水分摂取とミネラルウォーター

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

ひかりあめの店頭では、
数年に渡ってクリスタルガイザーを販売していました。

有名な、アメリカ産のミネラルウォーターです。

日本では大塚製薬が輸入販売している、
メジャーなミネラルウォーターブランドです。

何のために、店頭販売していたかと言うと、

一日分のフラワーエッセンスを入れて持ち歩き、
気軽に飲んで頂くためでした。

利用されていたのは、殆どが旅行者の方でした。

有難い事に、ひかりあめは何度か旅行雑誌に取り上げて頂いており、
記事を目にされた旅行者の皆さんが、ご来店頂いた際、

エッセンスの飲み方の一つとしてご紹介して来たのです。

今年、開店11年目を迎え、
雑貨販売の規模を縮小して来た流れで、
クリスタルガイザーの販売も、在庫をもって終了しましたが、

沢山あるミネラルウォーターの中から、
なぜ、クリスタルガイザーだったのかという点を、
今日はお伝えしたいと思います。

特に水分の摂取方法については、

色々な専門家が、色々な角度から、
色々な理屈を並べて推奨しますので、

多くの方は、混乱されているコトでしょう。

当然、今日の僕のお話しも、
ひとりの自然療法家としての結論です。

巷に沢山ある意見の一つとして、聞いて頂くしかありませんが、

「水」と言う、生命にとって不可欠な存在ですので、
僕は僕なりに、真剣にお伝えしたいと思います。

さっそく、その結論ですが、

水分摂取するなら、自然のままの生水を飲んで下さい

家庭用の浄水フィルターでろ過した水道水か、
市販のミネラルウォーターを活用して頂きたいです。

まず、水道水ですが、

日本の水道水は、世界的にも安全なコトで知られていますが、
ご存じのように、細菌を殺すために、

塩素が添加されています。

塩素によって、感染や中毒を防ぐ一方で、
人体にそのまま取り込むと、活性酸素を発生させる問題があります。

また、塩素殺菌の際にできるトリハロメタンは、
発癌物質としても知られており、

幾ら安全な日本の上水でも、
生のまま飲むのは、少々リスクが大きくなります。

最近では、あまり耳にしなくなりましたが、

水道水を一度沸騰させて、
それを冷ましてから飲むと言う方も、
かつては、結構いらっしゃいました。

水道水の滅菌という意味では、理に叶っていますが、
水の中の酸素やミネラルが、煮沸によって消滅してしまいます。

そればかりか、塩素やトリハロメタンのような有害物質は、
煮沸しても無くなることは無く、

水分が蒸発するコトによって、
有害物質の濃度が濃くなる危険性があるのです。

ですから、水道水は煮沸したりせず、
有害物質除去フィルターなどで、ろ過して飲んで下さい。

このタイプでも、ろ過してくれますが、
水圧によって、ろ過の程度が変わってしまいますので、

野菜を洗う等の調理用には、良いと思います。

飲用でしたら、こちらの卓上ポットタイプがお勧めです。
重力を利用してろ過しますので、常に一定の品質が得られるからです。

そして、そして、
市販のミネラルウォーターを購入されるのであれば、

クリスタルガイザーをはじめとする、
非加熱のミネラルウォーターをお選び下さい。

実は、日本国内で量販されているミネラルウォーターの多くは、
加熱殺菌が施されていますので、

非加熱の製品を探すのは、案外大変だったりします。

クリスタルガイザーは、
他のミネラルウォーターと比較しても単価は安く、

また、並行輸入品も手に入りやすいので、
そちらであれば、さらに廉価に求められます。
※ケンコーコムなら500ml単価35.9円

常用する飲用水としても、かなり経済的です。

ちなみに、この商品の価格が安いのは、

もちろん、加熱コストがゼロである点に加えて、
斬新なくらいチープなパッケージと、
※エコポコボトル…と言うそうです

水源から工場への輸送コストが、ゼロな点だそうです。

硬度も、日本人の慣れ親しんでいる軟水ですので、
色々な意味で相性の良い、有難い商品と言えますね。

また、硬水の方も、
