背骨の湾曲

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

背骨の湾曲に悩む人は、少なからずいらっしゃいます。

整形外科や整骨院などで、問題として指摘され、
さらには治らない!とまで言われるケースが殆どです。

脊椎側彎にせよ、猫背にせよ、
胸椎上部が緊張したままになりますので、
自律神経の問題をはらまらざるをえず、

不眠や吐き気などを伴うことなるのも、
珍しくありません。

これらの問題は、治療家の施術では、
確かに治りはしません。

ですから、専門家が治らないと言うのも、
ある意味、仕方ないのですが、

正確には「治療家の施術では治せない」と言うべきです。

安心して下さい。
これらの問題は、ご自身で治せます。

ケアのポイントは、
背骨は元に戻りたがっている!という事実を、

キチンと知った上で、
それを意識して生活することです。

重力のある地球で、脊椎動物として誕生した以上、
それが例え、先天性の問題であったとしても、

心身の調和を意識した生活を励行すれば、
それは必ず、最良のポジションに戻るのです。

それが、重力の魔法だからです。

すべて自己治療になりますが、
この経験は大切な宝となることでしょう。

やるべきことは、以下の4つです。

①脊椎を弛緩する

脊椎から緊張をとるために、
やるべきことはウォーキングです。

ですが、ジムのウォーキングマシンでは悪化します。
ベルトコンベアを逆行するこのマシンは、
かえって脊椎を緊張させてしまうのです。

手には何も持たず、軽く両腕を交互に振りながら、
ゆっくりと5~10分歩いて下さい。

毎日が理想ですが、
少なくとも、週に3~4回は歩きましょう。

なるべく、カーブの少ないコースを選び、
笑顔で、良い呼吸をしながら、
脊椎が緩むイメージを抱きつつ歩きます。

雨天なので歩けないときは、
イスに座った状態で(骨盤を固定して)
歩いているつもりで、ゆっくりと腕振りをします。

着座によって骨盤が固定されるため、
ウォーキングより胸椎への弛緩効果が高くなるのです。

だったら、ウォーキングではなく、
室内の腕振りだけで、充分そうなモノですが、
理想的なウォーキングであれば、
腰椎の緊張も解れるのです。

②脊椎の周囲に適度な筋力をつける

背骨の湾曲に悩む人の多くは、
運動不足にも陥っていますので、
自動的に脊椎周囲の筋力も低下しています。

実は、この状態は、
ある意味ではチャンスです。

背骨左右の筋力が、双方とも落ちていますので、
この状態から筋力をつければ、
左右のバランスも良くなるからです。

ケアの方法は、①と同じです。
理想的なウォーキングは、脊椎周辺に、
生きるために丁度良い筋力をつけてくれます。

僕たちはアスリートではありませんので、
必要以上の筋力は要りません。

①の歩き方の中に、背骨の左右に、
丁度良い筋力がつくことをイメージして下さい。

③普段の姿勢に気を付ける

脊椎が弛緩できて、周囲に筋力がついても、
普段の姿勢が悪ければ、問題は好転しません。

背中を壁につけて、
臀部(おしり)、肩甲骨、
後頭骨(うしろあたま)の突起部が、
壁に軽く触れる状態に姿勢を調整します。

この姿勢が理想的な姿勢ですので、
その状態を保つために、
どんな風に身体を調整すれば良いか、
ご自身で工夫して下さい。

④植物性カルシウムを摂取する

背骨のケアのためには、
骨を強くする食生活も大切ですが、

だからといって、
カルシウム強化された牛乳など飲めば、
骨粗しょう症まっしぐらです。

植物性のカルシウムを適量摂取して、
太陽光線を浴びる時間を作りましょう。

簡単にできて、カルシウムが豊富で、
腸内環境改善にも良い、
切干大根の漬物がお勧めです。

わが家では、
モヤシを自然塩と米酢で漬物にしますが、

一週間ほど漬け込むと、
漬け汁がたっぷり出来ます。

切干大根に、この漬け汁を吸わせて、
さらに一週間ほど追発酵させるのです。

また、糠床に切干大根を忍ばせておいて、
それを食べるというのも良い方法で、
この遣り方なら、5日間程度の漬け込みで美味しくなります。

写真は、後者です。
どちらも簡単で美味しいですよ。

背骨の状態を正常化して、
生き生きとした生活を楽しみましょう。

