手足交互運動でセルフケア

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

独楽(こま)は、ご存じと思います。

そうです。
正月に楽しむ、あの独楽です。

彼らは、回転運動によって、
地球の重力と、うまく折り合いを付けながら、
自分自身を垂直に立ち上げるコトができますよね。

実は、脊椎動物の身体は、
この回転運動を利用して、
自らの脊椎をケアしているのです。

脊椎のケアとは即ち、
自律神経のケアを意味します。

つまり、手足を交互に動かして歩くコトで、
背骨を真っ直ぐにさせる力が働くのです。

しかも、自然と、
手と足が反対に動くようになっていますが、

肩と腰が反対方向に捻じられるコトによって、
一層効果が高まるようになっているのです。

赤ちゃんのハイハイや、
犬や猫たちの四足歩行も同じです。

ですから、せっかくウォーキングをするのなら、
荷物を持たずに、手を振って歩きましょう。

また、歩く際には、
足の親指に意識を向けて歩きましょう。

親指が地面を蹴っている
イメージをしながら歩くのです。

これによって、
骨盤も修正されます。

ちなみに下駄や草履を履いて歩くと、
自然と足の親指に意識が向きます。

特にデスクワークの多い方は、
休憩時間を利用して、
しっかり手足を振って歩きましょう。

ちなみに、わが家のご近所には、
かなり腰の曲がったおじいさんがいらっしゃるのですが、
彼は毎朝、元気に散歩をされています。

曲がった腰をサポートするために、
杖をついて歩いていらっしゃるのですが、

何と彼は、杖を2本持ち、
スキーのストックのように使って、
手足交互運動を実践しているのです。

セルフケアを長く続けている方は、
理屈としてではなく、

身体自身が良い方法を、ご存じなのでしょう。

これと相反するように、
赤ちゃんを歩行器に入れて、

無理矢理歩かせようとする
若いお母さんが多いのには驚きます。

こんな器具です。

本来すべきハイハイによる完璧な手足交互運動が、
歩行器によってできなくなるばかりか、

まだ完成していない腰に、
多大な負担をかけるコトになってしまいます。

同じ理由から、
トレーニングジムには必ず設置されている
ベルトコンベア式の歩行装置も、
脊椎動物には調和しません。

こんな装置です。

確かに、余分な脂肪の燃焼には、
役立つかもしれませんが、

姿勢の改善には、悪影響を及ぼします。

本来、蹴り出して歩くべき地面の方が動くため、
骨の本来の構造が混乱してしまうからです。

人間の生み出した、効率を求める器具には、
このような矛盾が多々あります。

自然な形のセルフケアを楽しみましょう。

腰を守る

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

師走と言えば、大掃除です。

特に、日頃から運動不足の人にとっては、
腰への負担も気になるところです。

昨日、来所されたお客様は、
腰痛に効くレメディを希望されましたが、

慢性的な問題にウィロウは活躍しますが、
そうではない、一時的な腰痛の場合、
相応しいレメディはありません。

クシャミさえ、痛くてできないと嘆く
そんな彼女には、

安全なクシャミの姿勢と、
重い荷物の持ち方、
そして、腰のストレッチを処方しました。

実際、クシャミの作り出す急激な力は、
脊椎の構造を傷める場合があり、
あなどれない問題です。

立っているとき、クシャミが出そうになったら、
膝を軽く曲げて、片手を太腿におき、
腰を支えます。

座っているときも、
同じように片手を太腿において、
腰を支えて下さい。

これによって、胴体全体を支えるコトができ、
脊椎を傷めるリスクが、かなり減ります。

また、重い荷物を持ち上げるとき、
ウエストの位置で身体を曲げた前屈の姿勢では、

荷物の全重量が、
腰への負担となってしまい、
腰椎を痛める危険性が高まります。

重い荷物を持ち上げる場合は、
膝を曲げて腰を落とし、
身体全体で持ち上げるようにします。

その場合、なるべく荷物の傍に身体を近付けること、

そして、荷物が身体の正面になるようにし、
持ち上げる際に身体が、
前後左右にずれたりしないようにします。

また、腰に負担が掛かったなと思ったら、
ストレッチをして、腰周りの筋肉を解しましょう。

僕は、フルフォード博士の勧めた
骨盤の筋肉を伸ばすストレッチが気に入っており、

わが家では最も過酷な作業である
草刈の後には欠かせません。

まず、床に仰向けになって横になり、
両腕を真横に伸ばし、

左の掌を天井に、右の掌を床に向けます。