動脈硬化や心筋梗塞の予防になりますし、

便秘気味の人には、
マグネシウムの多い硬水がお勧めです。

また、コレステロール値の高い人や、
中性脂肪の多い人も、硬水を選んだ方がイイでしょう。

但し、硬水の常用は、
腎臓に負担を掛けますので、注意して下さい。

機能を考慮して、使い分けましょう。

アストラルワークのススメ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

先の台風の後、店舗の玄関前の排水が、
詰まってしまうようになりました。

少しでも、まとまった雨が降ろうものなら、

玄関前は、まるで田んぼのように、
水浸しになってしまいます。

先程、オステオパシィを受診された方は、
来店時には水が引いていたのですが、

施術中に雨が降り、
気が付くと水浸しの玄関前に、
お客様の靴が、まるで島のように浮いていました。

困ったものです。

さて今日は、

朝、目覚めの微睡(まどろみ)の時を活用した、
とても楽しいワークをご紹介しましょう。

僕はこれを、アストラルワークと呼んでいます。

夜が明けて、目が覚めるという現象に、
貴方はどんなイメージをお持ちでしょうか。

単純に考えれば、睡眠を終えて、
脳が活性化し、日々の生活を再開する、

…そんなイメージでは、ないでしょうか。

確かに、その通りですが、

別の言い方をするなら、
睡眠中にアストラル界の旅を楽しんでいた魂が、

自分の肉体に戻って、
三次元世界の日常に帰ると言うコトもできます。

そのため、朝の、

起きて間も無いボーッとした瞬間は、
脳内では、アルファ波が出まくっており、

アストラル界から帰還した魂が、多次元の間を、
行ったり来たりしている、貴重なタイミングとも言えるのです。

実際、こうした微睡の時、

多くの人が、夢の中の出来事を、
現実のように感じる経験をしているはずです。

この、夢と現実の入り混じった、
言い替えるなら、アストラル界と三次元界が重なった瞬間、

僕たちは、昨日の話題となった、
自身の潜在能力に直接繋がっています。

ですから、この貴重な時間に、

自分が心から望む、
心地良い目標をイメージしてみましょう。

自分の目指すゴールを、アルファ波の出ている脳に、
具体的、かつ鮮明に、しっかり伝えるのです。

すると、自分の潜在能力が、
自身の目指す「方向」を、手に入れるコトになり、

その方向に向かって、
エネルギーを放出できるようになるのです。

慣れないうちは、
こうした微睡を楽しむだけでも良いのですが、

ぜひ、このチャンスに、
宇宙に向かって、自分の目標を宣言してしまいましょう。

但し、このワークは、
アラーム時計に叩き起こされるような目覚め方をすると、
上手く行きません。

この貴重な瞬間を、活かすためには、

成長ホルモンをしっかり分泌させる意味でも、
午後10時には就寝して、

朝の気配で目覚める必要があります。

実は、このワークを発展させたものが、
僕が再三お勧めする、アストラル・トラベルです。

自分のポジティブな目標を知った潜在能力は、
多次元空間の中でエネルギーを放射し、

成長しつつある五次元地球と同調したとき、
そこへの旅が可能になります。

僕の経験では、かなりポジティブで、
そして、かなり鮮明なイメージを持った時、

まるで、新生地球から招待されるような感覚で、
アストラル・トラベルが可能になっています。

この混沌とした三次元界の分離意識と決別し、
貴方の輝かしい目標を、貴方の現実に引き寄せて下さい。

潜在意識の正体

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

最近、毎日ブログを書くようになり、

思ったコトを、そのまま発言する機会が増えているので、
今日の投稿は、世の心理学者たちに嫌われるでしょう(笑)

僕は、潜在意識なんて無いと確信しています。
その正体は、貴方の生んだ幻です。

うそだぁ!という声が、聞こえます(笑)

まあ、イイです。
とりあえず、その有無は、さておき…、

僕たちは、潜在意識について、難しく捉え過ぎではないか?