インフルエンザと鳥遺伝子

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

インフルエンザが、猛威を奮っているようです。

A型とB型が同時に流行している、
異例の事態だとも報道されています。

そして、やっかいな、
インフルエンザ脳症の話題まで出てきており、
これは、かなり重篤な問題ですので、

久しぶりに治療家らしい投稿を、
させて頂くことにしました。

インフルエンザは、空気感染ですから、
ウイルスの保菌者となる可能性は、
殆どの人が、かなり高いと言えます。

僕も週に4~5日のペースで、
大型ショッピングセンターに出掛けていますので、
保菌者になっている可能性は大です。

ですが、純菜食者は発症できません。

保菌と発症は、全く別のメカニズムだからです。

ご存じのように、インフルエンザウイルスは、
渡り鳥(飛ぶ鳥)が運んで来ます。

そして、鳥インフルエンザが代表するように、
家畜を経由して、特に鶏(飛ばない鳥)を経由して、

その勢力を高めるようになっています。

もともと、狭い鶏舎で飼育される鶏たちは、
免疫力が弱いのですが、

免疫力の高い放し飼いの鶏でも、
発症すると言われています。

そして、そのインフルエンザのワクチンの製造工程で、
鶏卵を使って培養するという事実は、

今では、多くの人の知るところではないでしょうか。

つまり、鳥たちの遺伝子と、
インフルエンザウイルスの遺伝子には、
何らかの、しかもかなり高い確率で、
ウイルスを覚醒させる共鳴が起こる
のです。

ですから、日頃から、
鳥類の肉や卵を常食していると、
その遺伝子が血中を巡ることになり、

インフルエンザウイルスを保菌していれば、
その人の弱い部分、
言い替えるなら、免疫力の低い部分から、
発症させていくことになります。

コンビニやファストフードでは、
鳥唐揚げは定番ですし、

鶏卵を使った料理も、老若男女を問わず、
毎日の食事のお伴となっています。

多くの場合、発症の前段階として、
粘膜異常(鼻や耳、喉の粘膜)が起こりますので、

そんなサインを拾ったのなら、
せめてインフルエンザが終息するまでは、
鶏肉や鶏卵の摂取は控えてみてはいかがでしょう。

これは僕の仮説ですので、スルーして頂いて構いませんが、

鳥という生き物は、
動物としては珍しく四脚ではなく、

その中には、飛ぶという聖なる能力を持った、
世界中を循環する生命もいます。

渡り鳥の中には、一生で240万キロを飛ぶ種もおり、
これは地球と月を3往復できる距離です。

そして、ウイルスたちは、
何等かの浄化の使命を担った生命で、
飛ぶ鳥、飛ばない鳥の遺伝子と共鳴しながら、

世界中を浄化している気がするのです。

続・塩との相性

ひかりあめの暢弘です。
当ブログにご訪問頂き、有難うございます。

そして昨日は、本サイトの統合による、
URL一本化へのご理解とご協力に感謝いたします。

今後とも、宜しくお願いいたします。

さて、今日のお話しは、
昨年末の塩との相性に関する投稿の続報です。

あの投稿をした直後に、
それまで2年半、愛用していた塩の銘柄を変えました。

当時、使っていたのは、こちらの塩でした。

アマゾンでは、かなり高額な商品になっていますが、
沖縄のスーパーでは、この倍量が200円未満で購入できます。

「沖縄の塩」と銘打っていますが、
使用されている海水は、海外のモノでした。

突っ込みどころ満載(笑)な塩ですが、
使用する上では特に問題はなく、
乾癬の治療にも役立ちました。

そして、その後、
入浴に使い始めたのは、こちらの塩です。

この塩も、沖縄のスーパーでは、
倍量の1キロ入りが、300円前後で販売されています。

これは、数年前から、
わが家の調理用の自然塩で、
塩糀や漬物作りも、この塩を使っていました。

前者と比べて、粒子がしっとりしており、
そのせいか水解けが良く、

粒子が角ばっていないせいなのか、
肌に優しい感じさえします。

こちらの塩で、入浴も歯磨きも行いはじめ、
3週間が経過したのですが、

肌のしっとり感、すべすべ感が、
今までにない素晴らしさなのです。

そして入浴後は、ニガリ化粧水と、
シアバター、モリンガシードオイルによる保湿を行っています。

簡単で、お金もかからず、
