冬瓜の酒粕漬け

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

北中城村は、晴天に恵まれています。

ひかりあめは、今日、30日が仕事納めとなります。
今年も一年、有難うございました。

昨日は、親父バンドの忘年会で、
メンバー宅にお邪魔して参りました。

推定30年以上という古酒を飲ませて頂き、
もはや、泡盛の味では無い透明感に驚きました。

各メンバーが、酒の肴を一品ずつ持ち寄ったのですが、
僕の用意した料理は、こちらの漬物でした。

タイトルには、「冬瓜の酒粕漬け」としていますが、

正確には、冬瓜の梅酢漬けを、
酒粕ペーストで和えたモノですので、

酒粕に漬込んではおりません。

これが、予想を遥かに上回るクリーミーな美味しさで、
古酒の泡盛にピッタリでした。

簡単なのに、見た目も上品ですので、
ぜひお試し下さい。

昨夜は、菜食の僕のために、
サラダをたっぷり用意して下さったメンバーもおり、
本当に楽しい酒宴でした。

来年も、良い年でありますように。
読者のあなたも、良い年をお迎え下さいね。

ひかりあめは、3日より通常通り開所いたします。

漬物処方、本気で始めます

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先日、Facebookのタイムライン上で予告した、
新年から始める、「僕」にしかできない、
ひかりあめの新サービスをご案内します。

今日は大安ですので、告知向きです(笑)

これまでも、カウンセリングを利用された方で、
食前の乳酸菌摂取が必須の方には、

僕が自宅用に漬込んでおいた漬物の、
お裾分けをしておりました。

手作りの漬物による、乳酸菌処方です(笑)