…という程度の疑問に、
まず、お付き合いください。

世の常識では、以下の通りです。

意識には、顕在意識と潜在意識があって、
自分で気付くコトのできる顕在意識は、
意識と言う氷山のほんの一角で、

とてつもなく大きな、そして自分では制御できない、
潜在意識の力に圧倒された生活を送っている!と、
世の人々は、信じ切っています。

例えば、表向きには、平気な顔をしていても、
心の奥底では、自分に自信が持てず、
事ある度に緊張し、自分らしさを出せずにいれば、

それは、潜在意識側の自己肯定感が無いからだと結論付け、
でも、潜在意識は、自分ではどうしようもないから、
手が出せないでしょ!というシナリオに落ち着いてしまうのです。

意識が見えないコトをイイコトに、
話しを、わざわざ複雑にして、

自分の不都合な一面を、
納得するための、究極の理論に仕上げているのです。

ですが、宇宙の真理では、
そう、思っているから、そうなってるだけ!でしかありません。

潜在意識が、どうのこうの言う前に、

実際問題として、思いの癖はありますよね。
癖ですから、自分では気付くコト無く、そうした考え方をします。

そうした思いの癖に、

生きている中、生活の中で、問題として気付き、
それを変えようと心掛ければ、それは、新たな思いの癖になります。

良い思いの癖は、良い行動に繋がり、
良い行動は、良い習慣となり、
良い習慣は、良い人格を生み、
良い人格は、良い運命を引き寄せ、
良い運命は、良い人生を築くのです。

とても、シンプルです。

ですから貴方も、僕のように、
自分の意識は、全てが自身の支配下にあると確信してみませんか?

その上で、思いの癖に気付いて、それを修正することで、
良い人生を築いてみませんか?

僕は、こうした発想の方が、
世界を変える!という、トンデモナイ奇蹟を成し遂げるために、
自分も生きやすいし、断然好都合です。

そして自分は、自分であって、
意識も、意識でしかないけれど、

未知なる可能性を秘めた、
潜在能力は無限にある!と確信しています。

そうです。

潜在意識なんて、複雑でネガティブな発想は、今日限り捨てて、
自身の潜在能力の存在を、大胆に肯定しましょうよ。

無限の潜在能力こそ、幸せになるエネルギーであり、
自身を生かす力であり、生きる力の源です。

自分の中に、

そんな、とてつもないエネルギーがあるコトに気付き、
幸せに向かって邁進しましょう。

除菌習慣とアレルギー

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

調べていて気付いたのですが、
日本で最初に花粉症患者が現れたのは、1963年のコトで、

それ以降、年々増加の一途を辿っています。

また、機を同じくして、激減したモノがありました。
それは、結核や寄生虫の感染者です。

そして、まさに、
この時期に誕生したのが、僕の世代です。

特に寄生虫に関しては、
1960年には10%に、
その5年後には5%を切ったという記録が残っています。

小学生時代、かなり頻繁に寄生虫検査をした記憶があり、
感染反応のあった子供は、虫下しを飲まされました。

初期の虫下しは、不味いモノでした。

そして、こんな時期に、花粉症が現れ、
こうした感染症が減少するのと反比例する形で、

鼻炎、皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー性疾患が、
特に1960年代後半から増加して来たのです。

