占星術では、その際に、
昼と夜のチャートで異なる算出方法を用います。

太陽が1から6ハウスにあれば、それは「夜のチャート」、
7から12ハウスにあれば、それは「昼のチャート」です。

上図(Planetdanceのスクリーンショット)を見て頂ければ判りますが、
僕のチャートの太陽は、7ハウスにありますので、
「昼のチャート」に分類されます。

そして、POFの算出方法は、以下の通りです。

 昼のチャートのPOF = アセンダント + 月 - 太陽
 夜のチャートのPOF = アセンダント + 太陽 - 月

前回の定休日の3日間は、翻訳ソフトと睨めっこで、
このアプリの操作方法の独習に没頭し、

それでも判らなかった疑問点は、
作者に問合せのメールを送ったりしました。
※即日にお返事を頂戴しました

実は、どういうワケなのか、昨年末から、
英語によるコミュニケーションの機会が増えています。

このアプリが短期間で使えるようになったのも、
英語に対する苦手意識が、
手放せていたからかもしれません。

これからは、これら2つのアプリを駆使して、
より精度の高い鑑定に取り組めそうです。

フラワーエッセンスの調合に関するお知らせ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

今日は、旧正月ですね。

旧暦を大切にする、ここ沖縄では、
新暦の正月並みの盛り上がりをみせます。

そして、この平成30年も、
今日が「真の幕開け」となったワケです。

この絶妙なタイミングに、
かねてから検討させて頂いていた、

フラワーエッセンスの調合に関する、
2つのお知らせをご案内いたします。

●調合希釈液のバリエーションについて

フラワーエッセンスを調合する際の希釈液は、
これまで、①ブランデー、②純リンゴ酢、③シークワサ蜜酢
…の、3種類からお選び頂けましたが、

本日より、③シークワサ蜜酢…を、
バリエーションから外させて頂きます。

当所における独自の長期保存実験から、
エッセンス保存料としてのシークワサ蜜酢が、
ブランデーや純リンゴ酢に劣る点、
※3か月程度の保存には問題ありません

また、添加されている蜂蜜が、
希釈液にオリを発生させやすい点、

また、生物界の調和の観点から、
蜂蜜の使用には問題がある点などが、

ひかりあめの調合希釈液として、
相応しくないと判断いたしました。

その独特の甘酸っぱさが、
小さなお子様を中心に人気の高った希釈液ですが、

本日より、ブランデーと純リンゴ酢の、
2種類とさせて頂きます。

●ハーフサイズ調合ボトルの取り扱いの終了

ひかりあめでは、
フラワーエッセンスの調合用ボトルとして、

10mlのハーフサイズ、20mlの標準サイズ、
そして、30mlのワイドサイズの、
3種類を準備させて頂いておりましたが、

在庫が無くなり次第、
10mlのハーフサイズの取り扱いは、
終了させて頂くことにいたしました。

もちろん、リサイクル用としてご使用中の、
ハーフサイズボトルは、今後もご利用頂けますし、

新規でハーフサイズのエッセンスを希望される場合は、
標準サイズのボトルに半量を調合させて頂き、

ボトル料金として35円+税を、追加でご請求させて頂きます。
※10mlボトル(410円)と20mlボトル(445円)の差額

お知らせは、以上となります。
何卒、よろしくお願いいたします。

素敵な旧正月を、お過ごしください。

総合鑑定を始めました

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

ただでさえ、長時間を要するホロスコープ療法が、
さらにパワーアップしてしまいました(笑)