おそらく、世界中ドコを探しても、
漬物を処方する治療所は無いのではないでしょうか。

 僕にしか、できないコトで、
 想像するとワクワクするコトは何だろう…

…と自問した時、

ジャム瓶に詰まった手作りの漬物を、
利用者様に処方するシーンが見え、

物凄く興奮したのが、2週間程前のコトです。

ウキウキ&ワクワクした気持ちを携え、
100円ショップにジャム瓶を買いに出掛け、

自宅に戻って、漬物を詰めてみたのですが、
保存性に疑問が残りました。

漬け液が足りないので、
瓶の中での発酵が不均一になるからです。

また、瓶の代金や消毒などに掛かる経費も、
結構な金額になりそうでした。

そんな思いを抱きながら、ある日、床に就くと、
今度は、真空包装にした漬物のビジョンが見えたのです。

飛び起きてインターネットで調べ、
家庭で真空包装の出来る装置を物色したのですが、

真空に出来る袋の大きさが、気に入らないのと、
装置の価格もランニングコストも、釈然としません。

…と、その時、

エンジニア時代に扱ったコトのある、
インパルスシーラーを思い出し、

これなら出来そうだ!と、直感しました。

その後、色々と試行錯誤の末に出来上った、
記念すべき最初のパッケージが、コチラです。

どうです。なかなか、美味しそうでしょ。

島人参、胡瓜、大根、そして昆布の漬物を、
同じ量ずつミックスにしたモノです。

全て、有機野菜です。
大根と昆布以外は、沖縄産です。

包装資材には、ナイロンポリの規格袋を選びましたので、
ランニングコストも、ジャム瓶の15分の1で済みます。

そして、包装に使用したインパルスシーラーは、コチラです。

アマゾンで、3280円で購入できました。
今は、手頃なシーラーがあって、有難いです。

サイトのレビューでは、賛否色々ありましたが、
問題無く使えています。

手作業で布巾などを上手く使って脱気をすれば、
かなり真空に近い状態に、仕上げられそうですし、

このまま、熱湯に通せば殺菌もできますので、
保存性も相当高まるはずです。

ですが、高温に晒すと酵素が死んでしまいますので、
処方後の期限を明確にして、
殺菌はせずに利用者様にお渡しするつもりです。

原材料の基本路線は、有機野菜(基本的に沖縄産)
天然塩、純米酢、そして、昆布(北海道産)です。

来年から、定休を使って仕込んで行きます。

ちなみ、この漬物の処方は、
これまで同様に無料で行いますが、

決して、全ての利用者様を対象とした特典ではありません

①当治療所において、
ゆうすけの指導による食事療法を実践中で、

②郵送は出来ませんので、来所者限定となり、

③仕込みの都合上、一週間以上前に、
ご予約頂いたケアメニュー利用者様

…を、対象とさせて頂きます。

ですから、例えば、
カウンセリングなどで、食事療法を指導され、

その後、花療法ボトル調合や、
オステオパシィ等を補間治療として利用される方です。

このシステムが、ひかりあめに定着し、
設備もしっかり固まり、
真空包装も出来るような状態にまで成長した暁には、

電話やZoomによる、ご遠方の利用者様にも、
お送り出来ればと、思っています。

それまでは、必要に応じて、
日々のケアには、濃縮発酵酵母エキスをご活用下さい。

この漬物処方に、代金は頂戴しませんが、
仕込みに手を抜くような僕ではありません。

乳酸菌も酵素も、そして僕の愛も、
ついでに、ゼロポイントエネルギーも、

たっぷり詰め込みますので、どうぞご期待下さい。

なお、定休を使って出張した場合や、
悪天候で有機野菜が手に入らない場合は、
ご提供出来ない場合もあると思います。

その点のみ、ご理解下さいね。

こうして、僕の大好きな漬物作りが、
生業に活かせるんですから、

こんなにハッピーなコトはありませんし、

そして、これがキッカケとなって、
利用者様の腸内環境の改善に繋がれば、

本当に、本当に、嬉しい限りです。

来年が、待ち遠しいなぁ。

ゆっくり動く

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

僕のホロスコープの1ハウスは、
天体はありませんが、アセンダントは牡羊座です。

若い頃は、まさにホロスコープが示すとおり、
常に気忙しく過ごしていました。

待つコトの出来ない、超せっかち人間だったのです。

30代のロボットエンジニア時代には、
福島工場から滋賀の本社まで、

高速道路を160キロで飛ばし続けるような、
そんな無茶も日常茶飯事でした。

負けず嫌いでもありましたから、
今考えれば、常に交感神経の昂った状態でした。

そんな僕が、今は誰かや何かと競うコトを避けます。

勝ち負けにしろ、早い遅いにしろ、
そうした結果が、気にならなくなったんです。

逆に言うなら、結果よりプロセスを楽しみたくなったのです。

沖縄県外の人には、ピンと来ない例えなんですが、
今では国道58号を走りたがりません。

特に3車線の区間など、一番左の車線をゆっくり走って、
競争に参加しようとしません。

性格なんか変わるもんか!が、かつての僕の口癖でした。

そんな言い訳をしながら、
自身のせっかちを正当化していた僕が、

ここまで、変わりました。

実際、変わったのは、最近のような気がしますが、
はっきりと、覚えていません。

変えようと思ったのではなく、
気が付いたら変わっていました(笑)

かつて、高次の存在と、
リアルに繋がる心地良さを味わいましたが、

その時の僕が、リラックスしており、
さらに上機嫌だったコトから、

なるべく、そういう時間を増やそうと、
日々の生活のあらゆる面を、

ゆっくり動くように、
意識的に心掛けて来たコトは確かです。

以前の僕は、そうした意識をしていませんから、
例えば掃除中など、

早く掃除を終わらせたい一心で、
家具を足で動かしたながら掃除機をかけたり、

ゴミ箱目がけて、ゴミを放り投げたり、

窓口やレジの待ち行列の中では、
自分の番を待って、イライラしたりと、

沢山の局面で、交感神経のスイッチをオンにしていたのです。

そうした言動を、意識して制御しているうちに、
何かを待つコトも苦にならなくなり、

ゆっくり動くコトの良さも、沢山見え始めました。

そうしているうちに、ある日国道58号を走りながら、
不快感を覚えているコトに気付き、

追い越したり、追い越されたりの、
渦中にいるコトが、苦になったのです。

ゆっくり車を走らせていれば、

制限速度を越えるコトは無いですから、
検問にビクつくコトもありません。

ガソリンの減りも遅く、
タイヤもブレーキパッドも減りませんから、

維持費も安く上がり、良いコトだらけです。

そんな楽しい、嬉しい気分で、
自分の顕在意識も無意識も満たされるよう、

これからの数十年を、楽しく生きたいと思います。

細胞間質液と水太り

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

日中、意識して水分摂取するようになって、
水太りで1キロ体重が増え(笑)