自慢にはなりませんが、
僕も上記の全症状を持っていました。

これは、一般の家庭において、
過剰な清潔さを求める意識が、広がりはじめた時期でもあり、

新聞や週刊誌を愛読していた僕の母親も、
消毒用アルコールや逆性石鹸希釈液を浸したコットンを持ち歩き、

家族の衛生管理に、異常なまでに、目を光らせていたモノです。

つまり、僕たちのような菌に弱い世代は、
衛生的過ぎる環境によって生み出されたのです。

ですが、当時は、そんなコトに誰も気付かず、
僕が体調を崩すような気配があれば、

母親は、さらにムキになって、家中を掃除して歩いていました。

最も苦しかったのは、喘息の発作でした。

僕に、「アレルギー性気管支喘息」という病名が付く前は、
気道の弛緩用吸入スプレーもありませんでしたので、

しかも、夜になると発作が始まるため、

夜明けまで、一睡もできずに苦しんだ、生々しい記憶があります。

今は、水シャワーを毎日浴びることで、
これらのアレルギー疾患は、全て克服できていますが、

除菌の遣り過ぎは、気を付けねばなりませんね。

ここ数年の遺伝子研究の進展によって、
一人の人間の腸内細胞の組成パターンは、
生後一年で、ほぼ決まるコトが判ったそうです。

つまり、赤ちゃんは、生後の一年間を費やし、
母親と接する中で、母親の持つ菌を体内に取り込み、
腸内環境を作り上げるのです。

そして、この一年が、その子の生涯に渡る免疫力を、
高めるかどうかを握る期間となるのです。


※ビフィズス菌 出典 kurosukehazama.ti-da.net

実際、お母さんの胎内は無菌状態ですので、
生まれたての赤ちゃんに、悪玉菌は存在しません。

乳幼児の腸内には、ビフィズス菌などの善玉菌が殆どで、
大腸菌などの悪玉菌は、ほんの少しです。

その後、赤ちゃんは、自分の周りにいる菌や、
母親の皮膚にいる常住菌などと接触し、
最終的には、母親の腸内細菌パターンと似て行きます。

実際、赤ちゃんは、
見たモノを何でも舐めたり、口に入れたりしますよね。

初めて子育てをする母親は、気が気ではないので、
赤ちゃんの周りを中心に、家中をせっせと磨くワケですが、

その際に、市販の除菌グッズを多用する方も多いでしょう。

ですが、この時期の赤ちゃんは、
どうやら放っておいた方が、子供の将来のためになるようです。

ちなみに、アトピー性皮膚炎を罹患した乳幼児の便を調べると、
その40%の赤ちゃんの便に、大腸菌が一匹もいなかったんだとか。

行き過ぎた生活環境の除菌は、
こんな結果を生むコトもあるんですね。

これは掃除をするなという意味では、
決してありませんので、

掃除嫌いの人が、都合の良い解釈をしないコトを祈ります。

また、この時期を過ぎてからは、毎日の生活習慣によって、
組成パターンの枠内で腸内細菌を増やすコトが必要になりますが、

大人になってからも、手遅れではありませんので、
手や顔、身体を洗い過ぎないようにし、

腸内の善玉菌が優勢な状態を保ちつつ、
日和見菌を含む、腸内細菌の総量を増やすコトが、

健康維持には大切なようです。

開運の手

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日は、台湾華僑に学ぶ、
開運に導くための、自身の手に関する情報をシェアします。