若々しい肌が手に入れられますよ。

この塩で洗髪をしてから、
頭皮がフカフカになり、髪にもコシがでました。

この調子で、増毛まで辿り着けたら最高ですよね 😉

確かに、ドライヤーを使っている際の指先の感触が、
若い頃の髪を思い起こす触り心地で、

ついつい嬉しくなる毎日です。

塩との相性

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

塩浴をはじめて2年半が経過し、
そのスタイルも随分変化しました。

以前にもご紹介した通り、
当時の僕が参考にした本は、↓こちらです。

松本和子氏の著作「塩浴生活をはじめよう!」です。

これを簡単に説明するなら、
飽和食塩水で身体を洗う入浴法です。

この方法に、生糠を加えたり、
酢を加えたり、

自分なりに色々アレンジしたのですが、
現在では、塩をそのまま使う方法で落ち着いています。

つまり、塩を水で溶かさず、
粒子状の自然塩を、濡れた手のひらで揉んで溶かし、
それで全身を優しく撫で洗いする方法です。

撫で洗いを終えたら、お湯のシャワーで塩を流し、
最後は水シャワーで体表を締めます。

冬のこの時期ではありますが、
水シャワーは塩浴の決め手でもあり、
先にご紹介した著作でも強く勧めていると同時に、
僕はこれで、喘息や乾癬とも決別できました。

実は、今を遡ること数十年、
粗塩で身体を揉み洗いするような、
ダイエット方法を紹介されたことがありました。

揉み洗いするというより、
塩を肌にすり込むような感じでした。

その頃は今より、
36キロも体重が多かったことも手伝って、
疑うこともなく、その入浴法を試したのですが、

塩の粒子で身体を傷付けてしまい、
体表は真っ赤に腫れ、
とても辛い経験となったのでした。

ですから、塩を水に溶かさず、
身体を洗うという遣り方は、

どちらかというと、意識して避けていたのですが、

この方法を、数十年ぶりに試してみたところ、
肌は驚くほどスベスベになり、
そして、若い頃の肌の柔らかさまで帰って来たのです。

飽和塩水に生糠を足したときは、
柔らかい洗い心地が気に入っていましたが、
入浴後の洗い場の洗浄が手間でした。

また、塩浴のあとに、
酢でリンスをする遣り方は、
髪の乾燥対策としては効果を感じましたが、
なぜか入浴中に、皮膚に小さな痛みを感じたのです。

痛みや痒みは、それが例え小さな反応であっても、
身体に合っていないサインでしかありません。

一方、今、気に入っている塩浴は、
入浴後の肌の柔らかさは格別で、

酢を使った時のような違和感は、
微塵もありません。

僕は、塩との相性が抜群のようです。

そう言えば、2ヶ月程前から、
歯磨きも塩だけで行っています。

歯科医に言わせると、良くないケアのようですが、
塩歯磨きは僕に向いているようです。

入浴にせよ、歯磨きにせよ、
塩を優しく扱うことが、とにかく大切なようで、

これは漬物作りでも言えるのですが、
優しく塩で漬け込むと、野菜もそれに応え、
殊の外美味しく漬かってくれます。

当たり前のことですが、
こういう気付きが、大切なのでしょうね。

ところで、話しは変わりますが…、

塩と漬物のお話しのついでに、
お知らせいたしますね。

丁度2年前となる、2015年の12月下旬から、
ひかりあめでは有機野菜による、
無料の漬物処方を始めました。

この2年間で、沢山の利用者の皆様に、
喜んでも頂け、僕にとっても素敵な経験となりました。

そんな漬物処方でしたが、
今日をもちまして、
終了させて頂くことにいたしました。

もちろん、趣味としての漬物作りは、
今後もずっと、続けるはずですので、

もしかすると、ひかりあめの利用者様に、
プレゼントさせて頂くこともあるかもしれません。

皆様から頂戴した沢山の笑顔を、
生涯、大切にいたしますね。

本当に、有難うございました。

目を塩水で洗ってみました

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日、無事入籍いたしました。
沢山のお祝いメッセージを頂戴し、
本当に嬉しい限りです。

彼女とふたりで、
丁寧に生きて行くことをお約束します。

そんな大切な昨日、よりによって、
僕の右目は、モノモライになってしまいました(笑)