これまでご提供して参りました本セッションは、
基本鑑定80分9500円+税として存続させ、

あらたに、総合鑑定140分16500円+税のコースをご用意しました。

基本鑑定では、これまで通り、

人生のシナリオを司る惑星たちからのメッセージを、
ご希望の鑑定内容を中心に紐解き、
現世をポジティブに生き抜くためのヒントを探って参ります。

この内容に加えて、総合鑑定では、

過去世からのギフトの受け取り方、
精神的成長に向けたプロセス、
ソウルメイトたちとの約束、
現世のミッションと葛藤の調和について、

総合的に鑑定させて頂きます。

実は、このアイデア、数日前の朝の瞑想後に、
僕の月と重なる冥王星から届いたように思います。

冥王星は、3次元生命の陰陽波動の根源と言われていますが、
の情報には、少々鳥肌が立ちました。

しかも、ビジョン付きのインスピレーションでした。

そして、その情報をもとに、
僕のチャートを分析したところ、
その立体的な鑑定内容に感動さえ覚えました。

僕たち日本人は、500前後の過去世を有し、
その転生で得た叡智を魂の中に記憶しています。

特に僕は、現世が最後の転生ですので、

過去世からのギフト(=魂の経験と知識)を、
しっかり受け取って、
現世のミッションを成立させなければ、
もったいない人生になってしまいます。

古典占星術の提供する中庸の考え方、
つまりチャートの中央こそが、
目指すべき調和のポイントであるという事実、

そして、過去世からギフトと現世のミッションとの関係、
それを応援するために転生しているソウルメイトたちとの約束、

…等々、こうした内容を鑑定するために、
新しいディスポジター・ツリーが必要になりました。

ちなみにこちらが、これまでのディスポジター・ツリーです。

上図は僕のディスポジター・ツリーですが、
これに対して新しい図は以下のようになります。

参考文献などは、存在しません。
すべて冥王星からのインスピレーションです。

最近、香港風水の勉強も始めたのですが、
その影響でか、

宿命と運命との関係について熟考する脳になったため、
新しい扉を開いてしまったのかもしれません。

また、古典占星術では現代占星術のように、
黄道十二宮を土星外天体が支配しませんが、

土星外天体の波動レベルの存在の認識は、
すでに数千年前からあって、

物質的な(3次元時空的な)陰陽波動を届ける惑星、
精神的な陰陽波動を届ける惑星、
3次元生命の陰陽波動を届ける惑星が、

土星の外周にあると信じられて来ました。
※上から天王星、海王星、冥王星です

つまり、精神的成長に向けたプロセスとは、
こうした叡智なくして、導き出すことはできません。

精神的成長のプロセスを歩みはじめると、

土星外からの物質界への陰陽波動は、
土星、太陽、月の波動と共鳴し、

精神的な陰陽波動は、
水星、木星の波動と共鳴し、

3次元生命の陰陽波動は、
火星、金星の波動と共鳴します。

ちなみに、現代占星術では、
ディスポジター・ツリーを描く習慣はありませんが、

この土星外波動の流れを理解するためには、
古典占星術で培われた伝統的なディスポジター・ツリーも、
このままでは不十分だと判ったのです。

そして、この内容を反映したネイタルチャートがこちらです。

書き込みが倍増してます(笑)
手計算を含めて、鑑定のための下準備が、
またまた増えてしまいました。

先日、ホロスコープ療法を受診された方が、
フラワーレメディの専門家である僕が、
どうして占星術を使い出したのか不思議だったけれど、

鑑定を実際に受けてみて、
その必然を体感できたとおっしゃって下さいました。

実際、フラワーレメディにおける太陽法が確立した年に、
冥王星が発見され、占星術界の大混乱が始まっています。

エドワード・バッチも、
自身の開発したトゥエルブ・ヒーラーズを、
占星術との関連付けを試みた事実もあり、

フラワーレメディストである僕が、
占星術を手掛けたり、

冥王星からのインスピレーションを受け取ったりしても、
何の不思議もないのではないでしょうか。

この新しい総合鑑定が、必要な人に届きますように。

次のステージへ

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

2009年に発刊された、僕の初著です。

書籍データを失って、
重版できなかったこともあり、

今月、2月末で、流通から姿を消すことになりました。

アマゾンやhontoなどで、ご覧頂けるのも、
残すところ、3週間ほどです。

この出版は、僕に様々な出会いを引き寄せ、
純菜食者となる、大きなきっかけにもなりました。

電子図書では、こうはならなかったと思います。
やはり、本は紙がイイな、僕は。

先日、久しぶりに通読してみたのですが、
あの頃の僕のエネルギーに満ち満ちていて、

その本気度満載具合が、愛おしくなりました(笑)

今を去る14年前、那覇の市場内で開業し、
蒸し暑かった店内にエアコンを設備したくて、
銀行に融資を頼みに行ったことがあります。

その日の融資担当者の男性職員は、
こう言って、僕の融資を断りました。

 薬事法や酒税法と闘う姿勢は買いますが、
 日本で合法的ではない事業に融資はできません。

あたりまえです(笑)

そうであるなら、僕が広告塔になってやろう!
そんな思いが、この本の出版の原動力でした。

そりゃ、本気!なはずです(笑)

そうした沢山の思い出は、タイムカプセルに詰め込んで、
懐かしい本名「暢弘」を取り戻した僕は、

次のステージに向かいます。

それって何処です?って、聴かないで下さいね。
僕にも判らないんですから(笑)