お金が、最もイメージしやすいかもしれませんが、
僕たちは、多くを手で受け取ります。

例えそれが、非物質であっても、
手で何がしかを受け取るというイメージは、
対象が何であれ、明確にあるものです。

ですから、手を良い状態に保つことに、
台湾の華僑たちは、こだわるのだとか。

彼らの風水的に説明すると、
掌にある沢山の線(手相に関係する線)の中で、

縦方向に走る線は、その多くが吉相と関係し、
横方向の線は、障害線が多いため、

胸の前で、両方の掌を合わせ、
縦方向に掌をこすることで、

障害線が薄くなり、吉相が強まるのだとか。

また、こうして掌を擦れば、
摩擦熱で温かくなりますが、

温かくなったところで、

両方の親指の付け根の下の、ぷっくりした部分を、
反対側の親指で揉んでやると、

開運のためのスタミナが、育まれるのだそうです。

また、同じ要領で、小指の付け根も揉めば、
こちらは金運や人間関係を向上させる力が育まれるのだとか。

また、縦方向に擦った掌が発する摩擦熱は、
吉相を高める効果がある分、その熱の波動も高まって、

身体の問題のある部位に、掌を当てることで、
治療効果も期待できると言われています。

また、冒頭でも述べたように、
僕たちは、それが何であれ、手で受け取るイメージができる以上、

受け取ろうとする掌に、隙間があっては、
ザルでは水がこぼれるが如く、幸運も逃げてしまいます。

両手の全ての指を、ピシッと閉じてみて下さい。

指の付け根に、隙間ができていませんか?
それでは、幸運がこぼれてしまいます。

そのため華僑たちは、暇さえあれば、
指に力を入れて、指と指を寄せてみたり、

反対の手で、人差し指から小指を包み込むように握り、
隙間を埋めようとする習慣もあるそうです。

手相は変わると、良く言われますので、

こうした、指の付け根の隙間なども、
きっと、どんどん変わるのでしょうね。

そういう意味でも、手相は結果であって、

そうした変化を生み出す原因が、
ポジティブなものであればあるだけ、

何らかの形で、開運や奇蹟と関係するのでしょう。

上新粉でスコーンを作ろう・後編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今回の連載の、最終日となる今日は、
よりスコーンらしい(?)スコーンを作ってみましょう。

ボウルを2個使いますが、
工夫次第では、1個で出来ます。

混乱させそうですので、
まずは、基本となる、ボウル2個使いで話しを進めます。

生地の材料と分量については、昨日と同じです。

つまり、1個目のボウルは、生地の粉を準備し、
粉だけで、しっかり混ぜるために使います。

写真や工程については、
昨日の記事の前半を参考にして下さい。

昨日作ったスコーンは、
カタチや触感はスコーンだけれど、
味が焼き餅だというお話しをしました。

材料が米粉なので、ある意味当たり前ですが、
これをスコーンらしい味にするためには、
油脂が必要となります。

そのために用意するのが、2個目のボウルです。

無調整豆乳250ccと、菜種サラダオイル50ccを、
2個目のボウルに入れたら、

これを、しっかり撹拌させます。
写真下にハンドミキサーが映っていますが、

菜箸でも構いませんので、
しっかり撹拌して、乳化させて下さい。

乳化せずに作ると、胃もたれのするスコーンになります。
また、乳化することで、スコーンらしくもなります。

乳化した豆乳&油脂の入った2個目のボウルに、
1個目のボウルの生地の粉を少しずつ入れ、
ヘラで、良く練って下さい。

昨日も申し上げましたがた、
良く練ると言っても、グルテンを作る目的では無いので、
全体にムラが無くなる程度を目指します。

この後は、昨日の流れと同じです。

オーブン皿にクッキングシートを敷いて、
ボウルの中の生地を、手で丸めながら並べたら、

余熱無しで、180度で25分焼けば完成です。
※ガスオーブンの場合は、温度を下げて、時間も短くしましょう

昨日のレシピと違う点は、油脂を使って、
それを乳化させたモノに、生地の粉を少しずつ入れるというだけで、
前後の工程に、差はありません。

ですが、たったこれだけの差が、
スコーンらしい風味に化けさせるのですから、
料理とは不思議な世界です。

ご覧の通り、真っ白なスコーンですが、
味も香りも、小麦粉バージョンに引けを取りません。

さて、

このスコーンを作った翌日、
同じモノをボウル1個で作ってみました。

1個目のボウルに生地の粉の準備ができたら、
その中身を全てビニル袋に移して、
そちらで混ぜ込んでしまいます。

空になった1個目のボウルに、
無調整豆乳と菜種サラダオイルを入れて撹拌し、

乳化した豆乳の上に、ビニル袋に入った生地の粉を、
少しずつ入れて、良く練るワケです。

こうすれば、ボウルは1個使いで済みますよね。

さらに、出来上がりが、あまりにも白かったので、
生地にターメリックを入れてみました。

すると、当然、黄色いスコーンが出来たのですが、

超不思議なコトに、トウモロコシの味がするのです。

見た目が黄色くなっただけなのに、
まるで、トウモロコシの粉で作ったスコーンに、
見事に化けてしまいました(@_@)

