なぜ、ココにいるのか…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

2000年12月から沖縄県民となって、
16年もの月日が流れました。

16年間と言えば、
生まれたばかりの赤ちゃんが育って、
高校に進学するだけの時間に匹敵します。

そう思うと、長いなあ。(笑)

転勤の多かった僕には、
これだけの長期間を、
同じ場所で過ごしたコトはありません。

実家のある埼玉で過ごした歳月も、
16年間でしたから、

ついに、それと並んでしまいました。

そのせいなんでしょうか、
最近、なぜ僕は、
ココにいるんだろう…と、考えます。

ネガティブな気持ちでは、決してなくて、
純粋に、素朴に、疑問なんです。

6年前には、自宅も建てましたが、
当時は結婚していましたし、
先妻の実家近くで家を構えるコトに、
何の抵抗もありませんでした。

ですから、沖縄に居る最大の理由が、
この地で家庭を持ったから…だったのですが、

今は、その最大の理由を、
失ってしまっていて、

だからと言って、実家に戻りたいとか、
そんな気持ちも、全くありません。

長男なんですから、
普通は実家に戻るコトも考えるんでしょうが、
僕は規格外の人間なので…。(笑)

第一、

室内で共に暮す3匹の猫たちを連れての、
長距離の引越しは、彼女たちの生命を脅かすでしょうし、

信頼し切って通って来る、沢山の野良猫たちも、
裏切るワケには行きません。

そうなると、僕がココに居続ける理由は、
猫たちとの絆が、最上位に君臨するコトになります。

猫好きの人間ですので、
むしろ、それは誇らしくもありますが、

やはり、複雑な心境です。(笑)

もし、

そういった、柵(しがらみ)が無ければ、
僕は、どこで暮らしたいんだろう?と自問してみたら、

 静かな街、
 風情のある街、
 土の香りのする街、
 古い文化を大切にする街、

そんなイメージが横切りました。

猫たちを大切にしつつ、
僕の魂の希望も尊重するなら、

今、住んでいるこの場所を、
そんな異空間に仕上げて行けば、

イイんでしょうね、きっと。

かつての僕が、キジムナに魅せられて沖縄に辿り着き、
家まで構え、そして、沢山の猫たちと暮らし、

こうした疑問を心に抱いても、
どこかへ動くコトも出来ない必然が、

何年か後に、理解できる日が来るんでしょうね。

ホンモノのパートナーシップ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先日受けた四柱推命鑑定で、
僕は、日本の結婚制度に、
向いていないコトが判明(笑)しましたが、

なぜか、抵抗する気持ちも全く湧かず、
と言うより、とても素直に受け容れてる自分に、

少々驚いています。

なぜなんだろう…と、ずっと考えていました。

2回も離婚したから、
懲りているのかなあ…と、内観してみても、
答えを見つけられなかったのですが、

今朝、この子たちを観て、
納得してしまいました。

この子たちは、
わが家に通って来る、沢山の猫の中の2匹です。

彼らは、とっても仲が良く、
いつも一緒に過ごしています。

手前が女の子、奥が男の子です。

男の子が、女の子の肩に手を掛けて、
抱き寄せてるでしょ。

昨日から続く雨模様で、
沖縄にしては肌寒いのですが、
男の子が女の子を暖めてあげているんです。

2匹とも、同じ親から生まれた、きょうだいなのですが、
今は夫婦の間柄になっています。

少し前に、彼らには2匹の子猫が生まれましたが、
もう自立したようで、親離れしており、
最近は、この2匹だけで寄り添って過ごしてます。

人間の世界でしたら、問題になりますよね。
きょうだい同士が夫婦になったんですから。

同じ日本に暮す仲間ですが、
彼らは日本の法律から独立して生きてるワケです。

特に戸籍法という法律は、
明治時代になって、
徴兵目的で導入された制度で、

そんな目的の法律によって、
夫婦として認められても、別に嬉しくないし、
かえって不愉快な感じさえするのは、
僕だけではないはずです。

法律という制度自体、
下層を上層から管理するための、
縦社会固有の産物ですから、
僕と相性が悪くて、当然と言えば当然かも(笑)