膝を曲げないように意識し、
片脚を身体の反対側に投げ出し、
両脚を交差させます。

投げ出した脚は不自然に力を入れず、
楽な位置で止めておき、
そのまま5分間ほど静かにしています。

5分経ったら、反対側の脚を同じように交差させ、
そのまま、同じように5分間静かにしています。

以上、10分間のストレッチです。

それなりに、
広い床が必要となるストレッチですので、
予め場所を確保しておきましょうね。

離島県に嬉しい通販

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

猫が3倍に増えたコトもあり、
空気清浄機を購入しました。

家電量販店は沖縄本島にも沢山ありますが、
僕は殆どの場合、Amazonから購入しています。

今回は、フィルターが自分で洗えて、
シンプルで廉価な機械を探したのですが、
イイなと思った機種はこれでした。

その後、Amazon以外の通販を物色していたところ、
面白いシステムを見つけました。

カメラのキタムラが展開している
ネットショップです。

うれしいコトに、今回の商品の場合、
Amazonよりも安く、
店舗受取なら送料無料となる通販です。

実店舗を活かした、通販というワケです。

調べてみたところ、
沖縄本島中部にも、3件の店舗があり、

僕はイオン北谷店内に入っている店舗で
受け取る手続きをしました。

注文して3日ほどで、ショップから連絡があり、
一ヶ月以内に受け取りに来て欲しいとのコトでした。

店頭で商品を受け取り、
カードでの支払いを済ませ、
店舗で利用できる割引券なども沢山頂戴しました。

ネットショップに多いのは、
「○○円以上送料無料」のような設定ですが、

キタムラのように、
全国に店舗があるコトで可能な、
店舗受取送料無料という考え方は、

沖縄のような離島ユーザにとって、
実に有難いシステムです。

また、利用者が
自宅で商品を受け取るだけの通販と違い、

利用者にショップを知ってもらうコトができ、
さらに、店頭ショッピングを利用する機会ともなり、
店舗にとっても、有利なシステムです。

これからは、こちらも、
わが家の選択肢として定着しそうです。

ちなみに、購入した空気清浄機は、
機嫌良く動作中です。

脱!平凡

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

同じカボチャなのに、
こんなに違うって知ってましたか?

僕たち人間も、同じで、
みな、それぞれが違って当然です。

ジャンボ宝くじの高額当選より、
はるかに確立の低い転生を、
僕たちは数十年前に果たしました。

そう、せっかく手にした人生なんです。

自分という存在をしっかり見つめ、
どこまで成長できるか、試してみましょう。

10の技量を持ちながら、
5しか使わない生き方が「平凡」と言うなら、
5で満足する生涯を「人並み」と言うなら、

「平凡」も、「人並み」も、
自分を封印するための、
暗示の言葉なのかもしれません。

少なくとも、本心と向き合わない生き方を、
正当化する言葉と言えそうです。

大体、「平凡」も、「人並み」も、
他者と自分を比較することが、
前提となった言葉です。

現世を通して追い求める幸せとは、
他者と比べて推し量るものではなく、

自分が満たされるコトによってのみ
得られるモノではないでしょうか。

ですから、「平凡」も「人並み」も、
幸せになりたい人にとっては、
本来不要な言葉なのです。

では、なぜ、
こんな言葉を使うのでしょう。

それは、自分には、
幸せになれない理由があると、
心の底で思っているからかもしれません。

自分は、複雑な事情を抱えているから、
前向きに生きるコトなど、
できるはずがないと思っているのかも。

しかし、これだけは断言できます。

事情を抱えていない人など、
この世に一人も存在しません。

事情を足枷にした生き方とは、
猫になれないコトを嘆く、犬のような生き方です。

ところが、そんな犬はいません。

でも、自分のコトとなると、
そんな単純な幻覚が、見破れなくなるのです。

幸せを求めるなら、
「脱平凡」を信条としてみませんか。

1秒の神秘

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

僕たちの身体は、
60兆の細胞から構成されています。

たった一つだった卵細胞が分裂し、
これだけの数になるのです。

こうした「数」に対して、
漠然としたイメージしか抱けないモノですが、

具体的に算出してみたコトはありますか?