加熱したターメリックの香りが、
色だけでなく、風味までを、
トウモロコシ・バージョンにしてしまったようです。

というワケで、
色々な不思議現象が楽しめそうですので、

皆さんも挑戦してみて下さいね。

近々に、上新粉でパンを作ってみるつもりです。
どうぞ、ご期待下さい。

上新粉でスコーンを作ろう・中編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

それでは、お約束通り、
上新粉を使ったスコーンの、簡単&ヘルシィ編です。

ボウル一つだけで出来ちゃいます。
5センチ大のスコーンを、10個作ってみましょう。

スコーンの生地に使う粉は、
昨日ご紹介した上新粉の他に、ドライオカラも使います。

また、ラムフォードのベーキングパウダーで、
生地を膨らませます。

このベーキングパウダーは、
アルミフリーなので安心です。

生地の粉の計量は、重量ベースです。
まず、ボウルに、上新粉を150gとドライオカラを50g入れます。

ドライオカラは、比重が軽いので、
容積でみると、両者はほぼ同量です。

また、粉の全重量に対して、
3%のベーキングパウダーが必要ですので、
今回は6g入れました。

さらに、天然塩を小さじ1/2加え、
水を加えない状態で、粉だけをしっかり混ぜます。

良く混ざったところへ、
無調整豆乳を300cc入れるのですが、

半量加えたら、良く練って、
もう半量加えて、良く練って、…を繰り返します。

ちなみに、良く練ると言っても、
グルテンを作る目的では無いので、
全体にムラが無くなる程度を目指して下さい。

オーブン皿にクッキングシートを敷き、
※僕は無漂白の製品を使います

ボウルの中の生地を、手で丸めながら並べます。

余熱無しで、180度で25分焼けば完成です。
ガスオーブンの場合は、170度で20分で大丈夫だと思います。

完成しました。
米粉とオカラなので、真っ白なスコーンです。

わが家の電気オーブンは、対流式なので、
焦げ目があまり付きませんが、しっかり焼けてます。

手で割った感じ、外のサクサク感、
中のもっちり感とも、完全にスコーンです。

ですが、メープルシロップなどの甘味も、
オリーブオイル等の油も使っていないので、

ヘルシィな反面、味がかなり画期的です(笑)

まるで、焼き餅味のスコーンという感じでしょうか。

ですから、砂糖醤油を付けながら食べたり、
海苔を巻いて、磯辺焼き風にしても美味しいです。

味がスコーンではありませんが、風味の楽しいレシピですので、
是非チャレンジしてみて下さい。

明日、ご紹介するスコーンは、
しっかりスコーンの味がしますので、どうぞ、ご安心を(笑)

ちなみに、作ってみると判るのですが、
グルテンが生成されないため、ボウルにこびりつく生地が殆どなく、
材料にも無駄が無いし、後片付けも楽チンです。

小麦粉の生地で作ると、ボウルを洗うのも一苦労しますので、
この差には、きっと驚かれると思います。

上新粉でスコーンを作ろう・前編

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日からの3日間は、
米粉でスコーンを作るお話しを致します。

