病は気から

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

薬害について真剣に学び始めてから、
自律神経と病気との関係について、
多くを知るコトになりました。

それらを踏まえて今日は、
(いにしえ)からの伝承、「病は気から」について
解き明かします。

ネガティブな感情が、どのような仕組で、
病や症状に発展するかを、
なるべく平易な表現で説明してみますね。

実際、心配ばかりしていると、
胃が痛くなる人は多いですし、

許せない思いが腰を傷めるというのも、
良く耳にする話しです。

例えば後者の場合、
本当の原因はメンタルにあるのに、
腰痛を訴えて整形外科を受診すると、

医師はレントゲン撮影をして、
その原因を椎間板の異常などと説明し、

状態が顕著であれば、
手術を勧めることもありますが、

手術をしても改善しないという話しも、
幾らでもあるモノです。

腰椎は、座仕事が大半を占める現代社会では、
正常な状態である人の方が圧倒的に少ないので、

病因を骨格異常に帰着させることは、
必ずしも正しくありません。

心の問題がまず起こり、
それが何らかの形で身体部位に対して、
痛みや痺れ等の指示を送り、

それを庇う形で生活をしているうちに、
結果として骨格異常に発展すると考えると、
辻褄が合います。

つまり、現代人の多くは、
身体メッセージの解釈を間違えているのです。

結果として起こっている
例えば骨格の問題等を物理的に修正したところで、
何の解決にもなりません。

実際の流れは、こうです。

自律神経は血流などの、
身体における不随意機能を管理しています。

例えば心臓の鼓動を、
意識の下で管理することは不可能ですから、

意識せずとも正常な動きを指示するコトが必要であり、
それを司るのが自律神経です。

脳がネガティブな感情を抱くと、
中枢神経のサブシステムである自律神経を介して、

標的と定めた組織への血流を制限し、
軽い酸素不足を起こさせます。

標的という表現が適切かどうか疑問ですが、
ある種の感情は、ある種の個性と関連しながら、
ある組織に影響しやすいと考えて下さい。

すると、血流の不足し始めたその部位の
有効な酸素量が不足し始めます。

充分な栄養を受け取れなくなったその部位が
筋肉や腱であれば、それは痛みとなり、

神経であれば、痛みや痺れ、
違和感や力の入らない状態となるのです。

これが症状という形での、人体の最初の表現ですが、
多くの人がこの身体メッセージを
軽視してしまうのです。

気が付けば、酸欠が進み、症状が深刻化し、

そのうち、問題を起こした当人にとっても、
メンタルからの訴えは二の次となり、
症状にばかり目が向くようになってしまいます。

これが現代医学における統計情報と合致すれば、
晴れて(?)病名が付くコトになり、

合致しなければ、
原因不明のストレス性疾患として
処理されてしまうのです。

何らかの違和感を身体に感じたなら、
この仕組みを思い出して下さい。

それは、あなたの抱いたネガティブな感情が、
もしくは、古くから抱いて手放せない
潜在意識側の感情が、

その部位に対して意図的な酸欠を、
企てはじめた兆候です。

ですから、病や症状を手放して
健康や幸せを手にするためには、

例え、どんな自分であっても、
自分の人生を受容し、
自身を愛するワークが必要なのです。

そのワークとは、
別の名を瞑想と言います。

治癒力を高める食材【キノコ】

身近でありながら、
免疫系に活力を与える食材がキノコです。

キノコは、野菜売場で見かけるモノの、
実際には、第三の生命群である菌類に属します。

植物と異なり、光合成もせず、
花も咲きませんが、

植物のようにビタミンや繊維質を有します。

特に僕たちベジタリアンが不足しがちな
ビタミンB群の宝庫であり、

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも有する
とても有難い存在です。

実際、東洋各地の民間療法では、
キノコは伝統的に薬用とされて来ました。

キノコに含まれる多糖類には、
抗癌作用や、免疫強化作用があり、

免疫疾患以外にも、
慢性疲労症候群や慢性肝炎にも有用で、
環境有害物質の排毒にも良いとされます。

また、血圧の高い方に良いのは、
キノコに含まれるカリウムが
塩分の過剰摂取を抑制してくれるからです。

そんな健康食材であるキノコの特売に出会ったなら、
ぜひ、なめ茸を作って保存食にしてみて下さい。

これは、季刊誌「おきなわいちば」の
初期のエッセイでも紹介した内容ですが、
とにかく簡単に作れます。

なめ茸と言うと、