そうそう、野望は変わりませんよ。

幸せなお金持ちになって、
沖縄中の基地を、森に返します。

もちろん今は、ただ漠然と、妄想をしている段階です。

でも、こんなコトが現実化したら、
沢山の沖縄の大人たちから、きっと反感を買うのでしょうね。

でも、彼らの子どもたちも、そして動物たちも、
例外なく喜ぶと思うのです。

未来は、子供たちのためのものですから。

SSLに対応する

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

去った1月26日、ひかりあめのウェブサーバーを、
SSL対応へとシフトいたしました。


※契約先ウェブサーバーから転載

ちなみにSSL化の概念は、上図のような感じです。

上の例のような、パスワードだけでなく、
お問合せフォームなども対象となります。

ところで、昨今のブラウザは、
暗号化通信がなされていないサイトを、
一目で確認できるようになっていますよね。

以下の2点の画像は、今朝7時の時点での、
スクリーンショットです。

有名な天気予報サイトである、
ウェザーニュースさんから拝借いたしました。

ちなみに、僕の愛用ブラウザはGoogle Chromeです。

ご覧のように、URLはSSL対応をしているのですが、
コンテンツのセキュア通信対応が不完全なため、

URLバーの左端のアイコンにマウスをのせると、
このような警告メッセージが表示されます。

さらに、同じURLバーの右端にも、
意味深なアイコンが表示され、
マウスをのせると、別の警告が表示されます。

先月26日以前、ひかりあめのサイトは、それ以下の状態で、
https://hikariame.jp として、アクセスすることさえ不可能でした。

そして、意を決して、
ウェブサーバーの設定をSSL対応にしたのですが、

上の例と同じ警告が表示される状態でした。

その後、どうしたら、
完全にSSL対応できるのかを調べ、
全758ページのソースを、8日間を費やしてチェックし、

今では上の画像のように「保護された通信」と表示されるようになっています。

ところで、SSL化すると、何が良いのでしょうか。
メリットは、何なのでしょう。

・盗聴されない
・パケット改竄されない
・なりすましの防止
・検索エンジンによる優遇

…などが、挙げられるようです。

以下に、僕の行った、SSL化作業をご紹介しますので、

ご自身のホームページやブログを、
SSL化されたい方は、ぜひ参考にされて下さい。

①ウェブサーバーのSSL対応

まず、ホームページやブログを設置している、
サーバー設定を、SSL対応に切り替えます。

当サイトの場合は、約30分間程で切り替わりました。

②アクセスカウンターの撤去

SSL仕様で、アクセスカウンターは設置できないようです。
WordpressのようなCMSをご利用であれば、
アクセス解析プラグインを導入する必要があります。

③ページ内リンクを書き換える

各ページ(投稿、固定ページ)に記述されたリンクを、
「http://」から、「https://」に、手動で書き換えます。

これはページ間リンクだけでなく、
ページ内の埋め込み画像や動画、
アマゾンへのリンク等にも同じ処理が必要です。

④投稿以外のリンクのチェック

ブログ記事、固定記事は当然ですが、
サイドバーやフッターエリアなどにもリンクがあれば、
こちらにも②と同様の修正をします。


※契約先ウェブサーバーから転載

インフルエンザと鳥遺伝子

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

インフルエンザが、猛威を奮っているようです。

A型とB型が同時に流行している、
異例の事態だとも報道されています。

そして、やっかいな、
インフルエンザ脳症の話題まで出てきており、
これは、かなり重篤な問題ですので、

久しぶりに治療家らしい投稿を、
させて頂くことにしました。

インフルエンザは、空気感染ですから、
ウイルスの保菌者となる可能性は、
殆どの人が、かなり高いと言えます。

僕も週に4~5日のペースで、
大型ショッピングセンターに出掛けていますので、
保菌者になっている可能性は大です。

ですが、純菜食者は発症できません。

保菌と発症は、全く別のメカニズムだからです。

ご存じのように、インフルエンザウイルスは、
渡り鳥(飛ぶ鳥)が運んで来ます。

そして、鳥インフルエンザが代表するように、
家畜を経由して、特に鶏(飛ばない鳥)を経由して、

その勢力を高めるようになっています。

もともと、狭い鶏舎で飼育される鶏たちは、
免疫力が弱いのですが、

免疫力の高い放し飼いの鶏でも、
発症すると言われています。

そして、そのインフルエンザのワクチンの製造工程で、
鶏卵を使って培養するという事実は、

今では、多くの人の知るところではないでしょうか。

つまり、鳥たちの遺伝子と、
インフルエンザウイルスの遺伝子には、
何らかの、しかもかなり高い確率で、
ウイルスを覚醒させる共鳴が起こる
のです。

ですから、日頃から、
鳥類の肉や卵を常食していると、
その遺伝子が血中を巡ることになり、

インフルエンザウイルスを保菌していれば、
その人の弱い部分、
言い替えるなら、免疫力の低い部分から、
発症させていくことになります。

コンビニやファストフードでは、
鳥唐揚げは定番ですし、

鶏卵を使った料理も、老若男女を問わず、
毎日の食事のお伴となっています。

多くの場合、発症の前段階として、
粘膜異常(鼻や耳、喉の粘膜)が起こりますので、

そんなサインを拾ったのなら、
せめてインフルエンザが終息するまでは、
鶏肉や鶏卵の摂取は控えてみてはいかがでしょう。

これは僕の仮説ですので、スルーして頂いて構いませんが、

鳥という生き物は、
動物としては珍しく四脚ではなく、

その中には、飛ぶという聖なる能力を持った、
世界中を循環する生命もいます。

渡り鳥の中には、一生で240万キロを飛ぶ種もおり、
これは地球と月を3往復できる距離です。

そして、ウイルスたちは、
何等かの浄化の使命を担った生命で、
飛ぶ鳥、飛ばない鳥の遺伝子と共鳴しながら、

世界中を浄化している気がするのです。

Scroll to top