お気に入りの指輪を、
希望する指に着けられなくなっていましたが、

一週間前から、朝と昼をハーブティーにし、
水分摂取も、それまで通りにしていたのですが、

身体が馴染んだようで、体重も元に戻り、
意図した指に、指輪も帰るコトができました。

余分な水分は、細胞と細胞の間に間質液として蓄えるため、
今回のような水太り現象が起こるワケですが、

そうした生活に慣れ、
新しいリズムの中で正しく排泄されると、

それなりに時間は要しますが、こうして元に戻ります。

体脂肪も身体年齢も、好転した状態で、
水太りした分だけが、無くなったコトになります。

瑞々しさは、維持できてるってコトですね。

僕たちの身体は、不足しがちなものは体内に蓄え、
過剰なモノは体外に排泄する働きがあり、

摂取し過ぎた水分は間質液として、
栄養は内臓脂肪として蓄えますので、

日々の飲み食いが、身体に合っていなければ、
太ったり、浮腫んだりするのは当然です。

身体の変化とは、生活の変化なんですね。

ですから、身体を思うように好転させたければ、
生活を好転させる以外にありません。

薬やサプリメントで、強制的に排泄させたり、
ツボに針を刺して、食欲を落としたり、
マシンジムで不自然にカロリー消費したりと、

そんな取組み方では、
身体が悲鳴を上げるだけというワケです。

自然則に沿って、心地良い生活を心掛けましょう。

僕のオヤツ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、僕のオヤツをご紹介します。

左の瓶に入っているのは、
生姜のスライスを乾燥させたモノです。

以前、ひかりあめでも販売していた、
ハーブ茶葉のシリーズと同じですが、

これを茶葉にせず、そのまま食べます。

もちろん、辛いですので、
良い子はマネしないで下さい(笑)

朝、起きてすぐに、
これをガム代わりに、ゆっくり噛んでいます。

驚くくらい唾液が出て、感動しますよ。

また、天日干しの生姜ですから、
身体も暖めてくれますので、色々と好都合です。

ちなみに、生の生姜は、
身体を冷やすので、注意して下さいね。

そして、右の瓶には、
有機のそら豆を煎ったモノが入っています。

塩味も何もついておらず、
そら豆の味しかしません。

そして、滅茶苦茶固いんです。

歯の悪い人は、マネしないで下さいね(笑)

お腹が空いたときに、これを2~3粒食べます。
良く噛む必要があるので、満足感も高いです。

生姜の方は、毎日噛んでますが、
そら豆の方は、週に何回か頂く程度で、

基本的には、1日1食生活の醍醐味である、
空腹感を楽しんでいます。

育ちざかりの子供さんや、
閉経前の女性で、血糖値の下がりやすい方は、
この生活は向かないそうです。

大切な食事ですので、
無理をせず、それぞれの遣り方で楽しみましょう。

心、豊かに…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ご存じの通り、
宇宙は豊かさに満ちていますが、

僕たちがエゴの鎧を着ている限り、
無限の豊かさを感じるコトはできません。

例えば、

 こんな人に、会いたくない!
 あの手のタイプとは、関わりたくない!

…などと、日々感じていれば、
その経験をするための出来事を、

わざわざ、引き寄せてしまいます。

人間関係が、いつまで経っても悪いママなら、
この状態が起こっているだけだと、

一刻も早く、気付く必要があります。

ですから、自分が気分良くなれる場所、
豊かさを感じる場所へは、

積極的に出かけて行くべきでしょう。

かつて、溺れて死にかけたのですが、
海を観るのは大好きで、
週に一度は、朝の海に出掛けていますが、

手頃に、頻繁に行ける場所も決めています。

僕は、花屋さんが好きで、
特に、緑の濃い観葉植物を観るのが好きです。

また、台所小物や調理器具、食器も好きなので、
センスの良い雑貨屋さんには、何度も足を運びます。

先日、ライカムイオンの花屋さんで、
トックリヤシを購入し、治療室に置いていますが、

今日は、4階にある300円ショップで、
気に入った観葉植物を見つけたので、買って来ました。

購入したママですので、鉢が少々チープですが、
下に敷く陶器には、手持ちの、良質な器を使ってみました。

足元が引き締まっているので、
300円には見えませんよね(笑)