この子たちは、一緒に過ごす、
そして、未来を共有するパートナーとして、
相手を選び、助け合って生きています。

これこそが、パートナーシップであるべきです。

ある意味では、宇宙の法則に則った、
パートナーシップに同意しているとも言えます。

アミにも書かれているけど、
宇宙の基本法則は「愛」ですからね。

猫たちに教えられた、
素敵な朝でした。

眠れない…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

最近の臨床からのエピソードです。
電話カウンセリングで、不眠のご相談でした。

クライアントさんは、
東北にお住まいのご高齢の女性です。

彼女が今年、ある年齢を越えたコトを理由に、
掛かり付けの医師から処方される、
睡眠薬の量が半分になったそうです。

そのため、全く寝付けなくなった…と言う、お悩みでした。

彼女は、東北の震災で心に傷を負い、
その治療をひかりあめで続けた経緯がお在りでしたので、

僕を思い出して、電話をして来られたのです。

電話口の彼女の言葉から、
精神的な問題が大きいように感じた僕は、
彼女の過去の処方箋を参考に、
ある調合を施したフラワーエッセンスを発送しました。

一ケ月後、また彼女から電話があり、
やはり眠り難い日が続いているとおっしゃいます。

何か新しいストレスが増えたのですか?と確認すると、
一人息子が家を新築するのだけど、
その件で心配事は増えているとおっしゃるので、

前回のエッセンスと併用できる、
新しいエッセンスをお作りして、再発送しました。

すると、今度は一週間後、またまた連絡がありました。

2種類のエッセンスを使っても、
まだ上手く寝付けないので、
ついにお酒を飲んで寝てしまった…とおっしゃいます。

お酒を飲んで眠れた…と聴いた僕は、
ピンと来ました。

僕は、彼女にこう説明しました。

 お酒を飲むと、一時的に血流が良くなって、
 副交感神経が優位になり、
 リラックスして入眠に辿り着ける場合があります。

 おそらく、今の貴女は、
 何等かの血流障害が起こってる可能性がありますよ。
 運動が不足してませんか?

僕のこの言葉に応えるように、
受話器の向こうから「アッ!」という声が聞こえると、

 沖縄ほどじゃないんでしょうけど、
 東北も毎日、もう暑くて暑くて、
 日中は、ダラダラとテレビばっかり観て、
 ずっと運動してませんでしたぁ。

毎日、10分程度の軽いウォーキングをし、
就寝前には、ふくらはぎを、
しっかり揉むようにお伝えしたところ、

彼女は安らかな睡眠を得るコトに成功したようで、
それから電話は、掛かって来なくなりました。

眠れなくなると、
眠れない自分にばかりフォーカスし、

減らされた眠剤や、
最近の人間関係のストレスに、
その原因を求めてしまった彼女でしたが、

実は、単なる運動不足だったというワケです。

もし、貴方も眠り難いのなら、
まずは血流不全を疑って、運動してみて下さいね。

感動の四柱推命

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

本来、今日はブログ更新日ではありませんが、
衝撃的な体験をしたので、
読者の貴方にシェアいたしますね。

この本が、キッカケでした。

著者の富永氏は、若い女性です。
こちらが、帯付きの書籍の画像です。

世の中に、四柱推命の本は何百とありますが、
この本は、僕の知人の紹介で読む機会を得ました。

四柱推命については、全く無知な状態で、
この本を読み始めたのですが、

行間から、謎めいたホンモノの波動を感じ、
書籍内に書かれていた彼女のサイトを訪問し、

直感で、メール鑑定をお願いしてみたのです。

それが、先月28日のコト。

僕をご存知の方なら、
こういう類に僕は興味を示さないし、
まして、鑑定をお願いするなんて、
在り得ないじゃん!…と、思われたコトでしょう(笑)

数年前から、自身の生活において、
何かに縛り付けられたような息苦しさを、
日々感じていましたので、

その正体が判れば、有難いなと思ったのです。

結論から言いますが、衝撃的な内容が、
まあ、出て来る、出て来る…(笑)

自分でも、自身のホロスコープを読んでますので、
ある程度予測はしていましたが、

彼女の四柱推命は、
かなり細かい部分まで、教えてくれます。

僕の27歳からの10年間が、
尋常な状態で無かったコトが、
本来の僕の幸運から脱線した原因となっていて、

さらに、人生における大大凶の日を中心に、
新しく建てた家に引越をしていました。

しかも、その直後45日間は、
外泊をしてはいけなかったのに、

36日後に、埼玉の実家に帰省していました。
(T_T)

こうした出来事を通じて、直近の数年間、
苦しい運の流れを体験さぜるを得なくなったようです。

そのために、

ある種の風水の手法を遣って、
開運しましょう!と提案され、

その具体的な方法も、教えて頂きました。

今月下旬の特定日時に、それを行うコトで、
運の流れを変えるための、チャンスを得られそうです。

何回かの、丁寧なメールを頂戴し、
その遣り取りも昨日で終わり、

僕が2回離婚している点について、
今後のアドバイスも頂戴しました。

詳細は、プライベート色が濃過ぎるので省略しますが、

この後、素敵なパートナーが登場するけれど、
入籍はせず、同棲をオススメしますとのコトでした(笑)

これは、新しいパートナーに限った話しではなくて、
僕の四柱に現れているコトだそうで、

日本の法律と僕の相性の悪さが、
四柱推命でも浮き彫りになりました(笑)

ホロスコープでも、山羊座1度の土星が、
誤差無しでMCに重なっていますから、

縦社会との相性の悪さは、
充分に理解していましたので、
ある意味、覚悟していた内容でしたが、

そうなると、いよいよ僕の生き様は、
フラワーレメディを開発した、
エドワード・バッチそのものになりそうです。

2回の離婚と娘の誕生、
ノラ・ウィークスとのパートナーシップ、
誕生日の近さ、
生来のインパチェンスタイプ、などなど、

他にも、色々ありそう…(笑)

エンジニアだった僕が、
数ある自然療法の中から、
フラワーレメディに出会った運命の流れも、

これで、理解せざるを得なくなりました(笑)

Scroll to top