新月でもあった昨日は、
わが家では2台の掃除機のフィルター交換と、
3台の除湿機と1台の空気清浄器の
フィルターを掃除します。

そうした流れのどこかで、
右目にゴミが入ってしまったのでした。

掃除後に感じた違和感を疲れ目と勘違いした僕は、
濃縮酵母エキスを点眼したところ、
ビックリするくらいの目ヤニが出始めたのです。

数か月前に同じ症状を経験したパートナーの彼女が、
それはモノモライだから、
酵母エキス点眼は不向きだと思い出させてくれ、

その後、右目をガーゼで固定して、
様子をみていたのですが、
目ヤニが止まる気配は、いっこうにありません。

モノモライを簡単に例えるなら、
目の中で雑菌がお祭り騒ぎをしているようなモノですから、

彼らの栄養源となる酵母エキスを点眼すれば、
どんどん繁殖してしまうのです。

そして、一晩明けた今朝、

腫れて、目ヤニでいっぱいの右目を、
いつもの塩浴シャワーのついでに、
濃い塩水で洗浄してみたのです。

目に沁みるのを覚悟で洗浄してみたのですが、
まったく刺激を感じず、

それどころか、眼内を洗い流された感覚が、
とても爽やかだと気付きました。

入浴後、もう一度、ガーゼを固定して、
数時間を過ごしたのち、

おそるおそる、ガーゼを外してみたところ、
目ヤニは止まっており、
目の腫れもひいていました。

状況が好転したので、
もう一度、塩水で目を洗浄し、今に至ります。

目の充血は続いていますが、
瞼の腫れと目ヤニは、すっかり治まりました。

塩浴は、肌のコンディションを良くさせるだけでなく、
僕の場合は乾癬の快癒にも役立ち、
そして今回のモノモライでも効果を感じ、

この習慣は、いっそう手放せなくなりました。

ちなみに、この4月、
彼女のご家族にお会いするために上京した際も、
旅行カバンの中には、
塩と洗面器が入っていました(笑)