エノキタケをイメージすると思いますが、

実は、どんなキノコでも、
ぬめりの多い少ないはあるものの、
例えばエリンギでも、なめ茸ができちゃいます。

食べやすい大きさに切ったキノコを
フライパンで乾煎りし、

酒を加えてしんなりさせたら、
仕上げに、好みの酢を入れ、
一煮立ちさせるだけで完成です。

また、数種類のキノコを同じように乾煎りし、
白ワインとオリーブオイルで仕上げたレシピもお勧めで、

和食、洋食を問わず、良く合います。

また、栄養素とは無関係ですが、
キノコファンの多くは、

あの独特な香りや、
歯触りを愛して止まず、

その感覚を鈍化させないという効果も、
脳への良い刺激となって、

自然治癒力発動のきっかけにもなるのでしょうね。

キノコの入手しやすい国に生まれたコトを
感謝して頂きたいモノです。

治癒力を高める食材【生姜】

ニンニクと同じくらい、
古来より薬用として珍重されている植物が生姜です。

僕をはじめとする、
腸壁に薄い部位を持つ乾癬患者にとって、
多くのスパイスが症状を悪化させる中、

ニンニクと生姜に至っては、
良い影響しか与えません。

実際に生姜は、
消化器系の治癒力に柔軟性を与える食材として、
世界中の民間療法に顔を出す有名人であり、

色の濃い植物に多いコトで知られる
抗酸化力や酵素も、
この根には豊富に含まれます。

また、あまり知られていないことですが、
生姜の消炎作用と鎮痛作用は、
乾燥させることで高まります。

市販の生姜を薄切りにして、
天日で干したモノが理想ですが、

メディカルハーブとして販売されているジンジャーは、
天日干しされた生姜の根のスライスですので、

もし機会があれば、それをホンの少しだけ、
ちぎって食べてみて下さい。

物凄く身体に良い刺激が、
ギュッと凝縮されている様子が、
味覚からも体感できるはずです。

午前3時33分から始まる僕の一日は、
ウコンと生姜のお茶が欠かせませんし、

わが家の家宝の糠床には、
常に生の生姜のスライスが忍ばせてあり、

毎朝の管理の際には、
糠床を混ぜながらその一辺を口に頬張るのが、
何よりの楽しみです。

また、消化器系だけでなく、
循環器系に対する効果や、
抗ガン作用もあるコトが解っており、

こうした恩恵を、
気軽に受けられるという点でも、

生姜を日々の料理に、
応用しない手は無さそうです。

唯一、空腹時に大量に摂取すると、
胸焼けを起こす可能性があるようです。

お気を付け下さい。

→明日に続く

治癒力を高める食材【ニンニク】

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

慢性病や体力不足に悩む人々の福音となる
自然からの贈り物は幾つかあります。

先週お話しした排毒
充分にできるようになったら、

次のステップは、
自然治癒力を柔軟にさせる食材を
食べるようにしましょう。

ちなみに、身体に良い食材があれば、
飛びつく人も多いモノですが、

排泄が充分にできていない状態では、
どんなに良い食材を摂取しても、

薬効を引き出すことはできませんよ。

治癒力を高める代表的な食材と言えば、
まず思い付くのはチョウセンニンジンですが、

日常的に利用できる程、リーズナブルではありません。

入手しやすく、毎日活用できるものを、
今日と明日でご紹介したいと思います。

乾癬患者さんや、
アトピーに悩む方にとっても

基本的に無害なモノばかりですので、
ご安心下さい。

筆頭となるものは、ニンニクです。

その血圧を下げる効果は劇的とも言え、
中程度の高血圧をコントロールすることもできます。

血中コレステロールや中性脂肪を低下させたり、
血液の凝固傾向を低下させることもできます。

心臓血管系を強化させる、
素晴らしい食材なのです。

沖縄では特に、
県産のシマニンニクをお勧めします。

小ぶりで、薄皮を剥くのが大変ですが、
醤油漬けにしておき、

その醤油をスープの味付けに使ったり、

漬けこまれたニンニクを
包丁で潰して微塵切りにしたモノを、
炒め物の隠し味にしたりと、

一回仕込んでおくと、
しばらく使えて便利な調味料となります。

減ってきたら、醤油を足したり、
ニンニクを足したりすれば良いので、
難しく考える必要もありません。

ニンニクは、匂いの気になる食材ですが、

動物性タンパク質とペアにならなければ、
体内に残り難くなり、

さらに先週お話しした排毒
充分に出来ていれば、

翌日に悪臭を引き摺ることはありません。

→明日に続く

続・摂り過ぎたタンパク質の行方

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

今年2月の投稿で、