僕自身、緑の多い施設に行くと、
気分が良くなるので、

ひかりあめに来所される利用者様にも、
良い波動を届けられれば、嬉しい限りです。

手前の背の高い植物は、お手洗いに置き、
トイレの神様のお伴になって頂きました。

ぜひ、見学にいらして下さいね。

\(^o^)/

もやしの漬物レシピ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

この日この日に、
もやしの漬物の仕込み方について、
投稿しましたが、

今日は、そのもやしの漬物と、
抜群に相性の良い組み合わせを発見しましたので、
読者の皆さんにシェアさせて頂きます。

ずばり、その相手とは「もずく」でした。

もやしの漬物と同量のもずくで和えるのですが、
ポイントは、もずくの長さです。

もやしと同じくらいの長さに切るコトで、
和える際にバランスが良くなるのと、

それによって、もずく側には味を付けなくても、
もやしの漬物の塩分で、充分美味しく頂けます。

これに、胡麻油を少量垂らして頂きましたが、
とても美味しかったです。

仕切りの無いワンプレートに盛り付けるなら、

ドライおからや粉末昆布を加え、さらに和えるコトで、
調味液が他の食材の邪魔をしません。

一日一食生活ですので、
その一回きりの夕食を優雅に味わおうと、

昨夜からワンプレート・スタイルで、
カフェっぽく食事を頂いているのですが、

その初日を飾ったレシピの一つが、
今日ご紹介した、「もやしの漬物のもずく和え」でした。

これに、たっぷりのサラダと、
豆腐ステーキ、冬瓜の漬物、玄米チャーハン、
そして、サツマイモの豆乳仕立てスープを頂きました。

自宅の居間が、猫カフェ状態になって、
なっかなか楽しいですよ(笑)

梅干しで血流改善

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

近くに出来たライカムイオンの薬売場には、
血圧、骨密度、体脂肪測定などに混ざって、
血管年齢を測定する装置があります。

年齢と性別を入力し、
左手の人差し指の先を装置にセットすると、
10秒程で結果が表示されるモノです。

人差し指の先と言う場所は、
毛細血管が末梢で折り返す部位ですので、

ココに光を透過させて画像処理するコトで、
血流速度を算出できるため、

身体の代表数値として、
ある程度信頼できる結果が出るようですが、

そうは言っても、簡易測定には違いありません。

ちなみに、計測中に動いたり、しゃべったりすると、
高年齢な計算結果が出て、驚くコトになります(笑)

また、同じ理由から、
身体が冷えていると、測定値が老けますので、
指先を温めてから測りましょう(笑)

僕の最近の血管年齢は、マイナス7歳でした。

さて、そんな血流の改善には、
色々なハーブが使えますが、

梅干しも浄血作用の高い食材ですので、
寒いこの時期は、一日に一個食べると良いようです。

ところが、スーパーマーケットで、
本物の梅干しを探しても、なかなか見つかるモノではありません。

沖縄県内のスーパーを何件か梯子(はしご)し、
北谷のサンエーで、やっと見つけた唯一の商品がコレでした。

随分、食べた後ですので、
残り2粒しか入ってません(笑)

ご存じのとおり、基本的な梅干しの原料は、梅と塩だけです。

この商品には、この他に紫蘇が入っていますが、
昔ながらの本物の梅干しとして、一応合格の商品でした。

150g入りで300円強、塩分濃度は18%です。
※8粒入り

これから正月に向け、
大き目のサイズも欲しかったので、

1キロ入りの梅干しも、アマゾンから購入しました。
この商品の塩分濃度は、15%です。

商品名には「つぶれ梅」とありますが、
殆ど綺麗な状態の梅干しでした。

梅干しと番茶、生姜の組み合わせは有名ですが、
僕は梅干しに熱湯を注いで、
醤油を少量垂らし、手軽に頂いています。

僕の同年代の知人には、高血圧の人が多く、
彼らは口を揃え、塩分を気にしていますが、

国は、もう半世紀も前から、塩をめのかたきにし、
塩分を控えなさい、麺類のスープは残しなさい…などと、
積極的な指導をしていますが、

この間に、高血圧患者は増加の一途を辿り、
今では中高年の二人に一人が、高血圧に悩んでいます。

自然塩であれば、ミネラルも摂取できますし、
第一、塩辛いですから、そんなに一杯食べられません。

難しく考えず、良い塩を適量楽しめば、
身体に害が無いだけでなく、

梅干しのように浄血作用で血流もアップし、
血圧対策にも、なってくれます。

この冬は、本物の梅干しで、優雅に乗り切りましょう。

無発酵の雑穀パン/グルテンフリー編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨年11月末の投稿で、無発酵の雑穀パンをご紹介しました。