塩には、大感謝です。

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

突然ですが…、

僕が貴方に、
一兆円差し上げたとしましょう。

貴方はそこから、
毎日100万円遣ったとします。

いったい何年後に、
その一兆円を遣い切るのでしょう。

僕たちは「兆」という単位に、
馴染みがありません。

ただ漠然と、
大きな数だと認識しています。

答えは、
3000年後です。

毎日100万円もの大金を遣っても、
貴方の一生では、

せいぜい数十億円程度しか遣えません。

さて、

人体には60兆個の細胞があって、
これが3ヶ月で再生させるという話し、

どこかで、聞いたコトがあるでしょう。

この事実を一秒間に換算すると、

毎秒760万個もの細胞が、
再生されている計算になります。

毎秒!です。

それが例え、760個でも、
驚くに値する数ですが、

その10000倍もの細胞が、
毎秒、毎秒、再生されているんです。

つまり、一秒間、

あなたが良好なコンディションであれば、
健康な細胞が760万個生まれる。

ですが、そうでなければ、
不健康な細胞が760万個生まれる。

心理的な要因だけではなく、
食事や環境も、大きく影響します。

好い加減な食生活に甘んじ、
マスコミに洗脳された生活を送り、
不機嫌な毎日を送っていれば、

貴方は不健康な細胞の塊になってしまう、
それだけのことです。

言い換えるなら、
これが「疾患発症」のメカニズムです。

ですから、貴方が今、
例えどれだけ、大きな疾患を抱えていても、

この毎秒760万個の再生力を理解できれば、

今からどうすべきか、
判って頂けるはずです。

必要なのは、
高度先進医療でも、
新薬でもない。

貴方の自然則に沿った生き方、そのものです。

脚が攣りそうなとき…

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

昨日、一昨日と、
僕にしては長時間、車の運転をしたせいか、

帰宅して一段落した頃、
左脚の膝下に違和感を感じました。

脚が攣る予兆です。

もう、この状態になってから、
痙攣しそうな部位をマッサージしたところで、

もう手遅れです。

不自然な姿勢を長時間続けると、
こう言った状態になるケースは、少なくありませんよね。

例えば、ふくらはぎが攣ったとき、
ふくらはぎに問題があるワケではなくて、

何等かの問題の結果が、
ふくらはぎを通じて表出しているだけですので、

問題の場所を施術しない限り、
脚の痙攣は回避できません。

特に僕の場合、外出すると、
極端に水分摂取量が減ってしまい、

汗を掻いて、ミネラルが排泄されやすいので、
脚が攣って苦しんだコトは、過去に何度もありました。

数年前にオステオパシィと出会い、
人間の脊椎と各部位の関係を知ってから、

こういう局面になった際に、
自分の身体で人体実験をしてみるようになりました。

ちなみに、オステオパシィでは、
自分で自分を施術できませんので、

違う手段を講じる必要があります。

結論から言いますね。

腰椎の4番と5番を、両手の中指と薬指で挟み込んで、
脊椎の周囲を、優しくマッサージして下さい。

バイブレーション式のマッサージ機も使えます。

その場合は、なるべく弱い出力に切り替え、
脊椎の周囲を、やさしく触れるようにマッサージします。

これで、5分ほど弛緩してあげると、
脚の痙攣の気配は徐々に消え、

もちろん、その後、
脚が攣るコトもありません。

夏になると、汗を掻いて、
身体のミネラルバランスが悪くなりがちです。

天然塩や黒糖を舐め、
ミネラルウォーターを飲むなどして、
痙攣対策は、しないに越したコトはありませんが、

もし、攣りそうな気配を感じたら、
この投稿を思い出して、セルフケアしてあげましょう。

風邪の真意

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今日の話題は、先週金曜のメルマガ記事と重複します。

記事をホームページからリンクする必要があるため、
こちらの公式ブログに再掲させて頂きます。

特に、ペットの遠隔治療を希望される方は、
必ずご確認下さい。

2週間程前から、遠隔治療による、
ペットの風邪治療の依頼が、数件あります。

寒暖の激しい時期ですので、体調を崩す動物がいても、
何ら不思議ではありません。

いずれも、丁重にお断りしたのですが、
その理由こそが、今日の話題です。

2016年という今年は、

山羊座の15度(中央)に冥王星があるため、
対極する蟹座の影響も受ける、複雑な年です。

冥王星が山羊座に突入したのは2000年からで、

この頃から、山羊座の象徴する、
構造としての社会の再生が本格化しました。

大きな縦組織が機能しなくなり、
自治体や、果ては国家の破綻もありました。

これは宇宙の意図であって、
地球再生に向けた最後の90年の序章が始まったのです。

縦社会とは、横からの侵入を許さない、
エゴの牙城のようなモノですので、

来るべきワンネスの世に、
こうした世界が相応しいワケがありません。

ですから、僕たちの3次元世界の身の周りは、
陰陽の二極化が、かつてに増して激しくなっており、

今年は、そのピークを迎えています。

大気(=風)に「邪」が漂い、デリケートな生命は、
特にそうしたコトに敏感な動物たちや、

彼らと関わる僕のような存在は、
それらを察知してしまうコトになります。

これが、風邪の真意であって、病気ではありません。

僕の場合は、昨年の暮れから、
風邪ではなく、頭皮乾癬の悪化として現れました。

乾癬は、大気毒に対して敏感だからです。

そして、もう少し、気候が温暖になってからと、
待っていたのですが、

3月に入ったのを機会に、髪をバッサリ切ったのです。

頭皮の風通しを良くすれば、
皮膚は大気とのコミュニケーションが活性化します。

元来、皮膚というパーツは、
呼吸の「呼」の行われる、排毒の部位であって、

身体に入った毒を排泄する、四つの主要経路の一つです。

ですから、風通しを良くすることで、
体内に入った「邪」の排泄がスムーズになり、

そうしたプロセスを通じて、
皮膚の免疫力も上がると言うワケです。

出家すると、髪を剃る古くからの風習にも、
排毒機能を高める意味も、きっとあるのでしょう。

さて、話しを風邪に戻しますが、

人間も動物も、風邪というステップを通じて、
免疫力を上げるように出来ています。

環境の変化を、その身体の状況に応じて、
段階的に受け容れるための準備とも捉えられます。

ある意味では、「進化」とも言えるでしょう。

ですから、風邪のひきはじめに、薬で鎮静しては、
せっかくの免疫向上のチャンスが、奪われてしまうのです。

少なくとも、症状の自覚しはじめの2日間は、
薬などで鎮静させず、白血球の成長を待って下さい。

テレビのコマーシャルに煽られて、

効いたよね!早めのパブロン…では、
意味が無くなってしまいます(笑)

