糠床の水気対策

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

このブログでは、かつて、
糠漬け絡みの投稿を集中していた時期があります。

その頃、読者さんから教わったテクニックですが、
とても良い方法ですので、ここでシェアしますね。

わが家には、家庭用精米機はあるのですが、
玄米ばかり食べるために、生糠を作ることができません。

そのため、糠漬けの糠床の、
特に水分調整に頭を悩ませます。

野菜の水気が糠床で飽和したモノですが、
味の良い水分なので、捨ててしまうのは失礼です。

コレまでは、乾燥した昆布を漬込んで、
この水分を吸い込ませて、
昆布の糠漬けを楽しんでいたのですが、

今回は、乾燥した有機大豆を、
軽く水洗いして、水気を完全に切ったモノを入れてみました。

この写真は、大豆を糠床に混ぜ込んで2日目です。

拡大してみましょう。

ご覧のように、
しっかり大豆の状態に戻っています。

食べてみると、まだ2日目というコトもあって、
良く漬かっている感じではありませんが、

現段階でも、結構滋味深い、
そう、「おつな味!」ってヤツでしょうか。

余分な水分も気にならず、
糠床のメンテナンスも楽にできました。

以前、同じ様な要領で、
乾物の状態の切り干し大根を、漬け込んだコトがあります。

切り干し大根自体は、文句なく美味しく漬かるのですが、

糠床を掻き回す日々の作業の際、
細長い大根が手に絡まってしまい、面倒な思いをしました。

それと比べると、こちらの大豆は、
作業性も良くて好都合ですし、
この後の味の変化も楽しみです。

これで一層、家庭用精米機を使わなくなりそうですが、

糠床を手入れする度に、少しずつ無くなりますので、
いつか足さねばならぬ日は来るでしょう。

ハンダマの醤油麹漬け

ゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日も、相変わらずの簡単レシピです。

有機無農薬栽培のハンダマが手に入ったので、
醤油麹に漬けるコトにしました。

沖縄では伝統野菜ですが、
内地では水前寺菜と呼ばれいますよね。

以前は、葉と葉柄をハサミで切り分け、
別々の仕込み方をしていましたが、

葉柄が、しっかり付いたままの葉を、
そのまま、荒千切りにして仕込んでみたところ、

歯応えのバリエーションが色々楽しめるので、
最近では、もっぱらこの方法で漬けています。

こんな感じで、荒い千切りにします。
幅が1センチ弱くらいですから、かなりの荒さです。

最初の写真の半量の千切りを、
終えた写真がこちらの二枚目の写真です。

葉も茎も関係なく、荒千切りにしてます。

醤油麹の半量の醤油を足した漬け汁を用意し、
ボウルの中で、丁寧に和えます。

ビニル袋に入れて、漬け汁を注ぎ込み、
手で揉んでも良いですが、

ご覧のようにボウルで和えた方が、
調理中に香も楽しめるので、僕は好きです。

実は、無理に漬物にせずとも、
この状態でも充分に美味しいんですが、

せっかくですから、数日待って、
発酵させて頂きましょう。

ビニル袋に入れたら、しっかり空気を抜き、
口を密閉して仕込みは完成です。

冷蔵庫の中で、数日お待ち下さい。

玄米ご飯のお伴に、最高ですよ。