そして、もう一点、
こうした細胞分裂によって、

身体の全細胞が90日で一新されるという事実も、
一緒に考察してみましょう。

つまり、一体どれくらいの速さで、
細胞分裂が起こっているのか、

例えば、1秒間では、
どれだけの数が分裂して生まれ変わるのか、
考えてみましょう。

1分間は60秒、1時間は60分、
そして1日は24時間ですので、

1日という時間の単位は、
60×60×24で、
8万6400秒に相当します。

身体中の細胞が生まれ変わる90日とは、
その90倍を意味しますので、

8万6400×90で、
777万6千秒に相当します。

ゆえに、60兆の細胞を、
777万6千秒で作り直すための速度は、
60兆÷777万6千で計算できますので、

答えは、毎秒771万6049個と算出されます。

これは、物凄い数です。

数百万もの細胞が、
アッという間に生まれ変わっているのです。

身体の主である僕たちが、ボウっとしている間に、
この再生は繰り返されています。

しかも、複雑なDNA配列を一切間違えるコトなく、
淡々と確実に、休まず続けているのです。

それだけじゃ、ありません。

その細胞分裂を損傷させようとする、
放射線の影響から蘇生プロセスを守り、

身体表面にある無数の穴から入り込もうとする、
環境毒性物質やウイルスとも闘い、

何かに躓いて摩耗損傷が起これば、それを修復し、

偏った生活習慣や、緊張や不安、
そして加齢のリスクとも闘い、

常に奇跡的な勝利を、
毎秒毎秒、勝ち取り続けているのです。

こうした善戦を、
奇跡の身体の持ち主である僕たち自身が、
感謝を忘れて生き続けて良いのでしょうか。

「自分を大切にする」という言葉の真意を、
そろそろ、本気で噛み締めてみましょう。

毎秒数百万の細胞蘇生を、
確実に可能にする神秘の小宇宙を、

僕たちは例外無く、携えているのです。

起きているのに寝ている?

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

往々にして僕たちは、
余計なコトを考えている時、

今を見ていません。

思考…、つまり考え事の多くは、
過去を悔やんだり、懐かしがったり、

あるいは、起きてもいない未来のことに対して、
不安や恐れを抱いていたりと、

過去や未来ばかりを見ています。

もちろん、その内容がネガティブなコトばかりでは
ないかもしれませんが、

そうした考えに没頭すればするほど、
そちらの世界に埋没してしまいます。

つまり、今に居ながら、
過去や未来に意識をフォーカスさせているのです。

これって、夢を見ている状態と、
何ら変わりません。

ですから本人は、しっかり起きているつもりなのに、
脳内は夢を見ている状態と同じなのです。

そんな状態で、道を歩いたり、
まして、車を運転して安全でしょうか。

さらには、

歩いたり、車の運転をしたりというコト以外にも、
今を見ていない状態で何かに出会えば、

過去や未来の自分の尺度で、
今を判断をしてしまいます。

正しい判断ができるはずが、無いのです。

睡眠状態から目覚めるコトを覚醒と言い、
自身について悟るコトも覚醒と言いますが、

本当の意味で覚醒した状態とは、
ただ、目が開いていれば良いのではなく、

意識が、今、この瞬間になければならず、

そうでなければ、
危険でさえあるのです。

ですから、日頃から、
余計な思考を止めるワークをしましょう。

数日前の投稿と、
同じ締めになってしまいましたが、

そのワークとは、
別の名を瞑想と言います。

猫にオステオパシィ

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

シャム系雑種の子猫2人が加わり、
親分猫のチアさん共々、
大家族となったわが家ですが、

子猫のうちの1人のポンちゃんが、
家族の一員となったその日から
軟便が続いていました。

そこで僕は、猫の骨格図を入手し、
毎日オステオパシィを施したのですが、

施術をはじめて10日目に通常の便に戻り、
今では、その気配は全くありません。

施術した部位は、胸腰部の数個の椎体です。

僕の指一本が、
ポンちゃんの2つの椎体に触れてしまう程、
彼女の脊椎は小さかったのですが、

緊張のある椎体に意識を向け、
問題の部位だけ調整することができました。

良く眠る子でしたので、
眠っている間に施術することができ、
ついでに、後頭骨と環椎の間の緊張も解しました。

猫にもオステオパシィは有効のようです。

それから、軟便の問題と並行して、
彼女は目ヤニも多かったのですが、

こちらは濃縮発酵酵母エキスの点眼で、
4日間で治りました。

また、里子として連れ帰った日に、
動物病院から虫下し剤を
2週間後に飲ませるように言われたので、

まずは、支持された通りに、
二人に飲ませてみたのですが、
どうやっても、口から吐き出してしまいます。

そこで、錠剤を水で溶かして飲ませてみたのですが、
ポンちゃんも、ポコちゃんも、
泡を吹いて抵抗するため、ついに断念しました。

代案として数日間、
普段の飲み水にクラブアップルを入れ、

また一日2回、濃縮発酵酵母エキスを数滴、
口の中に直接滴下して飲ませました。

こちらは、全く抵抗せず、
そして吐き出すこともなく飲んでくれました。

明日で、一ヶ月になりますが、
二人とも元気に育っています。

それから、チア親分にも、
オステオパシィが威力を発揮しています。

彼女は長毛種なので、
月に4~5回毛玉を吐き出し、
その際は、30分間前後辛そうにしていたのですが、

オステオパシィを知ってからは、
胸椎の7番周辺にある緊張を
解すことができるようなったため、

10分程で、すぐに元気になって、
食事もできるようになったのには驚きました。

また、毛玉を吐いていた回数も、
半減したようです。

自然療法って、素晴らしいですね。

 

Scroll to top