小麦を排除した、グルテンフリー生活でも、
美味しいスコーンを食べたいという食い意地から、

試作を重ねて辿り着いた、
2つのバージョンをご紹介しますが、

今日は、具体的なレシピに入る前に、
米粉や上新粉について、しっかりとおさらいをし、

明日は、ボウル一つで出来る、簡単でヘルシィなスコーンを、

そして明後日は、ボウル二つで作る、
少々、本格的なスコーンをご紹介します。

まず、今日の投稿のタイトルをご覧下さい。

「米粉」とせず、「上新粉」としました。

これは、数在る米粉の種類の中でも、
最も入手し易く、混乱せずに済むチョイスに拘った結論です。

上の写真は、ケンコーコムで手に入る、
1キロ550円(税別)の、お手頃で上質な上新粉です。
※宮城県産ですが、放射能検査もされています

ちなみに、上新粉とは、
うるち米を精米してから、洗って乾燥させ、
それを粉にした米粉です。

さて、このレシピを、貴方が試すか否かは別として、

一度、気軽に、スーパーマーケットの、
米粉コーナーを覗いて見て下さい。

僕の取り上げた、昔ながらの上新粉や、
団子には欠かせない白玉粉等に混じって、

製パン用の米粉が、

言い替えるなら、ホームベーカリー用の米粉が、
色々と販売されているのです。

しかも、対象となるホームベーカリーは2種類あって、

一つ目は、米粉でパンを作ることを前提とした、
特殊なホームベーカリーです。

数年前の発売直後、
その希少性から品薄の続いた「GOPAN」がそれです。

二つ目は、一般的な小麦粉で作るホームベーカリーで、
気軽に米粉パンを楽しむための、専用の米粉も販売されています。

そちらはのホームベーカリーは、
市場価格もGOPANの半値以下で取引されており、
以前、わが家にも、この機種の1.5斤用がありました。

仮に、グルテンを含まない上新粉のような米粉を、
一般的なホームベーカリーに掛けても、パンはできません。

小麦粉は、水でコネた分だけ、
グルテンというたんぱく質が生成されるのですが、

これがパン特有の、表面カリカリに、中身モッチリにする秘密です。

そのため、生地の粘着性も、自ずと高くなるので、
発酵も数回に分ける必要があって、

そうするコトで、全体が、
フワッと膨らんでくれるようになるのです。

つまり、一般的なホームベーカリーでは、
小麦粉を対象としているために、

相手が米粉となると、生地をコネ過ぎてしまうし、
また、発酵回数も多過ぎるので、パンになってくれません。

この問題を克服した、
GOPANのような米粉専用ホームベーカリーは、

当然、米粉にあったコネや発酵をするため、
逆に、こちらに小麦粉を使えば、上手く行きません。

ですから、米粉専用ホームベーカリー用の米粉は、
純粋に米を粉にしたものですが、

これに加えて、機械による製パンと相性の良い、
粉粒の大きさと、水分吸収率に仕上げられているのに対し、

一般的なホームベーカリー用の米粉は、
米を粉にしただけではなく、そこに小麦由来のグルテンが添加され、

これに加えて、機械製パンに適した粉粒の大きさと、
水分吸収率に仕上げられているのです。

簡単に言えば、どちらのホームベーカリー用の米粉も、
機械製パンに合わせた、特別な手間が掛けられているため、

上新粉や白玉粉と比べると、割高になってしまいます。

また、焼きの行程も、米粉は独特で、
発酵が一回で良い分、いきなり高温で焼く必要はありません。

そのため、例えば家庭用の電気オーブンで焼く場合、
余熱が要らないのです。

これは、有難いでしょ。

つまり、入手し易い上新粉を使って、
機械に頼らず、人間の五感と電気オーブンさえあれば、

美味しくて、しかも経済的な米粉のパンやスコーンが、
意外と簡単に作れちゃうのです。

というわけで、長い前置きはこれくらいにして、

明日からの2日間は、
2種類のスコーンをご紹介して参ります。

レトロな電子レンジ

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

これは、2000年に発売された、
パナソニック製の電子レンジです。

上の写真は、
今朝のわが家のキッチンで撮影したもの、

そして下の写真は、
メーカーのサイトにあった、発売当時の画像です。

シンプルな操作面と、清潔感のあるデザインが気に入り、
15年間、大切に使って来ました。

レンジ庫内まで、とても綺麗です。

ですが、わが家の純菜食生活が、徹底すればする程、
電子レンジを使う局面が減ってしまい、

最近では、殆ど活躍しなくなってしまいました。

かと言って、大切にして来たレンジですので、
捨てるのは気が引けます。

もちろん、完動します。

もし、宜しければ、
どなたか、使って頂けませんでしょうか?