当時は、グルテンフリー生活では無かったので、
雑穀と全粒粉を使って、フライパンで焼いていましたが、

今回は全粒粉は使えませんので、
その代わりに、そば粉とタピオカ粉を使用し、

雑穀にはアマランサスを挽いたモノを使ってみました。

僕の雑穀パンの基本は、雑穀「1」に対して、
メインとなる生地の粉を「3」使う遣り方です。

材料は、2~3人分です。

・アマランサス 75g
・そば粉 100g
・タピオカ粉 125g
・ベーキングパウダー 小さじ3
・天然塩 小さじ1弱
・菜種サラダ油 大さじ1 ※油の種類は何でもOK
・水 カップ1弱

アマランサスは、元々超小粒な雑穀ですが、
これをさらに挽いて、粉状にしちゃいます。

時々、アマランサスを洗って使う人がいますが、
これを洗うと大変面倒なコトになるので、
洗わずに使っちゃって下さい。

どうせ、高温で焼きますので、
雑菌の心配は不要です。

ちなみにアマランサスの製粉には、
去年の同じ投稿でも使っていた、年代物のミルサーを使いました。

年明けには、新機種に買い替える…と当時は書いていましたが、
壊れていたパッキンだけ、購入できたので、

まだまだ、現役で活躍してくれそうです。
\(^o^)/

ボウルに、細かく挽いたアマランサスと、
分量のそば粉とタピオカ粉を合わせ、

ベーキングパウダー、天然塩を入れ、

粉だけの状態で、良く混ぜ合わせます。

こうして撹拌した粉を、一旦ビニル袋に入れておき、
同じボウルにカップ1弱の水と、大さじ1の菜種サラダ油を入れ、

菜箸などで充分に撹拌したところに、
ビニル袋の生地の粉を半量ずつ戻して混ぜ合わせ、

雑穀パンの生地を完成させて行きます。

水がカップ1弱ですと、少し固めになるはずですので、
生地の整形がしやすい状態になるように、

水を少しずつ足して、調整してやって下さい。

今回は、電気オーブンで焼きますので、
オーブン皿の上にクッキングシートを敷いて、
※見てのとおり、クッキングシートは再利用です(笑)

その上に丸めたパン生地を延ばしながら整形し、
最後に、その上から包丁で「切れ目」を入れておきます。

上から、生地の半分くらいの深さまで、
包丁を押し込んだだけですが、

こうしておけば、焼き上がった時に、
手で簡単にちぎって食べられて便利ですよ。

対流モードにした200度の電気オーブンで、
15分焼けば完成です。

美味しそうに焼き上がりました。
雑穀パンは、その断面が可愛いですよね。

発酵が要らないので、
思い立った時に、すぐに焼けて便利です。

主食が足りないときなど、便利なレシピで、
ボウルも1個しか使いませんので、洗物も少なくて済みます。

アマランサスは、歯応えが楽しいので、
リピートしたくなるコト、確実ですよ(笑)

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

続・パパイヤの漬物

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

一か月前に仕込んだパパイヤの漬物が、
美味しく漬かりました!

漬け込んで2週間後、漬かり具合が良かったので、
結局、3度目の漬け込みは、せずにココまで来ました。

こちら(↑)が、純米酢で漬けたパパイヤで、

こちら(↑)が、醤油漬けです。

今回、1つのパパイヤから、2種類の仕込みをしたので、
仕上りの違いも判って、とても勉強になりました。

僕の味覚では、醤油漬けの圧勝です(笑)

純米酢バージョンも、それなりに美味しかったですが、
パパイヤ独特のクセが、少しですが立つ感じでした。

一方、醤油漬けの方は、
醤油とパパイヤが調和しており、
文句無しで美味しいです。

奄美の人々が、好んで食べられる理由が判った気がしました。

パパイヤは、何で仕込んでもそうですが、
漬かるのに時間が掛かります。

今回の2種は、1カ月程度でしたが、
糠漬けで美味しく食べようと思えば、3ヵ月以上掛かります。

そのため、途中で諦めてしまう人も、いらっしゃるようですが、
忘れた頃に、美味しく出来上がっているのですから、

ちょっと、儲かった気分で頂けちゃいますので、
ぜひ、挑戦してみて下さい。

火を通していませんので、
青パパイヤ酵素が完全に生きています!

酵素の王様とも呼ばれる青パパイヤ酵素は、
摂氏100度でも活性状態でいられるそうですが、

非加熱であれば、それ以上の力も期待できます。

ちなみに、薬用効果もある食材ですので、
食べ過ぎには注意して下さいね。

食前にひと口、ふた口食べるだけで、
充分に腸内環境を整備してくれます。

大切に頂きましょう。

Scroll to top