摂取し過ぎたタンパク質が、
骨をスカスカにするお話しをしました。

問題はこれ以外にもあるので、
今日は続編としてお話しします。

今回の対象となるものは、
肝臓と腎臓です。

タンパク質は、体内組織の生成や修復には欠かせない
必須栄養素である点は間違いありませんが、

そのために必要となる量は
実はごく僅かであるという点が
世間では、あまり知られていません。

密度の濃いタンパク質と言えば、
動物性タンパク質です。

肉や魚、卵、乳製品が、それにあたります。

植物性のタンパク質は、
豆類、穀類、ナッツ類から摂取できますが、

これらのタンパク質は
繊維質や澱粉で密度が薄められているため、
しっかり摂取しても、タンパク質過剰にはなりません。

タンパク質だけでなく、摂取された栄養素の全ては、
身体の維持に必要な分を越えると、
エネルギーとして燃焼されるのですが、

脂質や炭水化物は、
酸素、水素、炭素で構成されるため、
燃焼すれば、水と二酸化炭素になります。

一方、タンパク質は窒素を含むため、
燃焼によって、有害な窒素酸化物が生成されます。

できてしまった窒素合成物は、毒性が強いため、
排毒を担当する肝臓に処理が引き継がれますが、

日頃から、食品や薬品以外の毒素、
例えば肺や皮膚から呼吸された毒の分解にも忙しい肝臓には、
余計な負担となって、のしかかることになります。

アルコールや薬を飲んでいないのに、
肝臓を傷めている人は多いモノですが、
彼らの多くはタンパク質過剰なのです。

そして肝臓は、受け取った窒素合成物を、
一生懸命分解するのですが、
ここで無毒化させるコトはできません。

これまた有害な尿素に分解して、
後処理を腎臓に託すのです。

最近のスキンクリームには尿素配合の商品が多く、
角質化した肌に潤いを与えるイメージがありますが、

実際には潤いを与えているのではなく、
尿素は、角質化した肌を溶かしているのです。

つまり腎臓にとっても、
相当に負担となる物質なのです。

肝臓も腎臓も、ジッと働き続ける臓器のため、
こうした負担を一切口にしませんが、

焼肉を食べた翌朝、
汗や尿が臭くなった経験は無いでしょうか。

これらは、寡黙な肝臓や腎臓からの、
最大限の苦情だと思って下さい。

先日、人工透析を受けている方が、
医療機関からの食事指導として、
塩分を控えるように言われているとおっしゃっていました。

しかし実際には、腎臓に問題のある方こそ、
タンパク質過剰にならぬよう、
注意するべきでしょう。

4つの排泄ルート

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

健康維持のために、
適切な浄化が必要であることは、
多くの人が知っています。

そのためにと、
十分な水分摂取を心掛ける人も多いのですが、
それだけでは浄化できません。

浄化のためのルートは、
4系統あって、

その全てが、
妥当な方法でクリーニングされる必要があります。

・尿排泄…泌尿器系
・大便排泄…消化器系
・汗排泄…皮膚系
息排泄…呼吸器系

これら4つのルートが、それにあたりますが、
このうちの泌尿器と消化器系の排泄にだけ着目し、

残りの2系統となる皮膚系と呼吸器系を
なおざりにしている人が多いように感じます。

特に、いつも排毒に尽力してくれる肝臓は、
体内に入った異物を除去するために、
常に働き続けており、

可能な限り解毒したのちに、
これら4つルートから排泄できるよう、
単純化合物に変える、賢く、寡黙な臓器なのです。

ですから、せっかく解毒されても、
この4系統が機能していないと、
毒が体内に残り、問題を起こすコトになります。

深刻な皮膚病や臓器障害等は、
これらの排泄不良が、
原因である場合が少なくありませんが、

そういった問題が無くても、
最近、肌が荒れるなと感じる際は、

皮膚科に行く前に、
この排泄不良をチェックしてみて下さい。

尿排泄を円滑にさせるためには、
水分摂取が重要です。

この意味における水分摂取の指すモノは、
浄水とハーブティーだけです。

カフェイン飲料やアルコール飲料、ジュースや炭酸飲料は、
デトックスのための水分補給にはならず、
新たな毒を体内に入れるコトになります。

大便排泄を円滑にさせるためには、
繊維質の摂取が重要となります。

食物繊維は2種類ありますが、
この系統の排泄を助けるには、
それらを万遍無く食べている必要があります。

不溶性食物繊維は、
未精製、未製粉の穀物に多く含まれます。

そして、水溶性食物繊維は、
野菜と海藻に含まれます。

ご飯と野菜、海藻を
しっかり食べる必要があるというワケです。

汗排泄を円滑にさせるためには、有酸素運動が必要です。