無料で差し上げます。
当たり前ですが、一台限りです。

19日、日曜日の午後6時まで、お申込みを受け付け、
お申込みが多い場合は、抽選とさせて頂きます。

ひかりあめまで、取りに来て頂ける方を希望しますが、

遠方の方でも、送料着払いでも宜しければ、
発送の手間は惜しみません。

もし発送を希望される場合は、丁寧にお送りしたいので、
梱包手数料として、1500円をご送金頂きます。
※送金方法は別途ご連絡いたします

この電子レンジは、レトロなフォルムに人気があり、
今では、発売時より高値で取引されているようです。

ちなみに、同時期発売の、同シリーズの冷蔵庫もあって、
わが家では漬物専用の冷蔵庫として活躍していますが、

このレンジと冷蔵庫は、よくトレンディ・ドラマに、
小道具として使われていました。

オークションで換金したらイイのに、
…と、言う声が聞こえますが、

汚れたら、すぐに拭き取って、
年末には、裏側まで丁寧に磨いて、

そんな、お金には替えられない手間を、
15年間、ずっと掛けて来たレンジですので、

オークションのような形で、手放す気持ちにはなれません。

貴方のキッチンに、この子を活かせる空間があって、
そして、貴方の生活のお役に立てそうなら、

ぜひ、こちらからお申込み下さい。

希望される理由や、
当ブログやひかりあめへの感想も頂けると嬉しいです。

くれぐれも、僕の代りに、
オークションに出したい!という動機の不純な方は、
何卒、ご遠慮下さい(笑)

僕の代りに、愛用して下さる方を希望します。

料理酒と味醂

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

突然ですが、

料理酒や味醂を、貴方は上手く使い分けてますか?

どちらも、日本酒のような醸造酒から派生した調味料ですが、
僕は、使い分けていないかなぁ(笑)

僕の葛藤の始まりは、料理酒や味醂の成分に、
疑問を感じたコトがきっかけでした。

多く市販される料理酒や味醂には、塩が添加されており、
飲用の酒ではないコトを、そんな形で区別しています。

いわゆる、酒税法対策で、
こうすることで、雑貨扱いになるワケです。

沖縄の離島のように、集落内に共同売店しかないとき、
そのお店が、酒類を販売する免許を持たなくても、

こうした塩の添加された料理酒や味醂は、
販売するコトが出来るのです。

生活に密着した調味料を、
どこでも販売できるようにという、
国の配慮なんでしょう。

そんな、量販タイプの料理酒や味醂を、
そのまま飲んでみたことは、おありでしょうか。

これが、まずいんですよ。
(T_T)

一方、本物の料理酒や味醂は、
天にも昇るような味がするのですが、

こちらは、高価で手が出し難い存在…。
(T_T)

量販のために、料理酒や味醂本来のハードルを下げ、
色々添加して味の悪い「なんちゃって調味料」を使うのか、

無添加で味も良く、だけど買うのに勇気のいる、
高価な調味料を使うのか、

悩むのは、僕だけではないはずです。

そんな葛藤に応えを出してくれたのが、
30度の泡盛を、料理酒や味醂として使うことでした。

写真左の泡盛は、
アルコール度数が高い割りに、値段もリーズナブルな商品で、
※パッケージも可愛いので気に入ってます

蒸留酒ですから添加物も一切入っておらず、
本来そのまま飲むものですから、味も良質です。

右手に映っているボトルは、
雑貨屋で購入した、300ccのリサイクルボトルで、

僕はこのボトルに、泡盛を半分、
ミネラルウォーターを半分入れて、

料理酒と同じアルコール度数の15度前後に落とし、

そのまま、料理酒として使ったり、
アルコールを飛ばして味醂として使ったりしています。

つまり、使い分けているのではなく、
使いまわしているのです。

泡盛は米由来の蒸留酒ですが、
タイ米と黒麹のマッチングが、
調味料として威力を発揮する場面が多々あります。

純菜食のわが家では、
キノコを料理に使わない日は無いのですが、

例えば、キノコを泡盛料理酒で蒸し焼きにして、
醤油と酢で味付けすれば、

お手製のナメタケが、あっという間に完成します。

また、昨日はゴーヤを煮て食べましたが、
煮込む前に、この泡盛料理酒で蒸し煮にすると、

ゴーヤの苦味が、嘘のように旨味に変身してくれます。

泡盛料理酒のアルコールを、
煮切って飛ばせば味醂の代用品になり、

例えば、酢味噌を延ばしたい時や、
冷麺の出汁に旨味を足したい時に、

とても重宝しますし、味も格別です。

また、沖縄の泡盛は、
酒税上で特別な扱いを受けた蒸留酒のため、

内地の焼酎のように、高額の酒税が加算されていない、
お財布に優しい酒ですので、活用しない手はありません。

最近では、古酒だけでなく、
新酒の泡盛も内地で販売されているようですので、

ぜひ沖縄の泡盛を、毎日の調理に、
使いまわしてみて下さい。