風邪かな?…と思ったら、

交感神経が昂らないように工夫すること、
深呼吸を励行すること、
そして、少食に徹し、休養していれば、

免疫力が高まって、邪気に勝てる身体へと、
大自然が成長させてくれます。

こうした背景を、依頼された方にご説明し、
遠隔による風邪治療は行っておりませんので、

どうか、ご了承下さい。

症状に合わせて、食べる量をコントロールし、
※症状が重い程、少食にします

自己修復に身体エネルギーが費やせるよう、
飼い主さんが調整してあげて下さいね。

ペットと乳製品

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

もし、ペットに乳製品を食べさせているのなら、
今すぐに、その習慣を止めて下さい。

あちらこちらのサイトで、

ミルクは下痢をするからダメだけれど、
ヨーグルトなら大丈夫…のようなコトを書いていますが、

乳製品は、牛の乳です。
猫も犬も、牛乳の消化酵素を体内に持っていませんし、

彼らにとって相応しくないタンパク質ですので、
肝臓や腎臓の負担になってしまいます。

下痢云々では、済まされません。

これによって、腎機能が低下すれば、
血液が、きちんと濾過されなくなり、

真っ先に皮膚の問題が起こったり、
脱毛などが起こりはじめます。

そして、血液が濾過されない状態が長く続けば、
細胞再生に問題が起こって、

他の臓器や、骨格、筋肉などに問題が出始めます。

アニメなどで、猫にミルクをあげるシーンがありますし、
動物性の脂肪分を、彼らは欲しがりますが、

ペットに乳製品をあげてはダメです。

ヨーグルトの乳酸菌摂取がお目当てなら、
植物性の乳酸菌を、食前に少量あげて下さい。

ちなみに、お乳は白濁しているので、
勘違いしている人が、意外と多いのですが、

お乳と血液の成分は同じで、白血球まで存在します。
乳房で、赤血球が濾過されているだけです。

別の動物の血液が、
他の動物の栄養になるワケがないのです。

人間だって、例外ではありません。

寒い朝の水シャワー

ひかりあめのゆうすけです。
当ブログへのご訪問、有難うございます。

今朝も、あの降雪を記録した日並みに、
沖縄は寒い朝を迎えました。

僕は、ご提供する調和療法の中で、
特にアレルギー反応にお悩みの方に対しては、

食事から乳製品と卵を排除するコトと、
朝食を止めるコト、
そして、水シャワーの励行をお勧めしています。

喘息持ちで、カビに対するアレルギー反応の顕著だった僕が、
今では喘鳴ひとつなく、
カビ掃除が出来るまでの健康体になれたのも、

こうした食事療法や、
水シャワーの恩恵は大きいと実感しています。

…とは言うモノの、これくらい寒い朝になると、
幾ら亜熱帯の沖縄であっても、

水シャワーを躊躇する僕もいたりします(笑)

ちなに、水シャワーとは、
いきなり常温のシャワーを浴びるのではありません。

幾らなんでも、それは過酷です(笑)

普通に入浴を済ませた最後に、
浴室から出る直前に、

数秒間だけ常温水のシャワーを浴びます。

シャワーの温度は、40度前後に設定しておき、
温かいシャワーを浴びながら、混合水栓を調整して、
徐々に…常温まで温度を下げ、

温度の下がり切った水を、数秒間全身に浴びます。

上の説明では、「徐々に」と書いていますが、
実際には、混合水栓の温度調節を、
イッキに常温まで下げる操作をします。

そうすると、40度の温水から常温の水にまで、
数秒を費やしながら水温が下がりますので、

その間、冷たい水を浴びる覚悟(?)をして待てば、
殆ど苦も無く、水シャワーを浴びるコトができます。

水シャワーを浴びた直後、
勝手に身体がポカポカするのは、本当に不思議で、

人間の身体って良く出来てるなぁ…と、
毎回感動するばかりです。

わが家のように、断熱材と無縁の家屋では、
水シャワーを浴びないと、
特にこの季節は、風呂上りにクシャミを連発する破目になりますが、

水シャワーで締めくくった入浴の後は、
いつも快適に過ごすコトができます。

アレルギー反応の無い方にも、
是非、お勧めしたい健康法です。