スチームサウナでも効果はありますが、
サウナを毎日利用するというのは、
現実的ではありません。

脊椎のメンテナンスも兼ねて、
20分以上、しっかり歩きましょう。

そして最後の、息排泄を円滑にさせるためには、
正しい呼吸が欠かせません。

日頃から呼吸の浅い人は、
この系統の排泄が不十分になります。

仕事の合間の軽いストレッチの際には、
深呼吸を忘れないようにしましょう。

これらをまとめると、
こうした排泄系統を意識せずとも、

良いモノを適量食べ、
しっかり動く生活をしていれば、
排泄系統も十分に機能するコトを意味しています。

反対に、外食中心だったり、
添加物や加工食品ばかりを食べ、
運動をしていなければ、

毒は溜まる一方、ということになりますね。

特に心身症の薬を長期間服用された方が、
減薬をスムーズに行うためには、

離脱症状を軽くするためにも、
薬の毒素を一刻も早く、
これらのルートから排泄させる必要があります。

冷たい手足

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

暖かい場所に居ても、手や足が冷たい場合、
自律神経を傷めているかもしれません。

意識下に無い過剰な緊張が、
末梢の細動脈を収縮させ、

血の巡りが不完全になるためです。

こうした状態がが長期化すれば、
その緊張は内臓にも及びます。

手や足の冷えを靴下や手袋で誤魔化さず、
身体中の不調に広がってしまわぬ前に、
自律神経を調和させてあげましょう。

自分でできるケアがあります。

・姿勢を正す
・正しく歩く
・瞑想をする

これら3つの励行をお勧めします。
全て無料です。

以前の投稿で、何度も説明していますが、
姿勢を崩すと腰や脊椎を傷め、
脳脊髄液の干満に支障をきたすようになります。

オステオパシィで正常化できますが、
姿勢が悪ければ、すぐに元に戻ってしまいますので、

極力、良い姿勢を、
自分で維持するコトが大切です。

特に背骨を支える筋力は落ちやすいため、
積極的に姿勢の改善に取り組みましょう。

また、足の親指に意識を向けて、
ウォーキングすることで、
脊椎全体をケアできます。

脳脊髄液のルートとなる脊椎のひとつひとつは、
可動域の少ない継手のような構造ですが、
24個連なることで、自在に動くことができます。

しかし、運動不足が続くと、
これらの可動域がドンドン小さくなり、
一本の棒のようになってしまいかねません。

足の親指に意識を向けて歩くコトで、
脊椎が本来の位置に向かって戻ろうとし、

さらに、歩行中の適度な振動が、
それぞれの椎体を解す効果があるようです。

瞑想については、本格的なやり方は、
ブログ内の色々な記事を参考にして頂きたいですが、

自律神経を調整させる目的だけであれば、
難しく考える必要はありません。

こうした問題を抱える人は、
考えが止まらない状態になっています。

ですから、無駄に考えないようにして、
緊張の解れた状態を、味わって欲しいのです。

姿勢を正して座ったら、
目を瞑って自分の呼吸に意識を向けます。

呼吸によって得られる新鮮な空気が、
あなたの肺を伸縮させる様子を想像しながら、
深呼吸を楽しんで下さい。

あなたの身体の中では
毎秒何百万もの細胞分裂が起こっています。

その神秘的な様子を想像するのも、楽しいはずです。

そして、呼吸のためだけに、
エネルギーを使うようにし、

それ以外の力は抜いてしまいましょう。

うまく行けば、床に座っているに、
空中を漂っているような解放感が味わえます。

大切なポイントは、
思考を止め、力を抜くことです。

緊張に解れた状態を、しっかり味わう必要があります。

もちろん、こうしたケアをせず、
イヨイヨとなったら、その不調を携え、
病院へ行くという選択肢もあるでしょう。

そうなれば、自律神経失調症と宣告され、
緊張を解す薬を処方されるかもしれません。

確かに手足は暖かくなるかもしれませんが、
姿勢も正さず、運動もせず、
緊張の絶えない生活習慣に留まったままで、

果たして、身体が喜ぶでしょうか。

自然治癒力

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

生命は、常に、
そのバランスを保とうとします。

転びそうになった身体を反射的に支えるように、
失ったバランスを取り戻そうとするのです。

同じように、健康な状態から逸脱したなら、
健康な状態に戻ろうとします。

これが、自然治癒力です。

ですから、この健康な状態に戻ろうとする力を、
人為的に活かしたり、
きっかけを提供することが、

本来の治療と言えるのでしょう。

ところが、常識や思い込みが意識を操作し、
その内なる力を封印します。

姿勢や食生活などの生活習慣が、
それを阻む場合も多々あります。

また、病気になれば、
健康になりたいという意識は高まりますが、

多くの人は、その病気や症状だけが、
消えて無くなることを望んでいます。

この発想が問題ですよね。

頭が痛いなら、
その痛みが消えてほしいと、

熱が出ているなら、
その熱が下がって欲しいと望むのです。

頭痛薬や解熱剤で、
確かにその希望が叶ったかに見えますが、

それは、病因を解決せず、
問題に蓋をしただけであり、
治療とは言えません。

頭痛薬や解熱剤を
使うなと言っているのではありません。

常識や思い込みを清算し、
姿勢や食生活を改めるなら、

薬物療法にも価値があります。

本当に健康になりたいなら、
この基本に立ち返らねばなりません。

愛を育てる

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

久しぶりに出会った人が、
以前より輝く存在になっていたなら、
それは、愛がその人を育てた証です。

恋愛が人を輝かせるコトは、
誰もが知っているでしょうし、
自ら体験している人も多いでしょうが、

それは一時的なホルモンバランスの変化であり、
本当の意味での、愛の輝きではありません。

愛を育てるのは、宿命です。

ご存じのとおり宿命とは、
人生において避けられない部分です。

そこで、艱難辛苦を味わうことで、
その体験が愛を育てます。

辛い、悲しい、苦しい、切ない、むなしい等の気持ちを
徹底的に味わうからこそ、
人の心の痛みが判るようになるのであり、

こうした、負の局面でに触れ、
様々な情を体験して、
愛は育つのです。

人を恨んだり、妬んだり、憎んだりすることも同じです。
こうした攻撃的な体験も、愛を育てます。

なぜなら、そうした気持ちを頂いているとき、
当の本人は、心地良いワケが無く、
最低の気分を体験しているからです。

ですから、いかなるネガティブな体験も、
愛を育てるきっかけとなります。

ただ、問題があります。
体験を、体験のままで終わらせてしまうことです。

これは、とても勿体無いことです。

体験から何かを学び、気付きを得なければ、
愛の原動力にはなりません。

ですから、今、
もしあなたが辛い思いをしているなら、

もしくは、過去に味わった辛い思いに、
翻弄されて生きているなら、

その体験を五感で味わうだけでなく、

それは自分に対して、どんな学びなのか、
そして、何に気付くべきなのか、

客観的に考えてみましょう。

もちろん、簡単な作業ではないでしょう。
だからこそ、取り組むべきだと思います。

大きな愛を携えれば携えるほど、
人生は光り輝くようになります。

幸せとは、裕福さではなく、
どれだけ輝けるかです。

また、ネガティブな感情の背景には、
幸福を得るためのきっかけが、必ず在ると確信できれば、

どんな苦労も、越えられるはずですよね。

常識

笑ってますか?
唄ってますか?
ゆうすけです。

「常識」という言葉には、
「当然わきまえているべき事柄や知識、判断」
…という意味があります。

一見、問題の無い説明のため、
僕たちは常識を信じ、
常識に寄り添って暮らしてしまいがちですが、

この言葉には、見えない背景が存在します。

それは、一般的な人間が…という前提です。

一般的な…は、広く世間に知れ渡っていることを意味し

人間が…では、地球上の数多くの生命の中で、
人間だけが対象となっており、

しかもその中で、先進国を中心とし、
情報伝達(コミュニケーション)の中で、
洗脳される可能性の高い人々が暗喩されています。

つまり、常識とは、
人間にとって有益でありさえすれば良く、

さらには、どんなに素晴らしい思想や運動が、
普遍の真理を携えた人によって作られても、

常識さえ盾にすれば、
いくらでも、それらを叩き潰すことが可能なのです。

言い換えるなら、
常識に正しさは、全く必要ではなく、

大多数の「人間」に知られるコトで、
成立してしまうモノなのです。

その広報役として存在する組織が、マスコミですね。

そして、マスコミを支配するものは、
彼らのスポンサーとなる、大手有力企業です。

ですから、政治家も、政府も、
殆ど無力と言っても過言ではありません。

もはや、彼らには
人を惹きつける力はありませんし、

彼らに政治資金を提供しているのも、
大手有力企業なのですから。

かつての偉人たちが例外なく、
「常識に捕らわれるな」と
言い続けて来たのは何故でしょうか。

そこには、独創性を大切にせよという意味だけが、
あるワケでは無いコトを、

僕たちは腑に落とす必要があるようです。